「世界の酒とチーズフェスティバル」実際に行ってみた!〜イタリア・モンテ物産編〜

「世界の酒とチーズフェスティバル」実際に行ってみた!〜イタリア・モンテ物産編〜

10月10日(水)から10月16日(火)まで、大丸東京で開催されている「世界の酒とチーズフェスティバル」に早速、行ってみました!今回は、その時に伺ったイタリアワインと食事を扱う「モンテ物産」で、今年の造られるワインの展望と展示しているおすすめワインをご紹介します!「世界の酒とチーズフェスティバル」の記事はこちら!

美味しい食の秋に飲みたいワインを探すなら「世界の酒とチーズフェスティバルin大丸」



モンテ物産とは?

1977年創業のモンテ物産は、イタリアのお酒や食を中心に取り扱っているインポーターさんです。こちらの強みは、ワインはもちろんのこと、お食事やおつまみも取り扱っており、どんなワインとどんなお食事が合うのかまでもおすすめいただけることです。そんなわけで、今回ご対応いただいたスタッフさんに今年のワイン(ぶどう)の出来をちょっと聞いてみました!

今年収穫のぶどうはいいかもしれない⁈

今年は、全世界的にも、かなり暑い日が続きました。その影響が、ワイン造り(まだ、この時期には、仕込みするかしないかなので、今回は、特に、ワイン用のぶどう)にどんな影響を与えそうなのかを聞いてみました。

去年と比べると、ぶどうの収穫時期は、少し遅いけど、ほどよい感じに収穫することが出来ているので、ワインの期待値は高いようです。ただ、去年のぶどうの収穫時期が、近年稀に見る早い収穫だったので、今年は平年より少し早いぐらいの収穫時期出そうですね。

具体的には、ネッビオーロという品種は、9月20日前後には、すでに収穫できているようです。例年だと10月に入るかどうかぐらいのようですので、早いですよね。ぶどうの実の大きさや収穫量は、十分いいワインができる状態のようです。2018年のワインも今後楽しみですね。

今回のモンテ物産のおすすめワインとは⁈

モンテ物産のTOP of TOP

【評価度:☆☆☆】(赤ワイン)ミラフィオーレ・バローロ・リゼルヴァ2007 【イタリア・ピエモンテ】

☆ 個人的な印象 ☆
香り:★★★☆☆
酸味:★★☆☆☆
タンニン(渋み):★★★☆☆
ボディー:★★★★☆
品種:ネッビオーロ

いい年にのみ造られるワインとのことで、試飲させてもらいました。香りは、ムラがなく、華やか過ぎず地味過ぎずという感じで、エレガントな風味です。お味はというと…今回モンテ物産で試飲させていただいたワインの中では一番いいという印象です。

ここでしか飲めないかもしれない品種のワイン

【評価度:☆☆】(赤ワイン)テラーロ / バリレッタ・ロッカモンフィーナ2017 【イタリア・カンパーニア】

☆ 個人的な印象 ☆
香り:★★★★☆ (独特の香りで、他の品種のワインでは味わえない)
酸味:★★☆☆☆
タンニン(渋み):★★★★☆
ボディー:★★★☆☆
品種:バリレッタ、カーサヴェッキア

このワインに惹かれたのは、このバリレッタという品種は、このテラーロ家しか栽培していないとされており、このテラーロ家が栽培し始めたのも、第二次世界大戦後、絶滅しかけていたこの品種を栽培し始めたのがきっかけだそうです。そんな、このバレッタ・ロッカモンフィーナは、独特の味わいで、ワイン以外で味わったことがあるような感じで、何か飲んでいて、幼少期を思い出しそうな感じワインです。

肉々しい肉汁が溢れ出す食事に絶対に合うワイン

【評価度:☆☆】(赤ワイン)スピネッタ / コロリーノ・ディ・カサノーヴァ2013 【イタリア・トスカーナ】

☆ 個人的な印象 ☆
香り:★★★☆☆
酸味:★★☆☆☆
タンニン(渋み):★★★★★
ボディー:★★★★★
品種:コロリーノ

試飲する前に注いでもらった色は、まさに、「黒い血」って感じのぶどうをギュッと圧縮した色合いで、オーストラリアのシラーのような、ドロドロしい色です。味は、タンニンがしっかりしていて、口に入れて、最後に舌の先端から唾液が一瞬滲み出てくるような感じです。肉との食べ合わせには持ってこいのような感じを受けます!

最後に

いかがだったでしょうか?「世界の酒とチーズフェスティバル」のイタリアワインを試飲してみるなら、モンテ物産に行ってみてはいかがでしょうか?

コメントする

*
*
* (公開されません)