翌日に二日酔いにならないおすすめの寝方とは

飲酒と睡眠の深い関係とは?

飲み過ぎ睡眠

アメリカの研究者たちが、「Alcohol disrupts sleep homeostasis(July 2014)」という研究発表の中で、飲酒に関連した睡眠障害で悩んでいる患者が数多くいて、それは、社会的かつ経済的な問題であるとしています。

その中で、アメリカ国内でアルコール関連での睡眠障害で生じる社会的なコストは、なんと、「180億ドル(=およそ1兆9000億円)超」とも主張しています。

では、飲酒と睡眠はどのような関係があるのでしょうか?

上記の研究では、飲酒によって、眠気は、早くやってくるが、その反動で、眠りが浅くなり、すぐに起きてしまうことがあるとしています。

この反動は、体内のアルコールによって、疲労と覚醒のバランスすなわち「睡眠恒常性(ホメオスタシス)」が狂ってしまうからだと言われています。

この睡眠恒常性が乱れる鍵となるのが、睡眠を促す「アデノシン」の存在です。アルコールは、アデノシンの分泌を高めることで、眠気を催させます。しかし、このアデノシンが、異常に高くなると、睡眠恒常性が崩れます。

では、どのような症状が現れるかというと、「ノンレム睡眠」「レム睡眠」の深さに関係してきます。

アデノシンが高くなって、眠りにつくと、「ノンレム睡眠」が通常よりも深くなります。しかし、その反動で、次に来る「レム睡眠」が浅くなってしまい、すぐに起きてしまうのです。

要するに、飲酒直後の睡眠は、睡眠を不安定にさせてしまい、「睡眠負債」を作りかねないのです。ですので、個人的な見解ですが、睡眠の少なくとも約2〜3時間前には、飲酒を切り上げて、寝る準備をしっかりとするようにしましょう。

心地よい睡眠には、入眠の2〜3時間前には、飲酒を切り上げるのがおすすめ!

では、二日酔いにならないための睡眠に付いて、詳しくご紹介します!

SAKE RECO 編集長
日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)