カリフォルニアワインの代表的なワイン用ぶどう品種とは?

日本でも、人気の高いカリフォルニアワインですが、そんなカリフォルニアワインを代表するぶどう品種をご紹介します。カリフォルニアワインは、樽が効いて飲みやすいものが多く、ワインをそこまでよく知らない人でも、美味しく飲めるので、これからワインを少しずつ勉強して行こうとしている方おすすめの記事です。

カリフォルニアワインの代表的なワインのぶどう品種

カリフォルニアワインは、1976年に開催されたブラインド・テイスティング「パリテイスティング」で、それまで、唯一無二のワイン王国フランスのワインに初めて勝ちました。その時のアメリカのワインのぶどう品種は、白ワインが「シャルドネ」、赤ワインが「カベルネ・ソーヴィニヨン」でした。そこから、全世界が、「カリフォルニアワイン」を注目するようになりました。

現在では、数十万円以上のいわゆる「カルトワイン」と言われるような高級ワインも登場するほど、カリフォルニアワインの存在感は確かなものになっています。カルトワインとは、1本数十万円と言われるような高級ワインを指します。これらのカルトワインは、投資対象でもあり、ヴィンテージのカルトワインを大切に保管している人も多くいます。

では、パリテイスティング以降、有名となったカリフォルニアワインの代表的なぶどう品種をご紹介しましょう!

カベルネ・ソーヴィニヨン(赤)

1976年のパリテイスティングとその10年後に行われたリターンマッチでフランスワインに勝ったぶどう品種が「カベルネ・ソーヴィニヨン」でした。とはいえ、カベルネ・ソーヴィニヨンは、フランスでの栽培地の面積が世界最大とされています。なので、同じカベルネ・ソーヴィニヨンでつくったカリフォルニアワインとフランスワインを飲み比べてみるのもいいかもしれません。

カベルネ・ソーヴィニヨンでつくられたカリフォルニアワインとフランスワインの比べてみた個人的な感想ですが、樽がよく効いていて、総合的に味わいを醸しているのが、「カリフォルニアワイン」で、カベルネ・ソーヴィニヨンの本来の味わいを基調にした味わいに仕上がっているのが「フランス(特に、メドック)ワイン」だったように感じます。ただ、味わいの感じ方は、人それぞれであり、ワインそれぞれなので、あくまでも参考です。また、樽を聴かせているものだと、香りがしっかりとしているので、グラスは大きいものがおすすめです!

【おすすめワイン】ストーンヘッジ カベルネ • ソーヴィニヨン 2016

筆者は、個人的に、カリフォルニアワインの中でも、カベルネ・ソーヴィニヨンのワインは好きで、よく飲んでいます。このワインもその一つで、よく樽が効いていて、バニラ香のような甘みを香りから感じとることができます。また、果実味もしっかりしていて、重さもフルボディーで重めなので、肉々しいお料理でも、十分楽しめるワインとなっています。常温で飲んだ方が、香りを十分感じることができるのでおすすめです。

このワインに合わせたおすすめのワイングラス

カベルネ・ソーヴィニヨンのワインに合わせてつくられているため、グラスの底が深く、ワインの色や香りをしっかりと楽しめるワイングラスです。フォルムもインスタ映え間違いなしです。

ジンファンデル(赤)

アメリカのナパやソノマと呼ばれる地域のものは、特に有名で、ジンファンデルだけのワインもあれば、ジンファンデルとそのほかの品種のブレンドのワインも数多くつくられています。このジンファンデルは、世界的に見ても、その大半はアメリカでつくられており、カリフォルニアワインとしては、有名なぶどう品種。一応、ミディアムボディーという位置付けにはなっていますが、アルコール度数、ボディーは重く、カベルネ・ソーヴィニヨンと同様に、重めのワインと言ってもいい。

【おすすめワイン】ジラード オールド・ヴァイン・ジンファンデル 2016

90%をジンファンデルの赤ワインで、重さもしっかりしていて、香りは、シナモンやスパイスを感じさせます。また、渋み(舌が乾くような感覚)はしっかりとしているので、赤身や脂がしっかりとしたお料理にも合います。ただ、意外にスラスラ飲むと知らぬ間にかなり酔っ払ってしまうので、水を間に挟みながら、楽しんでください!

このワインに合わせたおすすめのワイングラス

グラスの口が、スリムにまとまっているので、香りを拾いやすく、ジンファンデルだけでなく、白ワインにも使えるようなグラスです。

シラー(赤)

比較的、カリフォルニアの各地域で、つくられているシラー品種のワインは多いです。このシラーは、カリフォルニアはもちろんのこと、フランスやオーストラリアなどでつくられることが多く、特に、最近では、オーストラリアのシラーを使ったワインが多く日本国内でも見られます。果実味が非常に強く出て、フルボディータイプのワインに仕上がっています。カリフォルニアやオーストラリアのシラーのワインは、世界的にも100%シラーを使ってワインを作ることも多くあるのが特徴です。ですので、カリフォルニアとオーストラリアのシラーのワインを飲み比べてみてお面白いかもしれません。

【おすすめワイン】サイクルズ・グラディエーター シラー 2014

果実味がしっかりとして、プラムの深みとスパイシーな香りが特徴的で、香りだけでも、ピザやスモークされたチーズなどとも合わせやすいです。シラーの果実感がしっかり出ている分だけ、黒々としていて、見るからにボディーが重そうな印象を受けますが、やはり重いです。しっかりとした味わいの食事と合わせるのが、ベターかもしれません。個人的には、コテコテのブルーチーズと合わせて食べたら美味しかったです。

【味わいを比べて欲しいワイン】ハットトリック2014 (オーストラリア)

もしかすると今まで飲んだ中で、一番黒々しいシラーの果実感を出していてワインです。味わいもしっかりしているし、なんと言っても香りが「プラムがもうこれ以上完熟したら… 」のギリギリのラインの香りがして、プラムのベリー感とともに甘みを感じる香りは、食欲を促してくれました。お肉料理もおすすめですが、スパイスが効いたカレーと合わせても、かなりいけました。

シャルドネ (白)

この品種は、1976年のパリテイスティングでも、フランスブルゴーニュのワインに勝ったのもこの品種でした。スッキリとした味わいでありながら、樽熟成で醸し出されるナッツやバニラの香りを感じるものが、シャルドネのカリフォルニアワインには多いのも特徴です。

【おすすめワイン】BREAD&BUTTER シャルドネ

しっかりと樽の風味があり、それゆえに、名前のようなバターの香りを感じるワインです。酸味はほとんど感じられず、むしろ鼻に抜ける時に甘みを感じるくらい飲みやすいのが特徴です。飲んだら、膨らみを感じるワインですので、ワインをあまり飲んだことがないかたでも楽しめるワインです。百貨店などの催事でも、非常に大人気のワインで、リピーターがつくほどです。

最後に

カリフォルニアワインは、日本でも多く輸入されて販売されています。ぜひ、代表的な品種をチェックして、飲んでみてください!

 

The following two tabs change content below.
SAKE RECO 編集長

SAKE RECO 編集長

日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

【石岡酒造と恵比寿今市の日本酒コースイベント】

コメントする

*
*
* (公開されません)

スポンサードサーチ