脳が小さいと飲酒量が増える?!

これまで、アルコールを摂取することで、脳の容量が減ってしまったり、萎縮してしまうと言われてきましたが、2019年に発表された「Which came first: Brain size or drinking propensity?」では、脳の容量が小さいことが、アルコールの過量消費のリスクを増大させてしまう可能性を示唆しました。そこで今回は、上記の発表をご紹介します!

脳の「ある部分」が小さいと飲酒量が増える?!

この研究の発表を行ったのは、ワシントン大学のブレインラボのディレクターであるライアン・ボグダン氏とその同僚らです。

研究は、脳の画像データを分析するをベースとして行われました。その画像データの素材となったのが、3つの研究です。

  1. 双子の飲酒行動の比較・分析
  2. 飲酒経験のない幼少期からの長期間の脳の分析研究
  3. 死後の脳細胞を使っての遺伝子発現(遺伝子情報を細胞に書き込んで、具現化して行く過程)分析

この3つの研究・分析からいくつかのことがわかってきました。

その一つが、「背外側前頭前野」と「島皮質」の灰白質の容量とアルコール消費との関連性でした。この二つの部位の働きには、「感情」、「記憶」、「報酬」、「認知」、「意思決定」といった人間が生きていく上で、非常に大きな役割をはたすものばかり。

この二つの部位の灰白質の容量が「将来の飲酒量」と「大人になった若年期でのお酒を飲み始める時期」などを予測することが可能な要素であると明らかにしました。

ポイント1「背外側前頭前野」と「島皮質」の灰白質は、「将来の飲酒量」や「飲酒開始時期」などを予測することができる因子

今はお酒を飲まなくても、将来大酒飲みになるかも?!

2つ目に、飲酒行動が異なる双子の兄弟の脳の画像データを分析しました。双子のうちの一人は、よくお酒を飲み、もう一人は、お酒をほとんど飲みませんでした。

その結果、確かに、これまでの通説通り、よくお酒を飲む方が、灰白質が小さかったのですが、もう一方のお酒をほとんど飲まない方も同様の小ささでした。

このことから、現在は、お酒を飲んでいなくとも、将来飲酒量が増える可能性があるということがわかってきました。

ポイント2灰白質が小さい場合、今はお酒を飲まなくても、将来、飲酒量が増える可能性がある

SAKE RECO 編集長
日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)