観光におすすめな東京の日本酒が飲み放題な東京商店とは

東京商店in江戸NORENまでの行き方

行き方と言っても、両国駅から徒歩1分なので、ざっくりと行き方をご紹介します!駅のホームに降りたら、まず「西口」を目指してください!西口の改札まで出ると、両側に、歴代の力士の肖像画があるはずです。こんな感じで↓

江戸NOREN_経路_両国駅

横目に前に進むと、こんな標識 ↓ があるので、右手に進んでください。
江戸NOREN_経路_両国駅西口

そうすると、この入り口が見つかりますので、入って行くと…
江戸NOREN_経路_両国_江戸NOREN

進んで行くと、こんな空間に行き着きます。
江戸NOREN_経路_両国駅_江戸NOREN_内装

その左手に、少しわかりづらいのですが、「東京商店」の看板が見えます。
江戸NOREN_経路_両国駅_東京商店_看板

その看板の下を入っていくと…
江戸NOREN_経路_両国駅_自動販売機_日本酒ここが、東京の酒蔵の酒が飲める場所です!

東京商店の日本酒自動販売機の魅力

東京商店には、東京にある10の酒蔵のお酒を飲むことができます。とりあえず、10の酒蔵はこちら。

  1. 石川酒造・多満自慢【福生市】
  2. 小澤酒造場・桑乃都【八王子市】
  3. 小澤酒造・澤乃井【青梅市】
  4. 小山酒造・丸眞正宗【北区】
  5. 田村酒造・嘉泉【福生市】
  6. 東京港酒造・江戸開城【港区】
  7. 豊島屋本店・金婚【東村山市】
  8. 中村酒造・千代鶴【あきる野市】
  9. 野口酒造・国府鶴【府中市】
  10. 野崎酒造・喜正【あきる野市】

もちろん季節や時期によって、銘柄は変更になりますが、この酒蔵のお酒はいつでも飲むことができます!東京にも数多くの酒蔵があるんです。もともとは、神田川や隅田川の水は、綺麗であったため、東京都内でも多くの酒蔵がありました。

ちなみに、自動販売機はこちらです。
江戸NOREN_経路_東京商店_大吟醸 江戸NOREN_経路_東京商店_純米吟醸 江戸NOREN_経路_東京商店_純米酒

横のスペースに、お猪口と和み水が設置されていますので、ご安心を。
江戸NOREN_経路_東京商店_熱燗

「純米」「吟醸」「大吟醸」(どれも50ml)に分かれて、自動販売機が設定されていますので、好きな日本酒の種類を召し上がることができます。そして、自動販売機には、日本酒の名前はもちろんのこと、酒造名や日本酒の説明書き、日本酒度、酸度、アルコール度数、精米歩合が書かれていますので、自分の味覚に合わせた日本酒を選ぶことができます。それでも、わかりづらい方のために、図に表してくれていますので、選びやすいです。

江戸NOREN_経路_東京商店_温度一覧

ちなみに、「純米」は200円、「吟醸」は300円、「大吟醸」は400円です。お手軽価格で、色々なお酒を召し上がることができます。

自動販売機に、熱燗で飲むのがおすすめな日本酒も記載されています。そんな日本酒を熱燗で召し上がってもらうために、熱燗にする機器も設置されています。

江戸NOREN_経路_東京商店_お燗処

では、実際に試飲出来る日本酒を飲んでみました。

コメントする

*
*
* (公開されません)