東京の新川にお酒関連業者が集まる理由は江戸時代にあった⁈

来年は、いよいよ東京オリンピック開催ですね!東京の各地では、熱戦が期待されますが、そんな東京日本橋の新川というエリアには、数多くのお酒に関連した会社が、数多く軒を連ねているのをご存知でしょうか?そこで、今回は、「何故、東京の新川にお酒関連業者が集まるのか?」を歴史を紐解きながら、ご紹介していこうと思います。

『新川に集まった要因』年表

では、ちょっと中高生の時のような年表で、新川に集まった要因となるお酒の歴史をご紹介しようと思います。

【新川に集まった要因年表】
1600年(慶長5年) 鴻池善右衛門により三段仕込み開発
1603年(慶長8年) 江戸幕府が開かれる
1619年(元和5年) 大阪和泉・界の商人により大阪〜江戸を結ぶ菱垣廻船が開始
1661年〜1673年(寛文年間) 大阪〜江戸を結ぶ酒樽専用の樽廻船が開始
1672年(寛文12年) 河村瑞賢により、山形酒田〜大阪〜江戸を結ぶ西回り航路が開始
1675年(延宝3年) 下り酒問屋の株仲間を結成

では、上記の年表に基づいて、新川に酒類関連の会社が集まった経緯を見て行きたいと思います。まず、1600年(慶長5年)に鴻池善右衛門が、室町時代以降の段仕込みを改良し、麹米・蒸米・水を3回に分ける三段仕込みを開発しました。これによって、清酒を大量に生産することが可能になります。

しかし、1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いで、東軍の徳川家康の勝利により、1603年(慶長8年)に江戸幕府が開かれます。そのため、これまで、上方中心に政治・経済が機能していましたが、これ以降、江戸中心の政治・経済に移行して行きました。それだけでなく、参勤交代制度が敷かれると、全国の大名の家族や家臣などは、江戸に住むことになり、人口も爆発的に増加して行きました。

そのような経緯もあり、1619年(元和5年)に大阪和泉・界の商人により大阪〜江戸を結ぶ菱垣廻船が開始されると、大阪から江戸へ、多くの生活物資なども運送されるようになりました。

上方での清酒の生産・流通と江戸の新川

そんな時代背景の中で、清酒はどのように生産・流通をしていたのでしょうか?江戸時代以前の日本の中心は関西圏にありました。そのため、多くの商売は、江戸時代以降も活発に大阪をはじめとする関西圏で行われており、大阪は、「天下の台所」と呼ばれるほど、農作物なども数多く全国から流通してきました。その中でも、大阪は、年貢米の換金市場でもあったため、兵庫や大阪の酒蔵は、年貢米を購入し、酒造りを積極的に行うようになっていったと考えられます。その中でも、大阪の池田や界、兵庫の伊丹や西宮などのエリアは、現在でも一大日本酒生産圏となっています。

先ほどの、三段仕込みに相まって、年貢米の換金市場としての大阪があったこともあり、ますます、生産意欲が高まってきます。そして、人口100万人都市の江戸に、清酒が送られるようになりました。そして、寛文年間には、酒樽専用の航路である樽廻船も始まり、江戸に送られる清酒は多くなりました。

またそれに相まって、1672年(寛文12年) 河村瑞賢により、山形酒田〜大阪〜江戸を結ぶ西回り航路が開始されると、山形などを始めとるする東北や北陸などの米が大阪に運ばれるようになり、ますます、酒造りの機運が高まってきます。特に元禄年間に創業する酒蔵は、非常に多かったとされています。

では、菱垣廻船や樽廻船で送られてきた清酒は、江戸でどのように扱われたのでしょうか?さあ、ここからが本題です。関西圏から江戸に入ってきた清酒の多くが、日本橋川の河岸で荷下ろしされました。ここが現在の新川です。この当時、この日本橋川や神田川周辺には、魚市場や青果市場がありました。そのため、流通という観点で考えても、この新川は、便利であったと考えられます。そして、1675年(延宝3年)下り酒問屋の株仲間を結成し、関西圏からの清酒を取り仕切るようになりました。そして、この新川は、酒問屋街を代名詞となりました。

「くだらない」は「下らない酒」から⁈

「くだらない」ということは、「取るに足りない」や「面白くない」などの意味で使われますが、「下らない酒」は、まずい酒であるという意味から転じて、先ほどの意味になったと説もあるようです。ただし、諸説あり、江戸時代以前から「くだらない」という意味が使われていた可能性もあることから、未だ明確な答えは出ていないようです。

最後に

日本酒は、お米で出来ていることから、歴史的な背景とかなり結びつきが深い飲み物です。歴史とお酒の思わぬところで繋がる面白さを見つけてみてはいかがでしょうか?

 

The following two tabs change content below.
SAKE RECO 編集長

SAKE RECO 編集長

日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)

スポンサードサーチ