【新潟観光おすすめ】大人気「久保田」を造る朝日酒造 見学可能

新潟の日本酒と言ったら…必ずと言っていいほど出てくる名前。それが、「久保田」や「朝日山」です。その日本酒を作っているのが、「朝日酒造」です。そんな朝日酒造が、なぜ、ここまで大きくなったのかを探るべく、朝日酒造に潜入しました!なお、長岡の酒造メーカーの記事でも説明しています。

朝日酒造とは

朝日酒造は、創業は1830年(天保元年)で、180年ほどの歴史がある酒蔵です。代表的な銘酒には、みなさんがご存知の久保田朝日山などがあります。

場 所

信越本線「来迎寺駅」から徒歩7分ほど。ここへの行き帰りは、電車もしくはバスが便利です。ただし、電車は、時間によっては、1時間ほど待たないと次の電車が来ないこともありますので、酒蔵からの帰りの時間と電車の時間はあらかじめ確認しておくことをおすすめします!またバスですが、バスも同様にあらかじめ確認しておいたほうがいいです。

創業経緯

創業は、先ほども書きましたが、1830年(天保元年)です。実は、この2年前、越後では、大地震に見まわれてしまい、死者が1400人以上に及ぶ大災害でした。多くの人々が職を失うなどして、苦労していました。その当時の創業者は、この苦難の時代に、農業をやっているのでは多くの人々を雇用することができない。ならば、酒造りであれば、多くの職を生み出すことができる。と思い立ち、酒造りを始めたと言います。創業者は、職人というよりは、経営者気質だったことが伺い知れますね。

創業当初の屋号は、「久保田屋」でした。久保田とは、元々は窪地を意味するところからきており、久保田屋はその名残から命名されたものでした。そしてのちに、今の法人格である「朝日酒造」という名前をつけるにも意味があったそうです。あくまでも言われですが、それは、義経と弁慶の時代に、義経にゆかりのある朝日神社がその地にあったことから命名したそう。

朝日酒造成功の訳とは?

朝日酒造さんのスタッフの方とお話して、なぜ朝日酒造が全国的に有名な日本酒「久保田」や「朝日山」を生産することができたのか。そして、大規模な酒造メーカーとして成長して行ったのか。一つわかったことがあります。それは、

安定と投資のバランスを重んじた経営スタンス

であると感じました。このおおもとって何かっていうのを、説明を受けながらとても考えました。やはりそこで出てくるのが、1830年に創業した創業者の理念に紐づくってことです。そもそも、朝日酒造の存在意義は、「地域の人の雇用→地域住民や社員とのより良い生活→お客様に楽しんでもらう日本酒」のように、意義が拡大して行ったように思えます。その上で、キャッシュを積み増していく安定性と業務負担の軽減などのための積極投資が、現在の朝日酒造の成長を支えているのかなと思います。

正直、最初、これまで見て来た酒造メーカーと規模が違いすぎて、「なんだ工場か…」なんて気持ちを持ってしまったのですが、その規模に至るまでを考えると、この酒造さんの経営スタンスに常に「人の幸せ」があるってことに気づいた時にとても感動しました。実際に、どんなところに安定と投資のバランスが重んじられているのか、見学風景とともにご説明します。

では、実際に見学に行ってみたので、写真と一緒にご紹介します!

コメントする

*
*
* (公開されません)