アルコール頭痛や二日酔いに効く!飲む前に飲んでおきたいおすすめ「漢方薬」とは?

飲酒時のアルコール頭痛や二日酔いに悩まされている人はかなり多くいて、宴会前にコンビニやドラックストアで、二日酔い予防のドリンクを買う人も多いのではないでしょうか?実は、ドリンク以外に、昔から処方されているアルコール頭痛や二日酔いに効く「漢方薬」があることをご存知でしょうか?そこで、今回はアルコール頭痛や二日酔いに効く「おすすめ漢方薬」をご紹介します!



【お酒に弱い人向け】黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

(「クラシエ」漢方黄連解毒湯エキス顆粒45包):画像クリックするとAmazon商品ページ

【黄連解毒湯とは】

黄連解毒湯とは、「黄連(おうれん)」、「黄芩(おうごん)」、「黄檗(おうばく)」「梔子(くちなし)」の4つの生薬から作られています。この黄連解毒湯は、非常に苦いのですが、胃腸を整える働きがあります。そのため、飲酒時に荒れてしまった胃粘膜の修復や胃炎に作用すると言われています。

また、黄檗は、肝臓の働きを活発にする働きがあるとされていますので、アルコール代謝に作用すると考えられています。解毒というくらいですから、アルコールという毒を消すことも。

【黄連解毒湯は『こんな人』におすすめ】

アルコールに弱い人におすすめです。例えば、飲酒後すぐに、酔いが回ってしまったり、顔がすぐに赤くなったり、アルコール頭痛になったりする人におすすめです!

【黄連解毒湯を飲むタイミング】

飲酒30分〜1時間前に、飲むのがおすすめ。

【おすすめの黄連解毒湯】

「『クラシエ』漢方黄連解毒湯エキス顆粒 45包」は、ネット(Amazonなど)で購入すると、ドラックストアで購入するよりも安く購入でき、お買い得なので、いつもネットで購入しています。

【酷い二日酔いに悩む人向け】五苓散(ごれいさん)

 (「宇津救命丸」五苓散):画像クリックするとAmazon商品ページ

【五苓散とは】

五苓散は、余分な「水分」を体外に出す働きがあります。そもそも、漢方では、「むくみ」や「頭痛」、「めまい」、「下痢」は、「水」の流れが滞ったために起こる症状と言われています。ですので、五苓散は、飲酒後の「頭痛」や「むくみ」に効果的と言われています。

五苓散は、「猪苓(ちょれい)」「茯苓(ぶくりょう)」「蒼朮(そうじゅつ)」「沢瀉(たくしゃ)」「桂皮(けいひ)」で作られています。飲酒でのアルコール頭痛や二日酔い以外にも、暑気あたりなどの吐き気やむかつきにも効果的とされています。

【五苓散は『こんな人』におすすめ】

飲みすぎによる「酷い二日酔い」に悩まされている人におすすめ。特に、アルコール頭痛や吐き気の症状が出やすい人におすすめです!ただし、五苓散を頻繁に飲むと、「残便感」が残ってしまったりするので、注意です。

【五苓散を飲むタイミング】

飲酒前・飲酒中

【おすすめの五苓散】

「宇津救命丸五苓散 10包」です。五苓散で販売している「アルピタン」と比較すると、配合されている分量が、「宇津救命丸五苓散」の方が多いこともあり、常備するようにしています。

【吐き気の症状がある人向け】

(「クラシエ」漢方六君子湯エキス顆粒 45包):画像クリックするとAmazon商品ページ

【六君子湯とは】

胃腸の働きを整えてくれるとされていて、胃もたれや吐き気、食欲不振などに作用すると言われています。

六君子湯は、主に、「蒼朮(そうじゅつ)」、「茯苓(ぶくりょう)」、「人参(にんじん)」、「半夏(はんげ)」、「陳皮(ちんぴ)」、「大棗(たいそう)」、「生姜(しょうきょう)」、「甘草(かんぞう)」で作られています。

「蒼朮(そうじゅつ)」、「茯苓(ぶくりょう)」は、五苓散にも含まれています。

【六君子湯は『こんな人』におすすめ】

飲み過ぎによる「吐き気」や「胃もたれ」に悩む人

【六君子湯を飲むタイミング】

飲酒前・飲酒中

【おすすめの六君子湯】

飲み過ぎて、気持ちが悪く、吐き気が常にある時に、家に置いておいて安心なのは、この「クラシエ」の「六君子湯」です。45包も入っているので、すぐにストックが切れることもないです。

一番大事なのは、飲みすぎないことですが、万が一飲み過ぎてしまった時のために、漢方をご自宅に常備しておくのも二日酔い以外の時にも活用できるのでおすすめです!

コメントする

*
*
* (公開されません)