健康に良い『ハブ酒』の味と効果とおすすめの飲み方とは

沖縄では、かつてから飲まれていた「ハブ酒」。実は、10種類以上の薬草が配合されているものもあり、健康に良いお酒の代名詞でもあります。「ハブ」を原料としていることもあり、「美味しくないんじゃない?」や「飲んだら毒が体に回るんじゃない?」という迷信が飛び交っています…。しかし、現在、販売されているものは、実に美味しく、そして、体にも優しいお酒に仕上がっていますので、そんなハブ酒の味と効果、そして、おすすめの飲み方をご紹介します!

ブ酒に毒はないの?

ハブ酒とは、ハブを漬けた置きしたお酒で、かつてから、沖縄や奄美諸島、鹿児島などで飲まれていた、伝統的なお酒です。

そもそも、ハブ酒の原料になっている「ハブ」は、毒を持つ蛇ですが、ハブ酒を飲むことで、毒が体を巡ることはありません。その理由は、二つあるようです。

  1. アルコールで毒が分解される
  2. ハブから毒が溶けていない

ただ、実際は、ハブ酒を飲むことで、毒が体を巡らない理由は、明らかにされていません。しかし、ハブ酒を飲むことで、死亡者が出ていないということで、飲まれ続けています。

っちゃけハブ酒って臭くないの⁈美味しいの⁈

筆者もハブ酒という聞いて、最初は、「飲みづらい」イメージを持っていました…。確かに、70年代80年代くらいまでは、臭いがキツかったため、「健康のため」と思い、飲んでいた人も多くいたそうです。

しかし、現在流通している「ハブ酒」は、「ハブ」の下処理を丁寧にしかも時間をかけて行っており、「飲みづらさ」は皆無と言っても良いくらいの飲みやすさです。そんな「ハブ酒」の作り方は、下記のような過程で行われます。

1. ハブの下処理
→ 血抜き、臭腺除去、腸管摘出 を行い、生臭さを解消します!
*「臭腺」は、カメムシやスカンクなどの臭さの元になっています。
2.ハブの骨肉皮をアルコール原液で漬け込み、熟成させます。
→ ハブの持っている成分を抽出。
3.薬草(ハーブ)を焼酎や泡盛、黒糖焼酎などに漬けます。
→ ハブ酒の味わいや香り、体に良い成分を抽出。
4.ハブと薬草(ハーブ)の原液をブレンドし、再度熟成。

ハブの下処理から瓶詰めして、みなさんの手元に届くまでには、数年〜数十年かかります。このように、現在、販売している手間暇かけられたハブ酒は、飲みやすいものが多いです。

ブ酒の効能

そもそも、ハブ酒には、多くのアミノ酸やミネラル、タウリンやリノール酸、アルギニンなどが含まれており、健康に良いと言われています。

【ハブ酒に含まれる栄養素】
アミノ酸:人間の様々な器官の機能改善が期待できます
ミネラル:カルシウムや鉄分、マグネシウムなど。心肺機能や血管機能を改善。
タウリン:コレステロールの吸収を抑える。心臓や肝臓の機能改善、高血圧などの改善。
リノール酸:血中コレステロールの減少。ただし、過剰摂取は、肥満に。
アルギニン:体の余分なアンモニアを除去。血管を広げ、血液が通りやすくなる。

ハブの肉には、必須アミノ酸や鉄分、ミネラル、カルシウムが含まれており、沖縄では、ハブを調理して食べた方が、栄養素が取れるとまで言われているほどです。しかし、ハブを調理するのは危険ですので、絶対にお店などで召し上がるようにしてください。

【ハブ酒の効能】
・疲労回復
・肝臓強化
・精力増強
・血行促進
・滋養強壮
・動脈硬化の改善

味しいハブ酒の飲み方

【ハブ酒レモン(ライムorシークワーサー)サワー】

焼酎レモンサワーを作るように、「ハブ酒」を炭酸水で割って、そこに、レモン(ライム or シークワーサー)をしっかり絞って、加えるのがはおすすめです!爽やかな味わいを感じつつも、ハーブの香りが鼻から抜けるので、女性でも飲みやすいかも。

[おすすめ炭酸水はこちらから]

ダイエットにも美容にも効く⁈お酒に割れる炭酸水の魅力

【ハブ酒コーク(ガンガラー)】

ハブ酒をコーラで割って、その後に、スライスレモンを入れれば、完成です!とても簡単に飲めるのですが、コーラの甘みと薬草(ハーブ)の香りが上手くマッチするのでおすすめです!

すすめのハブ酒

おすすめのハブ酒を、「女性におすすめハブ酒」と「スタンダードなハブ酒」、そして「The ハブ酒」の3つのジャンルでご紹介します!

女性におすすめのハブ酒

女性におすすめのハブ酒は、飲みやすく、そして、手に取りやすい(ハブが入っていない)ハブ酒をご紹介します!

【南都酒造】琉球の酒 ハブ酒

(商品名:南都 ハブ酒 25度 720ml):画像をクリックするとAmazon商品ページに移動します

南都酒造所は、ハブの下処理をしっかりと行っていて、どのお酒も、飲みやすさにこだわって造られています。特に、このハブ酒は、臭みもなく、しかも、ハーブの香りもほのかなので、味を主張し過ぎていない点で、飲みやすいです。そして、アルコール度数も25度ですので、コーラや炭酸水などで割っても美味しくいただけます。

【南都酒造所】琉球の酒 ハブ原酒

(商品名:南都 ハブ原酒 35度 1800ml):画像をクリックするとAmazon商品ページに移動します

こちらも南都酒造所さんのハブ酒です。アルコール度数35%。先ほどのハブ酒よりは、ハーブの香りがしっかりとしていて、飲みごたえもバッチリ。アルコール度数は少し高いですが、ストレートやオンザロックで飲むのがおすすめ!

【八重泉】はぶ酒

(商品名:八重泉 はぶ酒 700ml):画像をクリックするとAmazon商品ページに移動します

薬用に良いとされている石垣島特産の赤ハブを原料にしています。45度の泡盛に生きたまま仕込み、脱臭濾過して、野生の薬草のエキスを加えており、薬草の香りがしっかりとあります。健康のために、多くの人がお土産やネットで購入して、リピートしています!

「ハブ酒」の徹底解説はいかがだったでしょうか?かつてから、健康のために飲まれているお酒なので、健康に気を使い始めた方には、おすすめです!

コメントする

*
*
* (公開されません)