「酒楽。」のイースター日本酒セット 3月14日(土)予約開始

日本酒のEコマースを手掛ける「酒楽。」から4月12日のイースターにちなんで日本酒セットが予約開始となりました。そこで今回は、酒楽。のイースター日本酒をご紹介します!




イースターとは?

イースターは、キリスト教にとっては非常に重要な日です。海外では、イエス・キリストが誕生した「クリスマス」以上に大事にしているイベントなんです。この日は、「イエス・キリストの復活記念日」です。イエス・キリストは、弟子ユダに裏切られて処刑されることになるのですが、その亡くなる際に、3日後に復活すると予言します。

そして、3日後に復活したことを祝うのが、「復活祭(イースター)」なんです。このイースターは、ゲルマン神話の女神「Estore」から来ているという説もあります。

今年のイースターは?

キリスト教と言っても、西方教会と東方教会があります。西方教会と言えば、「カトリック教」や「プロテスタント」というみなさんにも馴染みのある宗派が属します。

東方教会は、「正教会」が属する宗派です。日本にとって馴染みのある「西方教会」のイースターは、4月12日です。また、東方教会のイースター日は、4月19日です。このイースターは、キリスト教圏の国々にとっては、盛大なお祭りです。

なぜイースターで「卵」と「うさぎ」を飾るのか?

イースターで飾られている「卵」は、キリスト教の復活祭以前から習慣や風習として存在していました。卵とうさぎは、古くから五穀豊穣のシンボルとして、飾られたり、食されたりしていました。

イースターエッグは、「卵」が生命の始まりのシンボルであり、復活祭にちなんでいうと、殻の中にいる時間を経て、殻を割って生まれてくる様子が、キリストの復活を表しているとされています。

酒楽。の「イースター日本酒」とは?

今回のイースター日本酒のテーマは、「酸を楽しむ」。

春の訪れを祝うには、白ワインのような優しい「酸」の効いたお酒がぴったりですね。日本酒の主成分は「甘味」と「旨味」ですが、味わいにメリハリを付けるために欠かせないのが「酸味」です。主な酸味は「クエン酸・リンゴ酸・コハク酸・アミノ酸」の4種類で、ワインに共通して含まれています。これが複雑に混ざって日本酒を超えた奥深い味わいのお酒に仕上げています。

「酸を楽しむ」イースター日本酒の特徴・大量の酵母が生み出すリンゴ酸の爽やかな酸
・クエン酸を生成する白麹をつかったシャープな酸
・コハク酸の幅のある酸
・コクや旨味のもとになるアミノ酸の深い酸

花(さっぱり甘口)

ほんのり甘酸っぱいお酒。

すっきりした酸みの美味しさが特徴な新感覚の日本酒です。酸味の旨みを醸す秘密は、「多酸性能酵母」で仕込んだ純米酒です。口あたりはマイルドで呑みやすく、日本酒の旨味がたっぷりでさっぱりとしてほんのり甘酸っぱいのが特徴です。まさに酸味がおいしい純米酒です。

品名花 さっぱり甘口
商品名特別純米
内容量180mL
原材料名米(国産)、米こうじ(国産米)
原材米ひだほまれ100%使用
精米歩合60%
日本酒度-22
酸度3.3
アミノ酸度1.1
アルコール分14%
製造元小町酒造株式会社

ちょっとひと言小町酒造さんは、「自然環境音楽」を取り入れた一味変わった酒蔵さんです。ヒーリングミュージックを取り入れることで、「旨い酒の為に、生物により快適な自然な環境を作り出したい。」のだそう。

太陽と星(甘口)

酸度のややキレを醸すお酒。

岐阜県で開発した酵母を使用して、従来の日本酒の味と違う新しい味のお酒です。氷を浮かべてロックでお飲みいただくと、さらに爽やかにお飲み頂けます。

品名太陽と星 甘口
商品名純米
内容量180mL
原材料名米(国産)、米こうじ(国産米)
原材米ひだほまれ100%使用
精米歩合67%
日本酒度-20
酸度3.6
アミノ酸度1.0
アルコール分14%
製造元蔵元やまだ

ちょっとひと言2019年にパリで開催された「Kura Master2019」で、「純米大吟醸 玉柏」が各部門のTOP5に入り、ワイン大国のソムリエにも高評価を獲得しています!

鳥(ほんのり辛口)

酸度がなんと8.5のお酒。

通常の日本酒でここまでの酸度はなかなかありません。今年度は去年同様レモンやグレープフルーツのような柑橘系の香り。口に含むとほんのり甘味が・・・。商品の特徴である強い酸味が広がり、旨味と共にに流れていきます。後味は酸味を舌に感じながらクリアでライトな味わい。今まで飲んだことないような日本酒です。

品名鳥 ほんのり辛口
商品名純米
内容量180mL
原材料名米(国産)、米こうじ(国産米)
原材米国産米100%使用
精米歩合65%
日本酒度6.0
酸度8.5
アミノ酸度0.5
アルコール分15.3%
製造元蔵元やまだ
ちょっとひと言2018年で創業280年となる老舗蔵元。2017年に開催された「全国燗酒コンテスト」で「光琳 有機純米酒」がプレミアム燗酒部門で金賞を受賞しています!

日本酒を呑んだ後でも楽しめる?!

イースターエッグペイントイースターには欠かせない、イースターエッグ。卵に絵を描いたり色を塗ったりして楽しみます。「酒楽。」のエッグ瓶にもペイントして、オリジナルのイースターエッグ花瓶をつくりましょう!春の訪れを祝って窓辺にお花を飾って春の花を楽しめます。

イースター日本酒が大切にしていること…

HAPPY EASTERにご用意した3種類の日本酒は、酸のきいた白ワインのような味をもったライスワインです。卵のような丸い瓶とうっすら黄色みた日本酒。

3つの純米酒は、もともと無色透明ではありません。お米本来の味を大切にしているため、3つの商品は一般的な日本酒と比べると黄金色をしています。少し黄金色をしていますが、けっして劣化したお酒ではございません。

日本酒は無色透明なものと思われがちですが、今回の純米酒に限らずどんな日本酒でも新酒のときにはやや緑がかった黄色みを帯びています。それを貯蔵・熟成することで薄い紅茶のような色になり、さらにろ過することで透明に近づきます。

色と一緒にお米の旨みも抜けてしまうため、3つの蔵元では、あえて炭の量を少なくしています。色がのこっているのは、いわば味がしっかり残っている証なんです。

みなさまに春のお祝いを美味しい日本酒で呑んでいただけたら幸いです。

予約・販売情報

・イースター日本酒 1セット(3種) 2,360円(税込)
・限定 32セット
・3月14日より予約開始(ご注文の締め切り:2020年4月3日)

 

コメントする

*
*
* (公開されません)