「世界の酒とチーズフェスティバル」に実際に行ってみた!〜アメリカ・ヴィノス山崎編〜

「世界の酒とチーズフェスティバル」に実際に行ってみた!〜アメリカ・ヴィノス山崎編〜

10月10日(水)から10月16日(火)まで、大丸東京で開催されている「世界の酒とチーズフェスティバル」に早速、行ってみました!サケレコ 記事の『速報!「世界の酒とチーズフェスティバル」の店舗に実際行ってみた!〜イタリア・モンテ物産編〜』に続いて、第二弾。今回は、アメリカのワインを専門に展示している「ヴィノス山崎」さんに訪問しました。土日で行かれる人の参考にしてみてください。



ヴィノス山崎とは?

「蔵直」を商標登録しているくらい、生産者の元に出向いて、交渉し、船積みから海上輸送までを自ら行うということをうたっている酒販店です。しかも、各店舗には、デイリーワインから高級ワインまでを揃えており、それだけでなく、様々な地域のワインを取り扱っています。特に、ヴィノス山崎さんは、アメリカのカリフォルニアワインに力を入れており、有名なワインからなかなか日本では見ることが稀なワインまでを取り扱っています。

アメリカのカリフォルニアワインの参考記事はこちら

【ワイン好き初心者必見】ナパバレーで有名な銘醸産地「カリフォルニア州」のワインと特徴

今回のヴィノス山崎のおすすめワインとは⁈

圧倒的な安定感と高級感が口の中に広がるワイン

【評価度:☆☆☆】(赤ワイン)ヘイヴンズP・S・N・H 【アメリカ・ナパヴァレー】

香り:★★★☆☆
酸味:★☆☆☆☆
タンニン(渋み):★★★☆☆
ボディー:★★★★☆
品種:ピノ・ノワール
価格:10,000円(税抜)

カリフォルニアワインで有名なナパヴァレー。その中でも、名門中の名門と言われるヘイヴンズ。サケレコスタッフがこれまで飲んだヘイヴンズは、飲んで間違いないワインばかりでした。お値段は、10,000円と少々お高く見えるかもしれませんが、絶対的な安心感がある赤ワインです。しかも驚きなのが、ミディアムボディーのワインが多いピノ・ノワールなのに、ボディーがしっかりして、香りもしっかりとしています。熟成期間もしっかりあるようなので、すぐに飲んでもいいですし、セラーで置いておいてもいいかもしれません。

軽めのおつまみでも、肉々しい肉料理でも楽しめるワイン

【評価度:☆☆】(赤ワイン)レンウッド・プレミアムオールド・ジンファンデル 【アメリカ・カリフォルニア】

香り:★★★☆☆
酸味:★★☆☆☆
タンニン(渋み):★★★★☆
ボディー:★★★★☆
品種: ジンファンデル
価格:3,280円(税抜)

ジンファンデルは、色合いが非常に濃く、イタリアの原産のプリミティーボを系譜に持つ品種です。このジンファンデルは、プリミティーボに比べて、酸味は少ないです。そのため、このワインは、ジンファンデルの特徴を十分に出せているワインと言えます。奥深さがあり、タンニン(渋み)もあるので、お肉料理にはもってこいのワインです。

とりあえずこれを買っておけば間違いはないワイン

【評価度:☆☆】(赤ワイン)ストーンヘッジ・メリタージュ・ナパ 【アメリカ・ナパヴァレー】

香り:★★★☆☆
酸味:★★☆☆☆
タンニン(渋み):★★★☆☆
ボディー:★★★☆☆
品種:メルロー、カベルネソーヴィニオン他
価格:2,980円(税抜)

先ほどご紹介したワインに比べて、スタンダードなワインと言えます。どんな場面にも楽しむことができるワインです。ヴィノス山崎さんでは、その味わいの安定感とコスパから売上No.1商品にもなっており、今回も売れ行きは良いようです。チーズやドライフルーツだけでも合わせることは十分できますし、お肉料理も合わせることができます。

最後に

いかがだったでしょうか?アメリカ(特にカリフォルニア )のワインは、非常に安定していて、飲み口が柔らかないものが多いので、どの国のワインにしようか悩んだら、一旦ヴィノス山崎さんに行ってみてはいかがでしょうか?

コメントする

*
*
* (公開されません)