お酒好きも簡単ダイエット⁈「お酒」も美味しくなる『プチ断食』の効果的な方法とは⁈

結婚式のドレスや夏の水着を着るために、そろそろ本格的にダイエットに取り組もうとしている人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、夏前のダイエットをしたい人必見の「プチ断食」の記録日記をご紹介します!

6月3日(月)〜7日(金)までの5日間、昼に1食だけを摂取する『プチ断食』を実施しました。食事の内容や運動、体調の変化、飲酒について、なるべく詳細に書いて行きます。この5日間で、体重は、3.3kgのダイエットに成功!また、『プチ断食』期間には、10kmほどのランと筋トレも同時に行っていて、運動を行っても大きくバテるということはありませんでした。

それでは、『プチ断食』を始める前の準備からご紹介していこうと思います。『プチ断食』を始める前日には、トレイルマラソンを夫婦で参加するということもあり、6月1日(土)から徐々に食事を制限しました。

いつもそうなのですが、マラソン大会の前日の夜は、玄米と「鶏肉(豚肉)」を中心に摂取するようにしていて、なるべく脂少なめのヘルシーな食事を心がけています。また、乳製品や食物繊維が多いものを摂取してしまうとラン中に、「もよおす…」ことになりかねないので、大会前日と大会当日には食べないようにします。

トレイルランの大会の後は、大会中に異常に汗が出てしまったので、体調が芳しくなかったので、大会直後に食べた「ドリア」と「トマトのカプレーゼ」、「ピザ」のみを食して、あとは、酵素ジュースを飲みました。

チ断食とは?

『プチ断食』とは、完全に絶食するのではなく、前の食事から18時間〜24時間あけて、食事をします。もちろん、食事以外の食べ物は食べません。この『プチ断食』をするに至ったのは、仕事をしている中で、「仕事のパフォーマンスは落としたくないけど、もっとお腹周りの脂肪を落としたい」と言う気持ちからでした。

そこで、色々と調べてみると、食事をしない時間を長く設けることで、毒素を出すことはもちろんのこと、脂肪を燃焼させることで、エネルギーを生み出すので、ダイエット効果もあるということがわかってきました。

特に、お腹周りに付いてしまった脂肪は、ランニングや腹筋トレーニングでは、なかなか落とすことが難しいということもわかってきているので、このタイミングにやってみようということになりました。また、絶食期間を設けることで、胃が小さくなり、食べられる量も減っていくと言うことでした。

【当初、プチ断食に期待していた効果】
・ダイエット(脂肪燃焼・食事量減少)
・デトックス

備期間でやっておくこと

準備期間は、『プチ断食』を始める前日〜3日前としていて、その期間から3食の食事の回数を、2食に切り替え、食べる品数や品の種類も制約するようにしました。よく断食の書籍などには、「ま・ご・は・やさ・し・い・わ」という言葉を使って、断食前の食材をまとめたりします。

ま:豆類
ご:ごま・ナッツ類
は:発酵食品(納豆など)
やさ:野菜
し:しいたけなどのきのこ類
い:芋類
わ:わかめ、もずく、昆布

そして、ここでポイントなのは、鉄分とマグネシウム、カリウムをしっかり摂取することをおすすめします。後述しますが、これらを取っていないで、運動すると汗で、失われてしまって、体調が悪くなったり、頭痛に襲われたりしますので、「鉄分」「マグネシウム」「カリウム」はしっかりと取っておきましょう。

また、私は、「酵素」のサプリメントを摂取することで、排便をスムーズにしたり、体の細胞を活性化させられるようにしました。その中でもおすすめのサプリメントは、「みらいのこうそ」です。ダイエットにも効果的なので、おすすめです!

ポイント
プチ断食前の準備期間に「鉄分」「マグネシウム」「カリウム」はしっかりと取るようにしましょう。
→頭痛や体調不良対策

チ断食5日間レポート

さて、これから実際に行ってみた『プチ断食』のレポートをご紹介します!体重の変化だけでなく、体の変化や精神的な変化も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

1日目成果
体重:1.1kg減量
運動:腹筋、背筋、胸筋、広背筋、上腕三頭筋、上腕二頭筋 *筋トレ中心
精神:まだ1日目ということもあり、特に精神的なブレは少なかった。
食事(昼食):ミートソースのパスタ(1人前)
全体的な感想:夜や朝になると「お腹がなる」ので、仕事の時、水をたくさん飲むなどして、紛らわすようにしていた。この水は、しっかりと摂取しないとすぐに喉が乾いてしまいますので、「プチ断食中」の水分補給は、こまめにするようにしましょう。

 

