【二日酔い対策総集編】二日酔いは怖くない!飲酒前と後に読んでおきたい二日酔いに効く飲み物とは?

これまで、数多くの二日酔い予防や治し方の記事を作ってきました。そこで、今回は、その総集編として、二日酔いの「予防」から「治し方」までを一挙に公開します!飲む前に飲むと二日酔い予防に効果的なドリンク・漢方薬や二日酔いになった時の「治し方」をまとめてご紹介します!

二日酔いの原因と対策とは?

二日酔いの原因として考えられているのは、「アセトアルデヒド」・「電解質不足」・「脱水症状」・「糖分不足」です。そのため、二日酔いの予防策としては、肝機能を向上させることで「アルコール代謝」を活発にすることと飲酒後に失われた栄養を補える水分補給が必要となります。

肝機能UPに服用したいドリンクと漢方

【アルコール分解のメカニズム】

アルコール分解_メカニズム_アセトアルデヒドアルコール分解のメカニズムを上記の図を参考に見ていきましょう。お酒の多くは、小腸で吸収されます。その後、肝臓に運ばれて、アルコール代謝が始まるのですが、肝臓のキャパを超えてしまうと、一部、心臓に送られて、全身にアルコールが送り出されます。

これが、酔っ払った状態ということです。そして、再度、肝臓に送られて、アルコール代謝が行われます。肝臓では、二段階に分けて、アルコールを分解します。肝臓のアルコール脱水素酵素(ADH)というアルコールを分解する酵素によって、アセトアルデヒドに変わります。この酵素の働きが弱いと飲酒後すぐに「顔が赤くなったり」、「酔っ払ったり」します。

このアセトアルデヒドは、有毒なため、アセトアルデヒドをアセトアルデヒド脱水素酵素によって、酢酸に変えます。このアセトアルデヒド脱水素酵素が少なかったり、働きが弱いと、体内に有毒なアセトアルデヒドが残ってしまうため、頭痛や吐き気だけでなく、細胞を傷つけてしまいます。

このように、飲酒をすると、肝臓に、かなり大きな負担がかかってしまいます。

【肝機能UPとは】

肝機能をUPさせると言っても、上記のように、アルコール代謝では、「アルコール脱水素酵素」と「アセトアルデヒド脱水素酵素」のどちらをUPさせた方がいいのかというのは、各個人によって異なってきます。

①飲酒後、すぐに酔っ払う(もしくは、顔が赤くなる)

「アルコール脱水素酵素」の働きをよくするドリンクや漢方薬がおすすめです。

②翌日の二日酔いやアルコール頭痛に悩まされる

「アセトアルデヒド脱水素酵素」の働きをよくするドリンクや漢方薬がおすすめです。

二日酔いに効く栄養を補給できるスポーツドリンク

飲酒をすると、先述のように、「アルコール→アセトアルデヒド→水・二酸化炭素」という風に分解されて行きます。それによって、「脱水症状」や「低糖症状」、「低ナトリウム血症」の症状が出て、頭痛や吐き気などを伴った二日酔いの症状が発症します。

そのため、上記の症状に備えて、酔いが治まった飲酒後や寝る前などに、栄養があるスポーツドリンクを摂取するのがおすすめです。

  1. 脱水症状:スポーツドリンクは、人間の体に即した浸透圧の性格を持っているため、水分を体内に吸収しやすく、また、肝機能の回復を補助してくれるアミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)が含まれているため、アルコール代謝にも効果的です。
  2. 低糖症状:アルコール分解で、糖をエネルギーに変えてくれるビタミンB1が不足してしまいます。スポーツドリンクを摂取することで、ビタミンB1を吸収することができます。
  3. 低ナトリウム血症:スポーツドリンクには、ナトリウム(食塩など)が含まれています

二日酔いを防ぐため飲む前に服用したいドリンク・漢方薬

二日酔いを防ぐために、お酒を飲む前に飲んでおきたいドリンクと漢方薬をご紹介します。

お酒が弱くて、すぐに真っ赤になってしまう人におすすめドリンク

【ヘパリーゼWプレミアム極(ゼリア新薬)】

「肝臓エキス」と「ウコンエキス」が配合されており、飲酒後のアルコール分解を助けてくれます。飲酒前の30分〜60分前に服用すると、飲むタイミングで効果が実感しやすいです。また、味もパイナップルのような甘口で、女性でも飲みやすいのが特徴的。

ここから先は、個人的な感想ですが、アルコールからアセトアルデヒドへの分解を助けているというイメージが強いです。というのも、確かに、飲酒後、2〜3時間は、酔いを感じることなく飲めるのですが、そのあとに、私自身が頭痛持ちであることもあり、アルコール頭痛に悩まされることが多いです。

ですので、お酒が弱く、お酒もたくさん飲めないけど、接待や宴会で、飲酒をしなければならない方におすすめです。

【ノ・ミカタ(味の素)】

飲酒前でも飲酒中・後でも、約30分で効いてくるので、いつ服用しても効果が感じられるのでおすすめです。しかも、プラム味で、水なしでも飲めます。しかも、スティック型なので、持ち運びも簡単!

