【潜入レポート】高島屋の「日本酒まつり」の本当の魅力はこれだ!

【潜入レポート】高島屋の「日本酒まつり」の本当の魅力はこれだ!

10月24日(水)〜29日(月)まで東京日本橋の高島屋8階で開催されている「日本酒まつり」に、サケレコは潜入しました!美味しいお酒はもちろんたくさんありましたが、色々なドラマを聞くことができました!それではご紹介!

参考までに、「今週末、酒好きで時間があるなら行きたい「日本酒まつり」の3つの魅力とは⁈」をご覧ください。



日本酒を飲むのに間違いないおつまみ提供…ALL MOTO’S BAR

営業時間:10:30〜20:00

58種類の日本酒を提供してくれる「ALL MOTO’S BAR」。開店10:30〜14:00までの限定15食で、「酛全部盛り」を注文することができます。しかし、今回もそうですが、11:30ごろには、ほぼ、売り切れになる可能性が高いので、開店早々に行くことをおすすめします

こちらのALL MOTO’S BARですが、MOTOグループの各店舗が日替わりで、担当をしており、サケレコが訪問した時は、吉祥寺と新橋の店舗のスタッフさんが担当していました。

耳寄り情報
店舗内には、結構ムキムキの体つきががっちりしている(日焼けしてるっぽい)社長さんもいらっしゃるかもしれません
店舗情報
酛グループ:全6店舗
「日本酒 スタンド 酛」「Kyobashi moto」「PLAT STAND 酛」「GEM by moto」「know by moto」「のまえ with moto」
詳細はこちら:http://www.fsknet.co.jp/impression/index.html
傾向:かつては、男性比率が多く、女性も来店する場合は、グループで、ご来店することが多かったが、現在は、女性のお一人様のお客様も多くいらっしゃるくらい、アットホームな空間です。

今回飲んだお酒は…

商品名:木戸泉アフススパークリング
香り:★★☆☆☆
酸味:★☆☆☆☆
甘口:★★☆☆☆:辛口
淡麗:★★★☆☆:濃厚
キレ:★☆☆☆☆
コク:★★★☆☆
使用米:千葉県産米100%
精米歩合:65%
アルコール度数:13.5%
特徴:酸味や雑味がない分だけ、コクが最後までしっかり残り、そのコクを炭酸ガスはスッキリさせてくれる味わい。アルコール度数は、高くないので、女性でもスイスイ飲めます。

「酛三種盛り」のカプレーゼとかなりマッチしていました!ぜひ、お試しあれ〜!

こちらもご覧ください

今週末、酒好きで時間があるなら行きたい「日本酒まつり」の3つの魅力とは⁈

やっぱり美味しかった…加賀菊姫

菊姫さんの掲載記事もありますので、気になったら、チェックしてみてください。

【金沢観光におすすめ】白山近辺にある日本酒好きなら訪問したいおすすめ酒蔵をご紹介 7選

菊姫さんは、石川県白山市にある酒蔵さんです。安土桃山時代に創業したとされています。今日担当の男性に色々と聞かせてもらいました!実は、サケレコスタッフの一人が北陸地方出身で、菊姫はだいぶ熱燗でいただいていたので、そのお話を交えて色々とお話をお伺いしました。

なんで菊姫の日本酒は燗で飲むのが美味しいの⁈

それは、日本酒には、多くのアミノ酸が含まれています。そのアミノ酸の中にも、温度が高い方が旨味が出る成分とそうでない成分に分かれるそうなんですが、菊姫の日本酒は、温めると旨味を出す成分が多く含まれているそうです!なので、菊姫は、ぜひ、熱燗で飲んでみてください。

ちょっと耳寄り情報
日本酒を熱燗で飲む時に美味しい日本酒かどうかを確かめることができるそうです。それは、温度が下がってきても、香りも味わいも落ちていないものは、日本酒の成分が強固で、醸造がしっかりしているので、そういうお酒は、冷やでも美味しく飲めるそうです。
最後に、菊姫の日本酒の紹介と作り方、そして、酒造りへの思いが書かれた冊子をいただきました!その最後のページにはこんなことが書かれていました。
米の旨みがしっかり感じられる酒、一口飲んで違いがわかる酒、世の中の流行り廃りに左右されない酒を目指しています。
……他の酒には米から造った酒ならではの旨さ、五臓六腑と心に沁みわたるような味わい深さにこだわりたい
「米」が本来持つ旨さを伝えたいというのは、米所だからこそのこだわりなんだと思います。そして、こだわること宣言をしている酒には、本来の美味さの上に乗るこだわりという味わいができます。そんな菊姫を体感してみては?

江戸開城の東京港醸造はやっぱりすごかった

今、流行っている日本酒「江戸開城」を生産している東京港醸造。こちらに訪問しました。実は、サケレコのスタッフは、こちらのお酒のファンだったので、実際に造り手さんとお話できるのを楽しみにしていました!

今回、出展に立っていたのは、現社長のご子息さんでしたが、その方、もともとWebデザイナーということもあり、ビンのエチケットやWeb、SNSを担当しており、通りでマーケうまいなと思ったわけです。ぜひ、公式Webサイトを見てみてください。

公式Webサイト:http://tokyoportbrewery.wkmty.com/

江戸開城を応援したい人が増えるホントの理由…

実は、東京港醸造さんは、江戸時代の1812年(文化9年)に創業した若松屋という造り酒屋がもともとでした。しかし、明治41年に、廃業を余儀なくされてしまいました。

その後は、食堂の経営や雑貨業を続けて、2011年に再度創業を果たしました。実は、その再興には、それまで行ってきた不動産事業などの傍ら、15年ほどの準備期間があり、それを経て、創業に至ったそうです。

そして、ご子息さんもデザインやマーケティングに参画して、WebやSNS、エチケットラベルなどを手がけており、家族一丸となって、江戸開城を生産しているようです。

再興した酒蔵で、しかもお客様に日本酒の美味しさや魅力を伝える方法が上手な東京港醸造に、人が目を向けちゃうのが応援したい人が増える理由かもしれません。

そんな江戸開城を生産している東京港醸造さんで光ったお酒が…

商品名:Palla-Casey(パラキャセイ)
香り:★★☆☆☆
酸味:★★★★☆
甘口:★★☆☆☆:辛口
淡麗:★★★★☆:濃厚
キレ:★★★★☆
コク:★★★★☆
使用米:兵庫県産 特等 山田錦
精米歩合:60%
アルコール度数:14.8%
特徴:新感覚の日本酒で、最初は、コクがしっかりあって、甘みを感じて、甘酒のような風味を持っているような感じなのですが、口に含んで、少しすると、香りが華やかになり、それとともに、酸味が効いてきて、フィニッシュは、キレがあるので、後味もスッキリしています。ぜひ、お立ち寄りの際は、こちらを試飲してみてはいかがでしょうか?

まとめ

日本酒まつり参戦まとめ
① ALL MOTO’S BARの「酛全部盛り」を食べたいなら、11時までには、会場に行くことをおすすめします!

② 菊姫で、石川の日本酒の美味しさを体感するべし!
③ パラキャセイを飲んで、日本酒の新感覚を味わうべし!
④ 開場〜13時までに行くと、蔵元さんとじっくり話しやすい!

コメントする

*
*
* (公開されません)