【佐渡みやげ定番】世界で認められている佐渡島の酒蔵5選

新潟県の離島である佐渡島。この島には、本島とはまた一味違う日本酒の酒蔵があります。今回は、佐渡島にある日本酒の5つの酒蔵をご紹介します!

佐渡島とは?

行き方

佐渡島への交通手段は、「」です。その船は、「新潟港」と「直江津港」、「寺泊港」から出ています。酒蔵見学するためにも、それぞれ見ていきましょう。

新潟港

ジェットフォイルフェリーの2パターンがあります。

  • ジェットフォイル:1日に7〜9便運航。所要時間は、約1時間で、運賃は、片道6,390円です。
  • フェリー:1日に5便運航。所要時間は、約2時間30分で、運賃は、片道2,380円です。

※運航の時刻表はこちらよりご確認ください。

直江津港

高速カーフェリーがありますが、運休が多いため、あまりおすすめできません。こちらのルートをお使いになる場合は、こちらよりご確認ください。

  • 高速カーフェリー:所要時間は、約1時間40分で、運賃は、2等で片道3,780円、1等で片道4,960円です。

寺泊港

高速船が運航されていますが、こちらも運休などが多いので、あまりおすすめできません。こちらのルートをお使いになる場合は、こちらよりご確認ください。

  • 高速船:所要時間は、約1時間5分で、運賃は、片道2,830円です。

佐渡島の地形と気候

佐渡島の地形と気候は大きく分けると3つに分けることができます。大佐渡山地のある北部は、日本海の季節風を受けるため、冬は豪雪に見舞われることも多い。一方で、その南部にあたる小佐渡山地のある地域では、比較的先ほどの季節風が遮られている状態なので、北部に比べて温暖で、積雪も少ない方である。その間には、国中平野があり、北部と南部の中間の気候と言える。ちなみに、この国中平野は、佐渡米の産地と言えます。

佐渡島の酒蔵5選

2つの山地があり、その間に国中平野が広がっている佐渡島。実は、この島の2つの山地と沿岸は非常に近く、島の水に海水と混ざることがあったり、また、土壌が貝殻の層を含んでいることもあり、中硬水の傾向に近い水になっている。ちなみに、兵庫の灘などの地域で、日本酒作りに重宝された「宮水」は、この中硬水で、この地域の日本酒は、淡麗辛口であるのが特徴である。同様に、佐渡の日本酒も淡麗辛口の傾向が強いです。では、どんな酒蔵があるのでしょうか?地図の順番でご紹介します!

①尾畑酒造

(尾畑酒造HP)

住所:新潟県佐渡市真野新町449
創業:1892年(明治25年)
電話:0259-55-3171
URL:https://www.obata-shuzo.com/home/
Facebook:https://www.facebook.com/manotsuru
見学:可能(要予約)
特徴:有名な真野鶴の酒蔵です。それだけではなく、廃校の校舎を仕込み蔵として、再生し、活用しています。こちらでの酒造りは、全て佐渡島産の材料で、作っています。ぜひ、そちらにも見学してみてください!

おすすめの日本酒

②逸見酒造

(逸見酒造)

住所:新潟県佐渡市長石84-甲
創業:明治初期
電話:0259-55-2046
URL:http://henmisyuzo.com/
見学:5月〜8月ごろまで可能。仕込みに入り次第不可。その場合、試飲は可能。
特徴:サイトから一番惹かれたのは、「守ること。挑戦すること。」そして、佐渡で唯一山廃仕込を行っている酒蔵です。酒米は、山田錦と五百万石をしようしています。

おすすめの日本酒

③天領盃酒造

天領盃酒造HP

住所:新潟県佐渡市加茂歌代458
創業:1983年(昭和58年)
電話:0259-23-2111
URL:http://tenryohai.co.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/tenryohai/
Twitter:https://twitter.com/tenryohai_sake
Instagram:https://www.instagram.com/tenryohai_sake/
見学:可能。(要予約)
特徴:積極的に、機械導入を進めている酒蔵さん。酒造りにおける酵母などを状態を最良化し、それ以外の細かな仕事は、人の手で行っています。

おすすめの日本酒

④加藤酒造店

(加藤酒造店HP)

住所:新潟県佐渡市沢根炭屋町50
創業:1915年(大正4年)
電話:0259-52-6511
URL:http://katoshuzoten.com/
見学:不可。直営店での試飲は可能。
特徴:現在の金井の地域に蔵を移したのは、後継者がいなく、廃業した蔵の跡地でした。そこには、硬度1.8という軟水があり、その水を求めて、移転をした酒蔵です。確かに、他の酒蔵とは異なり、少し口当たりは柔らかいのが特徴。

おすすめの日本酒

⑤北雪酒造

(北雪酒造HP)

住所:新潟県佐渡市徳和2377番地2
創業:1872年(明治5年)
電話:0259-87-3105
URL:http://sake-hokusetsu.com/
見学:可能。(要予約)※9:00以降、予約して入れば、担当者が説明しながら見学。
特徴:多くのコンクールで、最高金賞を受賞している酒蔵。契約農家と共に、「越淡麗」と「五百万石」を栽培しています。そして、少し変わった「遠心分離機」を使っての酒造りは、酒だけでなく、ボトルやラベルにも美しさを求めた一本です。

おすすめの日本酒

最後に

いかがでしたでしょうか?ぜひ、佐渡みやげとして、佐渡島に観光に行ったら、購入してみてください。

 

コメントする

*
*
* (公開されません)