お正月の「お屠蘇」の由来と超簡単な作り方とは?

お正月の朝に、家族揃って飲むのが「お屠蘇」という人も多いのではないでしょうか?ご自身で家庭をもったり、新たな一年を良い年にしたいと思っている人は、次のお正月にお屠蘇で一年を始められるのも良いかもしれません。そこで今回は、お屠蘇の由来と簡単で、飲みやすいお屠蘇の作り方をご紹介します。

いつからお屠蘇が飲まれるようになった?

お正月に飲まれるお屠蘇ですが、日本の正月行事として定着したのは、いつ頃なのでしょうか?少し、詳細に解説していこうと思います。作り方だけ知りたい方は、飛ばしてください。

お屠蘇は中国からの輸入文化

平安時代

お屠蘇が日本に入ってきたのは、平安時代初期になります。空海と橘逸勢らと三筆の一人である嵯峨天皇の時代に遡ります。嵯峨天皇の時代すなわち弘仁年間は、810年〜825年までの15年の期間に中国から屠蘇が入ってきたと言われています。

この屠蘇を日本に持ち込んだのが、中国の博士、「蘇明」という和唐使と言われています。この屠蘇は、元々中国のものでした。

そして、この屠蘇を開発したのが、かの三国志に必ず登場する「曹操」にも、手厚い保護を受けており、その時代の名医として名高かった「華佗(かだ)」という人物でした。(しかし、曹操の怒りを買ってしまい、のちに曹操に殺害されてしまいます)

このような経緯によって、日本に入ってきた屠蘇は、その後、平安時代の正月行事として、貴族や役人などの上流貴族の間に広がっていきました。紀貫之も土佐日記の中で、正月に屠蘇を飲んでいるという記述をすることからも、屠蘇が定着していたことが伺えます。

江戸時代

その後、江戸時代になると一般庶民の間にも、正月行事として、屠蘇を飲むという文化が広がり始めました。また、薬商人などが、年末に屠蘇を調合して、配るという地域も出てきて、より屠蘇の文化が広まりました。

屠蘇の歴史・嵯峨天皇の時代に、中国より伝来。
・屠蘇は、中国の名医「華佗」によって作られた。
・平安時代には、上流階級を中心に正月行事となり、江戸時代に庶民の正月行事として定着。

屠蘇の由来

屠蘇の由来には、いくつかあると言われています。

その一つが、「邪を屠り、身体を蘇らせる」という意味があるようです。屠蘇の「屠」は、悪い物の「死」や「葬る」という意味があり、新年に汚れがないようにする意味があったのではないでしょうか?

要するに、新しい年を迎えるにあたり、悪いことを払拭して、新たな心と身体にしておこうというところでしょうか?

屠蘇とは?

屠蘇と御神酒を同じものと考えている人も多くいるようです。

屠蘇と御神酒の違い

「屠蘇」と「御神酒」はどう違うのでしょうか?

屠蘇とは、新年を迎えるにあたり、邪気を払ったり、身についた悪鬼を屠ることが由来とされています。一方で、御神酒というのは、本来、神前に備える物であり、私たちが飲むことを目的とされていません。

屠蘇は何から出来ている?

現在では、正月に日本酒を飲むことを「屠蘇」と思っている人も多いようです。(ちなみに、私の実家では、正月に日本酒を飲むというのが、屠蘇だとしていました。)このように、お正月に日本酒を飲むことを屠蘇と思っている人も多いようですが、屠蘇の材料とは何かご存知でしょうか?

屠蘇は、元々、薬草(5〜10種類程度)で出来た「屠蘇散」または「屠蘇延命散」をお酒に漬け込んだものを言います。特に、よく配合されている薬草には、下記のようなものがあります。

配合されている薬草効能
白朮(ビャクジュツ)健胃、整腸、利尿
紅花(コウカ)血液循環、鎮痛
山椒(サンショウ)腹痛、膨満感
桔梗(キキョウ)抗菌、鎮静、解熱、排膿
甘草(カンゾウ)鎮痛、解毒
肉桂、桂皮健胃、発汗、解熱、鎮痛、整腸
防風(ボウフウ)発汗、解熱、鎮痛、風邪
陳皮(チンピ)健胃、鎮咳、鎮吐

上記のような効能のある薬草が入っているので、健康にも良いようですね。最近では、養命酒以外にも、日本で、薬草を配合しているお酒が非常に、人気になってきています。

例えば、沖縄の泡盛と薬草を配合した「ハブ酒」や活性酸素の働きを抑える「陶陶酒」、広島県福山市を中心に製造されている「保命酒」などもありますので、健康に配慮しながら、お酒を楽しみたい人には、おすすめです!

薬草を漬けたお酒で人気のハブ酒の記事はこちら

健康に良い『ハブ酒』の味と効果とおすすめの飲み方とは

お屠蘇の作り方と飲み方

かつて、医者が薬代のお礼に屠蘇散を配っていたこともあって、名残として、今でも、薬局やドラッグストアで、屠蘇散を配る地域もあるそうです。

現在では、年末になると、ティーバッグ形式の屠蘇散を販売しているスーパーやECサイトも多くなってきました。

では、お正月に「屠蘇」を作るのに、用意しておくものはどんなものがあるのでしょうか?