2日目成果
体重:1.9kg減量
運動:腹筋、背筋、胸筋、広背筋、上腕三頭筋、上腕二頭筋 *筋トレ中心
精神・身体:2日目から精神的なきつさを感じるようになります。お腹が空いているので、イライラすることもあるし、何と言っても身体が徐々に重だるくなってくる。そして、「頭痛」を感じるようになりました。ただ、偏頭痛的な痛みというよりも、エネルギーが足らない感じの軽度な頭痛でした。それなのに、少しだけお酒を飲みたいと思う…。便の量が、少なくなり、黒っぽい便になり、しかもツルっとしたものが出てきました。
昼食:玄米、卵、野菜、味噌汁
全体的な感想:2日目は、身体に「好転症状」と呼ばれる身体から毒素が出ていき、身体がすっきりとし始める時期に差し掛かるので、この2日目と3日目を乗り越えるのが、とても大切。

 

3日目成果
体重:2.3kg減量
運動:腹筋、背筋、胸筋、ランニング(2km)
精神・身体:10日間の中で、一番耐えなければならない日でした。エネルギーがカラカラになった感じで、今までのランニングであれば、2kmは準備運動のようなものだったのに、全く、足が前に出て行かなくなってしまい、どんどんエネルギーが失われていることを実感しました。そんなこともあって、お酒は全く飲みたいと思わなくなりました…。便は、一日1回の少量が出てきて、3日目からは、その色は、黄色っぽい色になっていました。
昼食:玄米、卵、野菜、味噌汁
全体的な感想:頭痛もマックスになり、エネルギーも不足していくのがわかり、一番しんどい日でした…。

 

4日目成果
体重:2.8kg減量
運動:腹筋、背筋、胸筋、上腕三頭筋、上腕二頭筋 *筋トレ中心
精神・身体:少しずつ、空腹状態にも慣れてきて、お腹が空いているのだろうが、「お腹が鳴る」こともなくなり、快適な生活になってきました。感覚的に、肋骨の周辺と足首周辺の脂肪が落ちてきたような印象あり。また、頭もスッキリしていても、集中力がよく持続すると共に、自分で言うのも…なんですが、以前よりも頭の回転が早くなったように感じます。お酒を飲みたいと思う気持ちは一切出てこず。
昼食:玄米、卵、野菜、味噌汁
全体的な感想:3日目とは打って変わって、身体と頭が軽くなった感じがしました。

 

5日目成果
体重:3.2kg減量
運動:腹筋、背筋、胸筋、ラン(13.32km)
→ランは、かなりエネルギーが少なくなっていたこともあり、ペースを普段の3割ほど落として走りました。それでも、かなりしんどかったです…。
精神・身体:軽くなってきて、肋骨と足首周辺の脂肪もますます落ちて、肋の周りは、しっかりと骨が見えるまでになりました。また、5日目から身体が熱くなってきて、常に代謝が起きているような感覚を持つくらいで、汗もよくかくようになりました。また、睡眠もぐっすり眠れて、次の日の朝の目覚めもよくなっていたので、「プチ断食」の成果を各所に見られました。5日目には、「お酒」を飲むと言う発想自体なくなっていて、「これまで、いかに無駄なものをたくさん摂取してきたのか」なんてことを考えるようになりました。
昼食:玄米、卵、野菜、味噌汁
全体的な感想:ここにきて、『プチ断食』の効果が実感することが増してきました。

チ断食で得られた成果

プチ断食で得られた成果は、本当にたくさんあるのですが、その中から「メンタル・シンキング面」「フィジカル面」に分けて、それぞれの成果をご紹介していこうと思います。

メンタル・シンキング面
本当に大切なもの・行動かどうかを考えるようになった。
→エネルギーが限られていく「プチ断食」では、どんなことにエネルギーを使った方がいいのかを考えて、必要なのかどうかを決めるように、以前よりもなった。
「摂取するもの」や「行動していること」の多くは「無駄」だと気づいた。
→エネルギーや体力を付けるために、これまで多くの食べ物をバランスよく3食食べる必要があると勝手に考えていましたが、実際は、食べる量が少なくても、いいものを少量食べれば、十分いい体調を保つことができるし、「〜し過ぎ」で、身体や心のバランスが崩れていることもあるなと考えるようになった。

 

フィジカル面
抜群の減量効果のあるダイエット
→食べないことでの減量効果はもちろんのこと、食べないことで、「胃」が小さくなり、食べられる量も少なくなったので、持続的に減量が進んでいった。
飲酒量が減った
→お酒を飲みたいという気持ちをコントロールできるようになった。その結果、楽しいお酒が飲める土日を中心に飲酒するようになり、平日はなるべく飲酒を控えるか少量に留められるようになってきた。

 チ断食を終えて

当初は、腹筋を割るために始めた「プチ断食」ですが、ダイエットでの成果はもちろんですが、それ以上に、「メンタル面」での気づきが非常に多くて、「また、やろう」と言うくらい、様々な気づきがありました。ぜひ、「今の自分(内面も見た目も)を変えたい」と言う人にはおすすめです!

コメントする

*
*
* (公開されません)