SAKE RECO AWARD 2018 サケレコが選ぶ2018年に飲んだおすすめお酒

いよいよ2018年も残すところあと1日となりました。今年は、多くのお酒にめぐり合うことができました。そこで、今回は、サケレコが選ぶ2018年に飲んだおすすめのお酒をご紹介します!日本酒や焼酎、ワインの3種類のお酒からおすすめのものをピックアップ!

サケレコが選ぶおすすめ日本酒2018

今年は、IWCなどの日本酒のイベントで、多くの日本酒を飲ませていただきました。その中で、「冷酒(常温)」、「スパークリング」、「お燗」でおすすめの日本酒をご紹介!

【冷酒編】林 美山錦 純米吟醸

ネット販売がない日本酒で、なかなか都内でも入手するのが難しい日本酒です。口当たりは、軽やかでありつつも、程よい酸味と旨味がうまいバランスで仕上がっていて、その時の私以外の当日本酒を飲まれていた人も大絶賛でした。ネット販売がないので、幸運にも街中で見つけた方は、購入してみてください!

購入方法:ネットでは購入できません。

【スパークリング編】一ノ蔵 すず音 wabi

日本酒なんですが、甘みがしっかりしていて、軽やかなので、女性でもスイスイと飲めてしまうスパークリング日本酒です。フィニッシュでは、吟醸香が鼻から抜けて、日本酒らしさを感じられます。どんなお食事にも合わせやすいのも、選びやすさの一つです。

【IWC2018最高賞トロフィー受賞】一ノ蔵 透明発泡清酒すず音(すずね)Wabi(わび)375ml[宮城県](クール便利用)スパークリング日本酒

【お燗編】伝承山廃純米 末廣

この日本酒は、冷酒(常温)の時とお燗(40度前後)の時の飲み比べをしてみると味わいと香りが全く違うのを体感してもらいたいお酒の一つです。冷酒(常温)の時は、キリッとしていて、お米の味がはっきりと感じられるのですが、お燗にして飲んでみると、香りが華やかになり、味わいも旨味をしっかりと感じられ、温度を変えただけで、お酒が変わってしまったかの印象を受けます。寒い時期におすすめのお酒です。

【最強コスパ編】奥の松 あだたら吟醸

IWCの「Champion Sake」にも選ばれた「奥の松 あだたら吟醸」。小売での価格も1,000円を切るほど。しかも味わいは、日本酒本来の米の味と吟醸の風味をしっかりと舌で感じつつ、キレがしっかりしているので、食事に合わせやすいです。

サケレコが選ぶおすすめ焼酎2018

サケレコスタッフは、日本酒以外にも焼酎も様々な銘柄に出会えることができました!そんな中で、おすすめの焼酎をご紹介します!

【絶対おすすめ編】紅一点 原酒 紅芋木樽熟成 37度

紅一点の原酒は、木樽の風味が出ているのも特徴の一つです。また、芋の甘みをしっかりと感じつつも、ボディも感じたい人におすすめです。ロックでも、水割りでも芋らしさを感じることができるので、芋焼酎が好きな人にはおすすめです!

【最強コスパ編】八海山本格米焼酎 よろしく千萬あるべし

日本酒で有名な八海醸造から生産されている本格米焼酎「よろしく千萬あるべし」。お米の味わいをほのかに感じつつ、焼酎のスッキリしたキレが特徴的。スイスイと飲めてしまうので、ペースを考えて飲まないと、知らぬ間に「ベロベロに…」なんてことが、よくあるので、注意が必要!

サケレコがおすすめするワイン2018

今年は、かなり多くのワインの銘柄を楽しむことができました!その中から、おすすめしたい銘柄をご紹介します!

【絶対おすすめ編】SADOYA シャトーブリアン 1962

山梨にあるサドヤのヴィンテージワイン「SADOYA シャトーブリアン1962」は、もし、どこかで飲む機会があるのであれば、絶対におすすめのワインです。「マツコの知らない世界」でも、紹介されたワインで、毎年年末にしか手に入らない貴重なワインでもあります。飲み口は、最初は軽やかですが、口の中で、コクがジワーっと広がってくるだけでなく、酸味もほぼなく、程よいタンニンを感じることができます。抜群の味のバランスです。

【この年もおすすめ】

【最強コスパ編】BREAD & BUTTER 白ワイン

ワインの銘醸地のアメリカナパバレーの白ワイン。樽のバニラ香とぶどう本来のフルーティーな味わい、またボディーはミドルなので、かなり飲みやすいので、自宅にストックしておくことをおすすめします!何本あっても足りないかもしれません!

今年の振り返り

9月よりサケレコメディアを運営してきて、多くのユーザーさんに閲覧してもらうことができました。来年もみなさんに「見れてよかった」と思っていただける情報をリリースして行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

年末年始もお酒で素敵な時間をお過ごしください!

コメントする

*
*
* (公開されません)