中田英寿氏プロデュースとキットカットの傑作「キットカット 梅酒 鶴梅」が話題に⁈

サケレコ記事「中田英寿氏プロデュースの日本酒のフレーバーが香る「キットカット 日本酒 満寿泉」に迫る‼︎その美味しさとは⁈」で、キットカットと中田英寿氏、枡田酒造さんのコラボ商品「キットカット 日本酒 満寿泉」をご紹介しました!今回は、その第二弾。「キットカット 梅酒 鶴梅」をご紹介します!

中田英寿氏とキットカットコラボの第二弾「キットカット 梅酒 鶴梅」とは⁈

2017年に販売した「キットカット 日本酒 満寿泉」の第二弾企画で、2018年9月18日に発売した「キットカット 梅酒 鶴梅」。どのように開発から販売まで至ったのでしょうか?

始まりはいつも…

今年のCRAFT SAKE WEEKで、リリースイベントを開催した中田英寿氏。そこで、彼とキットカット担当者から語られたのは、開発の難しさでした。

そもそもキットカットさんは、第二弾に中田氏が企画する商品は、前回の「枡田酒造」さん以外の酒蔵の日本酒を使ったキットカットを企画すると思っていたようです。しかし、中田氏は、世界の女性層にも「プラムワイン」や「UMESHU」の愛称で人気の「梅酒」のキットカットの企画だったと言います。梅酒の商品化は、これまでの経験にはなかったため、難しかったようですが、販売に至って、「非常に狙いはよかった」と担当者は、言っていました。

世界でも人気の梅酒をチョコレート化⁈

欧米以外の東南アジアでも人気の高い「梅酒」ですが、これまであまりチョコレート化しているところが少なかったように思います。そんな梅酒のチョコレートを元になった梅酒が、平和酒造の「鶴梅」でした。この鶴梅は、高級梅の紀州南高梅を使用した梅酒で、「日本酒仕込み」で、甘さ控えめで、スッキリした梅酒で、これがキットカットにうまくフィットしました。

それだけでなく、前回の「キットカット 日本酒 満寿泉」と並べて、綺麗に合うパッケージデザインを追求し、淡い緑色に決まったそうです。

実際に「キットカット 梅酒 鶴梅」を食べて

実際に、「キットカット 梅酒 鶴梅」を食べてみました!

色合い:「キットカット 日本酒 満寿泉」よりも少しクリーミー(生乳)のような色合い。
香り:開けた瞬間から梅酒の香りが引き立っています。香りの最後は、甘いホワイトチョコレートの香りが広がります。
味わい:最初は、梅酒の程よい「甘酸っぱさ」があり、口の中で、梅酒の味が広がって行きます。ただ、とろとろのイメージの梅酒というよりは、甘さは控えめで、スッキリとしたキレのある味わいです。最後は、少し梅酒の酸っぱさが残り、梅酒を飲んだあとをイメージさせるような味わいです。
購入はこちら!

最後に

いかがだったでしょうか?お酒をあまり飲まない人でも、「梅酒ってこんな味なんだ!」と思えます!ぜひ、お試しください!

キットカット 梅酒 鶴梅 女性層 人気 プラムワイン 梅酒 平和酒造株式会社 紀州南高梅 色が綺麗 日本酒仕込み 梅酒の再現 甘さ控えめ スッキリしている 開発は大変 狙いはよかった こだわったところ 日本酒キットカットと並べてきれいに見える 梅むすび

コメントする

*
*
* (公開されません)