ワインバーのように綺麗に収納できるおすすめのワイングラスホルダー

今回は、ワインバーのように、「綺麗に」そして「簡単に」収納できるおすすめのワイングラスホルダーをご紹介します!

コンビニやスーパーでも、以前よりワインの銘柄が増えているような気がします。ということは、ワインを日頃から自宅で飲む人も多くなっているのかもしれません。そんな時に、買うのが、「ワイングラス 」ではないでしょうか?そんなワイングラスをワインバーと同じように、綺麗に収納できるグッズをご紹介します!

ワイングラスホルダーを選ぶ3つのポイント

ワイングラスホルダーを選ぶポイントを3つご紹介します!このポイントを抑えて、収納したい場所を考えてみると、ワイングラスをおしゃれに飾れること間違いなし!

①設置方法

ワイングラスホルダーの設置方法は、大きく分けると3つに分けることができます。それぞれの設置方法とそのメリットとデメリットをご紹介します!

【しっかり固定タイプ】ネジ留めタイプ

ネジ留めタイプのワイングラスホルダーは、ネジで留められている分だけ、しっかりと固定されています。ですので、飲食店などで使用されているタイプは、このタイプが多いです。

【メリット】
・しっかりと固定されているから、地震などが来ても安心。
・自由に取り付けたい場所に設置できる
・しっかりと固定されているため【デメリット】
・賃貸物件だと、穴を開けないといけないので、要注意
・ネジを留める場所の状態(板や壁)を要確認

【設置簡単】差し込みタイプ ☆家庭用におすすめ

現在、家庭用によく売れているのがこのタイプ。簡単に取り付けられて、しかも、お手軽価格で購入できるのがポイントです。

【メリット】
・手軽に、設置可能
・お手頃価格
・ネジを使わないので、賃貸物件でも大丈夫【デメリット】
・棚に差し込むだけのため、ネジ留めに比べ、やや不安定
・片方の腕に負担がかかるので、経年劣化が早い
・収納できるグラス数が少ない

【おしゃれなデザイン】スタンドタイプ

ネジ留めタイプや差し込みタイプのいずれも難しい場合は、「置くタイプ」のスタンドタイプがおすすめです!スタンドタイプは、おしゃれのデザインのものが多いので、インテリアにあわせてみるといいかもしれません!

【メリット】
・手軽に、設置可能
・おしゃれなデザインのものが多い
・ネジを使わないので、賃貸物件でも大丈夫
・どこでも置ける【デメリット】
・棚に差し込むだけのため、ネジ留めに比べ、やや不安定
・片方の腕に負担がかかるので、経年劣化が早い
・本数が少ない

②収納するワイングラスの本数

ワイングラスホルダー1

収納するワイングラスの本数がどれくらいかによって、上記のどのタイプを選ぶのが良いのか、少し迷ってしまうかもしれません。そこで、下記に、参考までに、本数とタイプの表を記載してみましたので、ご参考にされてください!

ネジ留めタイプ
差し込みタイプ
スタンドタイプ
収納本数
9本以上
〜12本程度
〜9本程度

【要注意】③収納口とグラスの脚の大きさ

このポイントは、特に要注意なので、購入前にしっかりと確認してください!

ワイングラスホルダーの収納口(ワイングラスの脚の部分を入れる箇所)と収納したいワイングラスの脚(円になっている台座の部分)を確認してください。特に、「ボルドーグラス」で、口が大きく開いているものは、台座が大きくなっていることも多々あります。また、「シャンパングラス」はその逆に、台座が小さくなっており、ワイングラスホルダーに引っ掛けることができない場合は、稀にありますので、しっかりと確認してください!

おすすめワイングラスホルダー 3選

それでは、各3つのタイプのワイングラスホルダーで、SAKERECOおすすめの最も使い勝手がいいワイングラスホルダーをご紹介します!

【ネジ留めタイプ】Mignon Lapin ワイングラスホルダー

ワイングラス・シャンパングラスの収納におすすめです。ネジが4つ付属してきて、しっかりと固定してくれるので、安心して、収納することができます。また、レーンも「2列」「3列」「4列」と選択できるので、収納したい本数にあわせて、選ぶこともできます。4列だと最大、12本〜15本程度、収納することができるので、多くのグラスを収納したい人にはおすすめです!

【差し込みタイプ】AZAKBL ワイングラスホルダー

ネジを使わないので、賃貸物件であっても、傷つけずに、差し込みだけで収納可能です。また、差し込みのバーに、樹脂が付いていて、滑り止めをしてくれるので、より安定して固定することができます。また、収納本数は、少なくとも9本可能というのもいいです。そして、商品に何か問題があった場合、30日間無料保証も付いているので、より安心感があります。

【スタンドタイプ】

スタンド型なので、収納場所を自由に決められるのがいいところ。しかも、おしゃれなインテリアにも使えます。収納本数が、6本という点は、注意ください!ただ、リーデルの高さのあるグラスでも収納できるので、安心して、色々なグラスの収納にお使いいただけますよ!

最後に

ワイングラスホルダーを購入すると、食器棚にスペースができるだけでなく、おしゃれに自宅を彩ることができます!ぜひ、自分のワインスタイルに合わせて、ワイングラスホルダーを使ってみてはいかがでしょうか?

ワインライフを楽しむためのおすすめの記事はこちら!

初心者でもワインを簡単に開けられるおすすめソムリエナイフ・コルクオープナー5選

【ワイン初心者おすすめ】ワインの保管に困ったときのおすすめワインセラー 4選

ワイン好きの間で大人気!デンソーが作ったワイン「WINE SAVER WIS-100」とは⁈

コメントする

*
*
* (公開されません)