脳が小さいと飲酒量が増える?!

これまで、アルコールを摂取することで、脳の容量が減ってしまったり、萎縮してしまうと言われてきましたが、2019年に発表された「Which came first: Brain size or drinking propensity?」では、脳の容量が小さいことが、アルコールの過量消費のリスクを増大させてしまう可能性を示唆しました。そこで今回は、上記の発表をご紹介します!

脳の「ある部分」が小さいと飲酒量が増える?!

この研究の発表を行ったのは、ワシントン大学のブレインラボのディレクターであるライアン・ボグダン氏とその同僚らです。

研究は、脳の画像データを分析するをベースとして行われました。その画像データの素材となったのが、3つの研究です。

  1. 双子の飲酒行動の比較・分析
  2. 飲酒経験のない幼少期からの長期間の脳の分析研究
  3. 死後の脳細胞を使っての遺伝子発現(遺伝子情報を細胞に書き込んで、具現化して行く過程)分析

この3つの研究・分析からいくつかのことがわかってきました。

その一つが、「背外側前頭前野」と「島皮質」の灰白質の容量とアルコール消費との関連性でした。この二つの部位の働きには、「感情」、「記憶」、「報酬」、「認知」、「意思決定」といった人間が生きていく上で、非常に大きな役割をはたすものばかり。

この二つの部位の灰白質の容量が「将来の飲酒量」と「大人になった若年期でのお酒を飲み始める時期」などを予測することが可能な要素であると明らかにしました。

ポイント1「背外側前頭前野」と「島皮質」の灰白質は、「将来の飲酒量」や「飲酒開始時期」などを予測することができる因子

今はお酒を飲まなくても、将来大酒飲みになるかも?!

2つ目に、飲酒行動が異なる双子の兄弟の脳の画像データを分析しました。双子のうちの一人は、よくお酒を飲み、もう一人は、お酒をほとんど飲みませんでした。

その結果、確かに、これまでの通説通り、よくお酒を飲む方が、灰白質が小さかったのですが、もう一方のお酒をほとんど飲まない方も同様の小ささでした。

このことから、現在は、お酒を飲んでいなくとも、将来飲酒量が増える可能性があるということがわかってきました。

ポイント2灰白質が小さい場合、今はお酒を飲まなくても、将来、飲酒量が増える可能性がある

脳の「ある部位」の遺伝子発現がキーポイント

人の脳の遺伝子発現のデータを分析調査した結果、脳の「背外側前頭前野」の遺伝子発現とアルコール消費リスクに関連性があることがわかってきたとしています。

要するに、「背外側前頭前野」によって、アルコール消費におけるリスクの程度が決まってくるっていうんです。また、これまでの分析調査から、「前頭前野」の灰白質の容量の小ささが、アルコール消費のリスクを高めると可能性があると結論づけています。

ちなみに、「背外側前頭前野」は、人間が成長していく過程で、急速に発達したと考えられています。例えば、記憶したり、考えたり、暗算したりするのに欠かせないのが「ワーキングメモリー」です。このワーキングメモリーもこの「背外側前頭前野」にあります。

この「背外側前頭前野」が含まれているのが、「前頭前野」です。この「前頭前野」の灰白質の容量の小ささによって、アルコール消費のリスクが高まるのであれば、前頭前野の灰白質の容量を大きくしたいものですね。

ポイント3・背外側前頭前野の灰白質の容量の小ささがアルコール消費リスクを高める
・前頭前野の灰白質の容量によって、アルコール消費リスクが決まる可能性があると結論づけている

前頭前野(背外側部)を肥大させる「マインドフルネス(瞑想)」?!

最近では、海外の名だたる企業(例えば、GoogleやTwitterなど)の企業活動の一環として、実践されている「マインドフルネス(瞑想)」ですが、これが、背外側前頭前野や島皮質を鍛えてくれるということが数々の研究で明らかにされています。

特に、「背外側前頭前野」を鍛えることで、扁桃体からの不安を抑え込む力もアップしたり、扁桃体の体積の縮小にも寄与したりと、精神衛生上も非常に役に立つと言われています。

そしてまた、このマインドフルネス(瞑想)によって、この二つの部位が肥大するということもわかってきていますので、先ほどのアルコール消費リスクを抑えてくれる可能性もあるかもしれません。ぜひ、実践してみてください。

まとめ

まとめ1.「背外側前頭前野」と「島皮質」の灰白質は、「将来の飲酒量」や「飲酒開始時期」などを予測することができる因子

2.灰白質が小さい場合、今はお酒を飲まなくても、将来、飲酒量が増える可能性がある

3.背外側前頭前野の灰白質の容量の小ささがアルコール消費リスクを高める

4.前頭前野の灰白質の容量によって、アルコール消費リスクが決まる可能性があると結論づけている

SAKE RECO 編集長
日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)