知らない人も多い「美味しいテキーラ」の楽しみ方

「テキーラ」といえば「ショット」を思い浮かべる人が多いかと思います。もちろんショットグラスで飲む飲み方は美味しいですが、度数が高いので、苦手な人も多いのではないでしょうか?実は、そんなテキーラには、ショット以外にも多くの美味しい飲み方がたくさんあるのをご存知でしょうか?そこで、今回はそんなテキーラの美味しい飲み方をご紹介します。



「テキーラ」とは?

テキーラの原料は、アガベ・テキラーナ・ウェベル・アスールと呼ばれる竜舌蘭(リュウゼツラン)です。その茎に含まれるでんぷん質から上雨竜種が造られます。その中でもテキーラと名乗ることができるのはメキシコの5つの州で造られたものに限定されています。最も個性豊かなスピリッツと言われ、レモンなどの柑橘類との相性が抜群です。そんなテキーラには大きくわけて3つに分類されます。それがこちらの3つです

ブランコ(ホワイト・テキーラ):蒸留後に全く熟成させないか、させても1ヶ月程度の短期熟成で造る無色透明のテキーラでシャープな味わいが特徴です。

レポサド(ゴールデン・テキーラ):蒸留後2ヶ月以上樽で貯蔵熟成させるために薄黄色をしたテキーラです。風味は強いですが、やや角が取れたまろやかな飲み口になります。

アネホ:1年以上の樽貯蔵が法規で義務付けられています。テキーラ特有の強靭さや鋭さが薄れ、ブランデーのようなまろやかな風味になっています。

メキシコ流の飲み方

テキーラの原産地である本場メキシコでは基本的にはストレートで飲みます。飲み方としては、ただ飲むのではなく、

  1. カットしたレモンを片手に持つ
  2. レモンを持った方の手の指の付け根に塩を乗せる
  3. レモンをかじり、塩を舐める
  4. テキーラを飲む

だそうです。塩を舐めることで、風味に甘みが加わるらしいです。とはいえアルコール度数も高いのでストレートでは飲みづらい人も多いと思います。そんな人は以下のカクテルを試してみてください

エル・ディアブロ

スペイン語で「悪魔」という意味をもつこのカクテルは、見た目が妖艶な赤色を呈していて、パンチのありそうな印象を受けます。しかし飲んでみると、カシスとジンジャエールが入っているためかなり爽やかに仕上がっていて飲みやすいので、ついつい飲みすぎないように気をつけてください。作り方はテキーラとカシスリキュールを2:1で、ジンジャエールをお好みで混ぜ合わせると完成です。

マタドール

スペイン語で「闘牛士」という意味を持ったカクテルです。作り方はテキーラ、パイナップルジュース、ライムジュースを2:3:1で混ぜると出来上がりです。見た目の通り爽やかで甘酸っぱい味に仕上がるので、テキーラのストレートはきついという方でもスッキリ飲むことができます。

テキーラ・サンライズ(通称:テキサン)

太陽の国メキシコの燃えるような空をイメージしたカクテルです。禁酒法時代から飲み継がれてきたメキシコ発祥のカクテルです。こちらは作り方が少し複雑なので、お店で頼むのことをおすすめします。テキーラをオレンジジュース等で割ったこのカクテルはこれからくる夏にぴったりのカクテルです。

おすすめの定番テキーラ3選

それでは、おすすめの定番のテキーラを3つご紹介します。テキーラをあまり飲んだことがない人でも、飲みやすいものばかりなので、バーなどに行った時は、一度あるか確認してみるのもおすすめです!

ホセ・クエルボ エスペシャル

レポサドなので、樽熟成2ヶ月以上ということもあって、味わいはまろやかで、飲みやすいのが特徴です。ショットで飲むものいいですが、カクテルで使うのにもおすすめです。この「ホセ・クエルボ」は創業から200年以上の歴史があり、世界でも最も有名なテキーラの一つです。

【初心者・女性向け】タランチュラ ストロベリー

フレーバーテキーラの代表格のタランチュラ。その中でも、おすすめのフレーバーは、「ストロベリー」です。ロックやソーダで割っても美味しく飲めるので、「テキーラ」とは思えないほど。飲み過ぎてしまうので、注意が必要です!

【The 定番】サウザ(Sauza) ゴールド

日本でテキーラと言えば、「サウザ(Sauza)」と答える人も多いのではないでしょうか?しかし、その中でも、定評のあるのが「ゴールド」です。バニラのような甘い風味を感じれるので、ぜひ、「シルバー」との飲み比べをしてみるといいかもしれません。

おわりに

テキーラに限らずですが、度数の高いお酒はストレートで飲めなくてもカクテルとして存分に楽しめるので、色々なお酒にチャレンジしてみてください。

コメントする

*
*
* (公開されません)