【初心者におすすめ】日頃飲むためのおすすめワインとは

今流行りのNetflixやHuluなどに登録されているよくアメリカの映画や番組の自宅でのワンシーンで飲まれているワイン。そんなデイリーワインの選ぶポイントとおすすめのデイリーワインについて、ご紹介します!



デイリーワインとは?

アメリカなどでは、日常的にワインを飲むことが多く、そういったワインをデイリーワインということがしばしばあります。このデイリーワインは、すぐに開けて飲めるようなものが多く、ワインセラーなどで、長期熟成させる必要がないものを言います。

できれば、ワインを購入する時に、スタッフの方などに、デイリーワインなのか、ワインセラーなどで、長期熟成をさせた方がいいのかなどを聞いておいた方がいいです。

デイリーワインを選ぶポイントとは⁈

それでは、デイリーワインを選ぶポイントを、これまでワインを飲んできた経験からご紹介します。

そもそも、デイリーワインとは、日常生活で、気軽に飲めるようなワインですので、「気軽に開けたはいいけど、一日で、ボトル一本は飲みきれない…」でも全然構いません。では、どんなデイリーワインを選ぶべきなのでしょうか?

  1. コスパがいいワイン
    →価格:1,000円代〜2,000円代が、おすすめです。これ以上高くなるとなかなか手を出しづらいので、この価格帯で選ぶのが無難でしょう。
  2. できれば試飲してから購入
    →価格が1,000円代〜2,000円代だったとしても、缶ビールや缶ハイボールに比べると少々かかりますので、できれば試飲を。
  3. どこで購入できるかのか確認
    →もし自宅で飲んでみて、定期的に飲みたいと思うワインは、どこで購入することができるのかをあらかじめ確認しておきましょう。ワインも常に供給があるというわけではありませんので、この点は、非常に重要です。

サケレコおすすめのデイリーワイン

それでは、サケレコがおすすめするデイリーワインをご紹介します。催事や店舗などで見つけたら、ぜひ購入してみてください。

【赤ワイン】ALIAS ピノ・ノワール カリフォルニア

 

項目名具体的な情報
ワイン名エイリアス ピノ・ノワール カリフォルニア
タイプ赤ワイン
原産国(地域)アメリカ カリフォルニア
造り手エイリアス・ワイナリー
品種ピノ・ノワール
容量750ml
ボディーミドル〜ややフル
味わい辛口
一口メモ
このワインは、カリフォルニアのナパバレーで、かなり有名で高価なワインを生産しているワイナリーのワイン職人が、自らの名前や所属ワイナリーなどを秘密にして、「コスパの高いワイン」の追求を理念に、理想とするデイリーワインを生産するに至ったワインです。ですので、味わいは、カルトワイン(高級ワイン)にも引けを取らないくらい、ピノ・ノワールなのに、香りはエレガントで、コクがあり、ボディーもしっかりしていて、各ワイン雑誌やグルメ雑誌にも取り上げられるほど、専門家からの評価が高いワインです。味わいは、口に含んだ瞬間ベリーが鼻から抜けて、バニラテイストが最後にフィニッシュします。

【白ワイン】ブレッド&バター シャルドネ カリフォルニア

項目名具体的な情報
ワイン名ブレッド&バター シャルドネ カリフォルニア
タイプ白ワイン
原産国(地域)アメリカ カリフォルニア
造り手ブレッド&バター・ワインズ
品種シャルドネ100%
熟成アメリカンオークとフレンチオーク(新樽)で、4〜8ヶ月
容量750ml
ボディーミドル〜ややフル
味わい辛口
一口メモ
2015年にオバマ前大統領主催のTPPランチミーティングでリストに載ったワインで、この当時ほぼ無名だったワインです。こちら、先ほどご紹介したエイリアスの兄弟ワインで、デイリーワインとして、こちらも非常に評価が高いです。ブレッド(樽風味)&バター(バター風味)という名前の通り、最初樽のバニラフレーバーな香りが口全体に広がるのですが、最後に体温で口の中のワインの温度が上昇すると、クリーミーな香りがします。どんなお食事に合わせやすいのが特徴。

こちらから購入いただけます

最後に

いかがだったでしょうか?この他にも美味しくて、コスパの高いワインを見つけて、より食事を彩りましょう!

コメントする

*
*
* (公開されません)