効果についても、Amazonのカスタマーレビュー(2019年8月現在)では、「4.4」が付いています。(レビュー数414)多くの人に、効果を体感されているようで、私自身も、いつも飲んでいるサプリが手元にない場合は、この「ノ・ミカタ」をドラックストアで探します!

【黄連解毒湯】

黄連解毒湯は、「黄連(おうれん)」、「黄芩(おうごん)」、「黄檗(おうばく)」「梔子(くちなし)」の4つの生薬から作られています。特に、「黄檗」という肝臓の働きを高めてくれる生薬には、アルコール代謝に効果的。

この漢方の名前にもある「解毒」というくらいに、アルコールという毒も速やかに消してくれるので、飲酒後に、顔がすぐに赤くなってしまう人におすすめです!

二日酔いや帰宅途中の嘔吐に悩んでいる人におすすめ

【ekas】

このサプリは、外での宴会や接待などの時に、必ず持ち歩いています。というのも、アルコール遺伝子検査等でも、アルコール脱水素酵素は強いようなのですが、アセトアルデヒド脱水素酵素がアルコール脱水素酵素ほど強くないことで、「酔わないことで飲みすぎてしまい、二日酔いや飲酒後の嘔吐が辛い」ことが多くありました。

しかし、このekasの中に含まれている「コメコサノール」は、アセトアルデヒドから「酢酸」「二酸化炭素」「水」に分解するのを助けてくれるという効果が実証されており、有毒なアセトアルデヒドを代謝してくれるのを助けてくれます。

そのため、ekasを服用すると、どれだけ飲んでも、翌日の二日酔い頭痛に悩まれることはなくなりました。翌日の二日酔い頭痛や飲酒後の嘔吐や吐き気に悩んでいる人におすすめです!

【ソルマック胃腸液プラス】

ソルマック胃腸液プラスは、胃腸の調子を整えてくれるだけではなく、健康的に働いてくれるための成分が豊富に配合されています!特に、生薬が配合されていて、健胃作用のある「延命草」や「桂皮」、「丁子」や胃酸の分泌を抑えてくれる「赤芽槲」などの胃腸に良い成分が配合されています。

また、二日酔いにも効果的な、ウコンや人参も含まれているので、すでにやや気持ち悪くなっている人におすすめです!

飲酒中のアルコール頭痛に悩んでいる人におすすめ

宇津救命丸五苓散】

飲酒中や飲酒後のアルコール頭痛に効くのが「五苓散」です。ただ、よく皆さんが、TVCMや電車の広告で目にするアルコール頭痛の服用薬で有名な「アルピタン」をご紹介するかどうか迷いました…。

しかし、両方試した結果、宇津救命丸五苓散の方が、生薬の配合の分量が多いことや実際に同じお酒を飲み続けた時のアルコール頭痛の発症率が低いことから、宇津救命丸五苓散をご紹介しようと決めました!

五苓散は、余分な「水分」を体外に出す働きがあり、「むくみ」や「頭痛」、「めまい」、「下痢」は、「水」の流れが滞ったために起こる症状と言われていますので、五苓散は、飲酒後の「頭痛」や「むくみ」に効果的と言われています。

二日酔いや飲みすぎた時に飲んでおきたいスポーツドリンク

【アクエリアス】

二日酔いの要因ともされている「脱水症状」「低糖症状」「(アルコール誘発性低血糖症)低ナトリウム血症」を回避するのにおすすめなのが、「アクエリアス」です。アクエリアスには、水分はもちろんのこと、炭水化物やナトリウム、そして、肝機能が向上するアミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)も含まれています。

二日酔いを治す上でも、スポーツドリンクでの水分補給は、おすすめです!

最後に

二日酔いに一番いいのは、飲みすぎないことですが、もし飲みすぎてしまったり、二日酔いに悩んでいるのであれば、ご紹介したドリンクや漢方薬はおすすめです!

コメントする

*
*
* (公開されません)