健康にいい効果がある『ジュニパーベリー 』と使い方とは

『ジュニパーベリー』とは⁈

『ジュニパーベリー』とは、「ベリー」という名称がついているので、「ブルーベリー」などの果実系の植物だと思われるかもしれませんが、 「セイヨウネズ」という針葉樹林の実です。このセイヨウネズは、北緯30度以上の地域で見られる植物で、北アメリカやアラスカ、北アジアや北ヨーロッパなどの広範囲で、見ることが出来ます。日本でも、見られます。

このセイヨウネズの実である『ジュニパーベリー』は、そのままでは、とても食べることが出来ないくらい苦いので、乾燥させたものが販売されているので、そちらを鹿や猪などのジビエ料理に添えて、臭みを取ったりすることもあります。ちなみに、針葉樹林系のスパイスでは、世界で唯一のものとされています。

もともと、『ジン』という名前も、ネズのフランス語である「ジュネヴリエ」やセイヨウネズの「ジュニエーヴル」を由来とするものであるとされることもあります。

『ジュニパーベリー』の4つの効果

『ジュニパーベリー 』は、古代ギリシャから利用されていたほど、ヨーロッパでは、よく知られていた存在でしたが、具体的には、どのような効果があるのでしょうか?

①リラックス効果

古代から『ジュニパーベリー 』は、「魔除け」「宗教儀式」で使われるなど、「浄化」に優れているとされて来ました。この浄化は、心の浄化=リラックス効果もあるとされています。ジンを飲んで見ると、爽やかな、木々を連想させるような森林の中いる香りを感じるかもしれません。これは、ジュニパーベリーの香り由来のもので、リラックス効果があるとされています。

「なかなか現状打破出来ていない人」や「新たな気持ちで頑張ろう」とする人の気持ちを前向きにして、背中を押してくれるかもしれません。

②抗菌効果

ジュニパーベリーには、抗菌効果があるとされ、様々な研究結果が報告されています。2010年にNatural Products Communicationsに掲載された研究では、ジュニパーベリーのオイルを含むエッセンシャルオイルに、食中毒やその他の細菌などに対して、強い耐性があることが確認されました。

この抗菌作用を生かすと、ウイルスや細菌などの感染で起こる発疹やニキビの治療にも効果があるとされています。また、細菌の繁殖で生じてしまう「体臭」の予防・対策にも効果があります。

③快眠作用

『ジュニパーベリー 』には、リラックス効果があることは、先述の通りですが、「快眠効果」もあります。実際に、快眠効果を発表する研究も多くあり、他のエッセンシャルオイルと同様に、快眠効果も期待出来ます。

④デトックス効果

デトックス効果があり、特に運動した後に、ジュニパーベリーのオイルを数滴垂らした場合、デトックス効果から「発汗作用」が進んだり、またヨーロッパでは、解毒剤として使われて来たことからもわかるように「解毒作用」もあります。その結果、美容効果も期待出来ます。

『ジュニパーベリー』のおすすめ楽しみ方

『ジュニパーベリー』のおすすめの楽しみ方をご紹介します!

①「クラフトジン」

「クラフトジン」のほとんどに、ジュニパーベリーが含まれていると言っても過言ではありません。ジントニックにした時に感じる「森林の緑豊かな中にいるような爽快な香り」で、リラックスするのもおすすめです!

2019年に開催された「GIN FESTIVAL TOKYO」で美味しかったおすすめクラフトジンをご紹介していますので、クラフトジンを飲んでみたい方におすすめです。

日本最大のジンの祭典「GIN FESTIVAL TOKYO 2019」のおすすめクラフトジン3選

②「エッセンシャルオイル」

ジュニパーベリーは、エッセンシャルオイルでも、数多くの商品があります。特におすすめな商品を1つだけご紹介します。

日本アロマ環境協会(AEAJ)にも認定されている精油で、疲れた頭や心を刺激して、リラックス状態にしてくれます。手や足に軽く垂らすしてほぐしてあげるとよりリフレッシュ。

③肉料理に添える

鹿や猪などのジビエ料理に合わせて、お肉の臭みを和らげてくれるので、ぜひ、お肉料理をするのであれば、添えるのにおすすめです!また、お酢にも合わせやすいので、ドレッシングの風味づけにもよく使われます!

お肉料理や少しこだわりのドレッシングを作るなら、この料理に使えるジュニパーベリーがおすすめです!

created by Rinker
GABAN(ギャバン)
¥1,369 (2020/05/27 18:40:57時点 Amazon調べ-詳細)

ジュニパーベリーは食べられる?

ジュニパーベリーは、香辛料(スパイス)として使用されています。例えば、カレーや肉料理などに添えるなど。ただし、過剰に摂取することで、下記のような副作用があるようです。

  • 発疹
  • 下痢・腹痛
  • 呼吸困難
  • 痙攣
  • 動悸
  • 酩酊

過剰摂取によって、酩酊状態に陥る危険性もあるとのことですので、十分に注意してご利用ください。

最後に

「クラフトジン」にも使われている『ジュニパーベリー』には、様々な効果や使い方があることがわかっていただけたでしょうか?リラックスしたい時に、ぜひ、使ってみてください!

【お酒好きにおすすめ記事】

SAKE RECO 編集長
日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)