屠蘇を作るために用意するもの

作り始めるタイミング

まずはじめに、作り始めるタイミングですが、大晦日の夜に仕込むのが良いかと思います。

というのも、屠蘇散をお酒に漬け込む時間が約6〜8時間程度なので、大晦日の夜10〜12時くらいから仕込んで、翌朝6時くらいに屠蘇散を取り出すようにすれば良いと思います。

【準備するもの】1.屠蘇散

スーパーやドラッグストアで購入することが出来ます。また最近では、Amazonや楽天などでも購入が可能です。

おすすめの屠蘇散

created by Rinker
大師陀羅尼製薬
¥500 (2020/10/01 15:55:57時点 Amazon調べ-詳細)

【準備するもの】2.日本酒

スーパーなどでは、年末になると、「日本酒」に屠蘇散が付いてくることもあるようです。また、個人的に、屠蘇を作るときに心掛けているのが、吟醸の香りが引き立つ日本酒は、なるべく屠蘇にしないようにしています。

というのも、吟醸の香りが強いとやや薬草とぶつかってしまったことがあったので、現在では、純米系を選ぶようにしています。

【準備するもの】3.本みりん

日本酒だけだと、お酒の苦手な人が飲み辛くなってしまいます。そこで、本みりんを日本酒と一緒に合わせます。

本みりんを加えることで、甘みが増し、飲みやすくなります。日本酒だけで屠蘇散を漬けておくと、辛口に仕上がりますが、本みりんの割合を増やしていくと、ますます甘みが増します。

というのも、本みりんのほとんどが、「もち米、米麹、焼酎」で作られているものが多く、どれも3ヶ月程度の熟成期間を経ています。

この熟成で、糖分が作られることで、先ほどの甘みが増えています。

屠蘇におすすめの本みりん

created by Rinker
SUMINOI SHUZO
¥1,045 (2020/10/01 15:55:58時点 Amazon調べ-詳細)

※注意

みりんには、本みりん以外に、「みりんタイプ調味料」というものがあります。

みりんタイプ調味料は、みりんを元に作られている調味量ではありますが、みりんの他に、「水あめ」や「塩」が多く含まれていますので、これで屠蘇を作ると、かなりしょっぱくなってしまい、屠蘇には向きません

購入するなら、必ず「本みりん」にしましょう。

屠蘇の準備まとめ・屠蘇散と日本酒、本みりんを準備する
・みりんは、必ず「本みりん」にすること。(みりんタイプ調味料は、塩分が入っていることが多く、屠蘇には向かない)

屠蘇の作り方

家族が飲めるようにするためには、屠蘇散を「日本酒(個人的には、純米系がおすすめ)」と「本みりん」を合わせたもので漬け込むのがおすすめです。先ほども記載しましたが、みりんの量を多くしていくと、甘くなります。

これを300mL程度用意して、ティバッグなどに入った屠蘇散を約6〜8時間程度漬け込んでおきます。

屠蘇の作り方屠蘇散を約6〜8時間程度漬け込む

屠蘇の作法と飲み方

屠蘇を飲む前の作法

屠蘇を飲む前に知っておきたい作法について、ご紹介しましょう!新年早々、身も心も綺麗に迎えられると良いですね!

屠蘇の前に済ませておくこと・顔や歯を洗って、清潔な状態にする
・神棚や仏壇に手を合わせる
・家族揃って新年の挨拶をする

屠蘇の飲み方

昨晩から屠蘇散を漬け込んでおいた屠蘇を準備します。また、本来は、「屠蘇器」という朱色のお銚子と三段重ねの盃で屠蘇をいただくのですが、屠蘇器がないご家庭も多いと思いますので、屠蘇に合うような器でも構いません。

屠蘇

屠蘇器は、屠蘇だけでなく、清酒を注ぐことで、「結納」や「結婚式」でも用いられます。

屠蘇器の準備と飲むまで1.屠蘇を銚子に移します。(このとき、銚子飾りを付けるのも良し)

2.屠蘇台を準備します

3.3つの盃のうち大盃と小盃を盃台から下し、中盃だけを残しておく

4.屠蘇を注ぐ

おすすめの屠蘇器はこちら

では、屠蘇の飲み方をご紹介していきましょう。

屠蘇の飲み方1.おせち料理やお雑煮を食べる前にいただく

2.順番は、年少者から年長者(家長)の順に飲みます。
(この理由は、毒味や年少者の将来の平安や幸せを願うなど様々あります)

3.厄年の人は、最後に飲む

4.屠蘇は、1回目と2回目は、注ぐ形(実際には、注がない)にして、3回目で注ぐ

5.屠蘇は、1口目と2口目は、少しだけ口をつけ、3口目で飲み干します。

6.東を向きながら、「一人これ飲めば一家苦しみなく、一家これ飲めば一里病なし」と唱えて、飲む

まとめ

まとめ・屠蘇は中国から伝来し、平安時代以降、日本の正月行事に定着した

・屠蘇は、薬草が調合された屠蘇散を酒に漬けていただく

・屠蘇散は、酒(吟醸系は避けるのがおすすめ)と本みりん(みりんタイプ調味料は避ける)の計300mLで、6〜8時間程度漬ける
(酒の分量が多いと辛口になります。本みりんが多くなると甘みのある屠蘇になります。)

・屠蘇は、年少者から年長者に繋ぐ順番でいただく

 

SAKE RECO 編集長
日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)