飲み過ぎの気持ち悪さに効果的な3種類のソルマック

なんで飲み過ぎると「気持ち悪くなる」のか?

美味しいお酒を飲んだり、仲の良い友人と宴席を楽しんでいると、知らぬ間に、飲み過ぎてしまって、帰りの電車で気持ち悪くなってしまうということも…。では、飲み過ぎると、なぜ、気持ち悪くなるのでしょうか?

※ソルマックの特徴をすぐに読みたい方は、こちらをクリックしてください。

1.体が危険を察知

アルコールを摂取し過ぎると、肝臓は、酵素(アルコール脱水素酵素)で、アセトアルデヒドという毒性の強い物質に分解します。しかし、次の分解が追いつかないことで、血中にアセトアルデヒドの濃度が急上昇します。

これを体が「危険!」と察知し、各神経系に「危険信号」を出します。その結果、「嘔吐中枢」という吐き気や気持ち悪いを催す原因となる中枢神経にその指令が到達すると、気持ち悪くなります。

ポイント嘔吐中枢に「危険信号」の指令が到達している場合、「唾液」が多く分泌していることが多いので、注意!

2.逆蠕動運動

そして、消化器官に次々に異変が生じます。食べて胃で消化され、小腸や十二指腸に流れたものが、再度、胃に逆流する「逆蠕動運動」が起こり、食べたものが、胃に集まります。そして、消化管の入り口(口側)と出口(肛門側)の幽門が閉じます。

ポイントこの時点で、既に「吐きそう」になっている場合が多い。

3.吐瀉

消化管の入り口と出口がしまっていたが、入り口側が緩むと、一気に胃にたまっていた食べ物が吐き出されます。

気持ち悪くならないためのポイント

飲み過ぎて、翌日まで吐き続けてしまうと、楽しかった飲み会の思い出が、「飲まなきゃよかった…。」に変わってしまいます。では、気持ち悪くならないためのポイントを抑えておきたいと思います。

1.ゆっくりとお酒を楽しむ

気持ち悪くなる一番最初の原因は、血中の「アルコール」・「アセトアルデヒド」濃度が急上昇することです。ですので、お酒を飲むピッチは抑えるのが大切です。また、どうしてもピッチが上がってしまう人は、「和らぎ水」を飲みながら、ピッチを抑えることも必要かもしれません。

2.肝機能強化

肝臓のアルコール代謝を効果的に行うために、肝臓の調子を整えておくことが必要です。「サプリメント」や「市販二日酔い防止ドリンク」などを服用しながら、アルコール代謝に備えましょう。

3.胃の調子を整える(健胃・消化蠕動亢進)

胃の調子を整えて、消化をスムーズに行い、消化されたものを蠕動運動で、小腸・十二指腸に運ぶことが必要です。胃の調子が悪いと、胃にたまった食べ物が吐瀉しやすくなるので、飲む前は、胃の調子を整えるようにしましょう。

では、気持ち悪くなって、嘔吐しそうな時におすすめなソルマックとは?

コメントする

*
*
* (公開されません)