飲酒は初対面の人に良い印象を与える?それとも最悪な印象を与えてしまう?

今回、ご紹介する研究は、2019年に発表された「Self-Expression While Drinking Alcohol: Alcohol Influences Personality Expression During First Impressions」です。この研究では、適量のアルコールを飲むことで、初対面の人に自分を「正確に」かつ「好印象」に表現することができているのかということを720名(21〜28歳の男女)を対象に研究を行いました。

最初に、これまで明らかにされてきた「飲酒」と「初対面での印象」についてご紹介しましょう。

初対面でも、短時間で正確に人を判断できる?

1992年にハーバード大学のAmbady氏 と Rosenthal氏によって発表された「a thin-slices」という言葉があります。この言葉は、簡単にいうと「短時間で決断や結論に至る」ことです。

上記の研究では、5分未満での行動観察をした結果、少ない情報にも関わらず、驚くほど、正確な判断に至ったことが明らかにされました。要するに、短い時間で集めた限られた情報にも関わらず、人は、正確な判断ができるということを明らかにしたのです。

このことから、相手が持つファーストインプレッション(第一印象)が正確になり得ることにもつながります。

POINT5分未満という限られた時間でも、驚くほど正確な判断や結論に至る。

飲酒がもたらす「相手」への良い影響

これまでの「飲酒」と「人間関係」の様々な研究では、多くの飲酒の利点が明らかにされてきました。

◆ アルコールがもたらす「一体感」

これまでの研究では、アルコールは、一体感を持たせるような「潤滑油」としての役割が非常に大きいと言われてきました。その結果ではないと思いますが、会社での「飲み会」などが、アルコールを「潤滑油」として考えた催しなのかもしれません。

◆ お酒で「愛される存在」に?

また、アルコールには、一緒にいる人に愛されやすくなるようなお手本となる好感が持てる行動へと導いてくれるような効果も取り上げられています。

このように、例えば、自己開示がしやすくなったり、親しみやすくなったりと、コミュニケーションを取る上で、確かに、アルコールの存在は非常に大きいものと言えます。(ただし、「泥酔」は逆効果なので、飲酒は程々に。)

POINTアルコールは、「場の一体感」を高め、「愛される存在」になるチャンスも与えてくれる

お酒が与える初対面の人の印象とは?

今回の研究では、お酒が初対面の人に与える印象を題材にしています。その研究の概要をご紹介します。

研究の目的

今回ご紹介する研究では、「お酒を飲むことで、いい性格的な面をより多く受け取ってもらえたり、また事前に報告しておいた自分の特徴的な性格を正確に伝えることができているか」を目的として実施されました。

彼ら研究者たちの研究前に立てた仮説は、「お酒を飲むことで、いい性格的な面をより表現することができていて、かつそれを正確に受け取ってもらえることができている」のではないかと考えていました。

というのも、似たような実験を2012年に、Sayette氏とその同僚が、行っており、お酒を飲んだグループには、「笑顔」が多く、「人が嫌がるようなネガティブな影響」を与えることが少なかったという結果を明らかにしていたからです。

またこの研究では、飲酒グループは、飲酒していないグループに比べて、会話が弾み、他人との社会的な絆を感じるようになっていたとも述べています。

このことから、今回の研究の研究者たちも、上記の仮説を立てたようです。そして、Sayette氏の研究と今回の研究で異なる点は、今回は、被験者の状況を隔離された部屋で、「素面な人(7名)」がどのようにその状況を判断するのかを明らかにした点です。

では、どのように研究が行われたのでしょうか?

参加者とオブザーバーの概要

参加者の概要参加者数:720名(男:360名、女:360名)
人種:白人(83%) 黒人(11%) アジア系(1%) ラテン系(2.5%)
年齢:21〜28歳
※面識のある人がいないことは確認済

この720名を3つのグループに分けました。それぞれに、「お酒を飲んでもらうグループ」と「お酒であると伝えられて『ノンアルコール』を飲むグループ(以下:プラシーボグループと省略)」そして「ノンアルコールを飲むグループ」と位置付けます。

また、参加者と隔離した部屋で、参加者の性格を評価(判断)するオブザーバー(観察する人)については下記の通りです。

オブザーバーの概要人数:7名(女:6名、男:1名)
年齢:19〜22歳
人種:東アジア系(2名)、東南アジア系(1名)、白人(4名)

では、研究の結果はどうなったのでしょうか?

SAKE RECO 編集長
日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)