地鎮祭での奉献酒の「熨斗紙」の書き方や本数、銘柄とおすすめ奉献酒セット

地鎮祭や起工式での神様へのお酒を「奉献酒」ですが、その熨斗紙の書き方や用意する本数、そして銘柄には決まりがあるようです。そこで今回は、奉献酒に関わる「決まり」から「簡単にご用意できる奉献酒セット」までをご紹介します!




地鎮祭とは

そもそも地鎮祭とは、家や事務所、ビルの建設の前に、工事の無事・安全を祈願する儀式のことを言います。地鎮祭には、地元の神職をお招きして、祭壇を構え、神様にお供えし、祝詞を上げ、お祓いをします。

地鎮祭には、「神式」と「仏式」があります。神社の神主さんにお願いするのが「神式」、寺院の住職にお願いするのが「仏式」です。

【地鎮祭をしない場合もある⁈】

宗派や宗教的に、「地鎮祭」を行わないケースもあります。また、その他にも、様々な理由で地鎮祭を執り行わないこともあるようです。

地鎮祭で奉納する奉献酒とは

奉献酒とは、地鎮祭の時に、神様に献上するお酒のことです。奉献酒は、海の幸3種(例えば:鯛や鰹節、昆布、わかめなど)と野菜3種(大根・人参・キャベツ・なす・きゅうり など)、果物3種(季節のもの)と一緒に、お供えします。

奉献酒には、神様が宿るとされています。この奉献酒は、地鎮祭を執り行ったあとの「直会(なおらい)」で、お神酒として、振る舞われます。

※なお、直会を行わないことも多くなっています。

奉献酒を用意するのは?

奉献酒を用意するのは、「施主」または「施工主」が主となります。個人宅の建築の場合の多くは、「施主」が奉献酒を用意します。また、大規模な建設工事(例えば、マンションやビルなど)の場合は、「施工主」が用意します。

ただし、「施主」や「施工主」以外の親族や来賓者、下請け業者が奉献酒を用意される場合もあります。その場合も、祭壇に献上するようにしましょう。

奉献酒の相場と銘柄、本数

奉献酒の値段の相場には、特に決まりや習わしはありません。ですので、施工主が考えている予算でご用意すれば大丈夫です。

銘柄ですが、新たな出発の時ですので、「縁起の良い酒」をご用意するのが良いとされています。また、本数ですが、同銘柄(一升瓶)を2本用意しておきましょう。

奉献酒を持ち帰るのは誰?

  1. 施主が地鎮祭を行なった場合(個人住宅の建築の場合が多い)

この場合、施主が奉献酒を用意することが多く、最終的には、神職に引き渡されることが多いです。また、施主の親族や知り合いからいただいた奉納酒は、施主が持ち帰ります。

施工主が地鎮祭を行なった場合(ビルやマンションなどの大規模建設の場合)

この場合、施工主が用意した奉献酒を神職が持ち帰ることが多いです。また、施工主の下請け会社や来賓から奉献酒は、施工主が持ち帰ることが多いです。

奉献酒の「熨斗紙」の書き方についてご紹介します!

コメントする

*
*
* (公開されません)