出来るビジネスマン・上司に共通する「お酒の飲み方」?

仕事が出来る人に共通の「お酒の飲み方」とは?

ビジネスマンの交渉

仕事が出来ると言っても、「仕事が早い」や「業務が正確」など様々なことが言えますが、究極のことを言えば、「相手の求めている結果を出すことが出来る」ということではないでしょうか?

この時、「相手の求めている結果」というのは、会社が提示する「目標」かもしれませんし、顧客が求める「成果」かもしれません。それらをまとめて「目標」と考えると、それに対して、行動し、達成することが、「仕事がデキる」ということだと考えます。

では、そんな「目標」を達成する「出来る人」に共通する「お酒の飲み方」とは、どんな飲み方なのでしょうか?

深酒(ふかざけ)しない

出来る人の多くは、時間を有意義に使いたいという人が多いです。翌日に仕事を控えている人は、深酒せずに、なるべく翌日の仕事に支障が出ないように、飲む量をコントロールすることが多いようです。

また、二日酔いにならないために、お酒を飲む前に、「二日酔い防止ドリンク」を服用するなどして、自己管理をします。飲み会の途中も、率先して、水を飲みながら飲むなど、管理を徹底することが多いです。

長い時間飲まない

これは、かつて銀座のクラブのママがおっしゃっていたことですが、有名企業の会長や社長、俳優さんで、結果を出している方の多くは、お酒をダラダラと長い時間飲まないようです。

むしろ、時間を区切ることで、よりお酒の時間を楽しもうとするのだそうです。ここにも、時間を大切にするという姿勢がわかりますね。

また、長い時間飲まない人の多くは、翌日にやることが決まっていることが多いため。特に、翌日がおやすみだったとしても、「ランニング」や「筋トレ」などの運動を控えていることも多いようです。優秀なデキるビジネスマンの多くは、ランニングや筋トレを習慣にしている人も多いそう。これらは、自己コントロールを鍛えるのにも役立つようなので、運動をすることも、長い時間飲まないためには、いいかもしれません。

蒸留酒が飲める(知っている)

蒸留酒には、「焼酎」や「ウィスキー」、「バーボン」、「ジン」、「ウォッカ」などがあります。それらの中で、好きなお酒があり、飲み方もこだわっている人が多いのも特徴です。

特に、クラシックバーに行くと、彼らは、カクテルを注文するというよりも、「ウィスキー」や「バーボン」などの洋酒を「ロック」や「水割り」などで飲むことが多いようです。

では、出来る上司の部下とのお酒の飲み方の特徴とは?

SAKE RECO 編集長
日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)