飲みすぎた辛い二日酔いに効果的なお茶・緑茶とは?

飲みすぎた翌日の二日酔いには、お茶・緑茶が良いと以前から言われてきましたが、特に二日酔いに効果的なお茶・緑茶は何なんでしょうか?そこで今回は、二日酔いに効果的なお茶・緑茶をご紹介します!




鎌倉時代からお茶が二日酔いの処方箋

鎌倉幕府の3代将軍源実朝は、芸術的な才能が多彩でありましたが、その一方で酒好きとしても有名で鎌倉時代の状況を記した「吾妻鏡」には、実朝が開いたとされる酒宴について描かれています。

そんな酒好きな実朝は、飲みすぎて二日酔いになっていたようで、臨済宗の開祖しても有名な「栄西」の薦めで、お茶を飲んでいたようです。

ちなみに、栄西が記した「喫茶養生記」にはお酒での酔い以外にも、様々な効能が記載されています。

お茶が二日酔いに効く理由とは?

昔からお茶が二日酔いに効くことは信じられてきました。では、本当にお茶は二日酔いを良くしてくれるのでしょうか?

栄西も実践していたお茶の「カフェイン」の力

先ほどの栄西の「喫茶養生記」には、お茶の効能の一つに「飲酒による『酔い冷まし』と『眠気覚まし』」を挙げています。

廣雅曰其飲茶醒酒令人不眠

博物志曰飲眞茶令少眠

以眠令人昧劣也亦眠病也

(引用:喫茶養生記)

ここに記載されていることは、本当に正しいのでしょうか?飲酒によって、眠気が生じることはよくあります。それは、睡眠を誘発する「アデノシン」と呼ばれる物質がアルコール摂取することによって、その濃度を引き上げてしまうことによって起こります。

しかし、そのアデノシンに対して、お茶に含まれている「カフェイン」によりその効果を低下させ、覚醒させます。このことから飲酒による酔いを冷ます効果があるというのは肯けます。

このカフェインには、酔いや眠気をさましてくれる効果以外にも、「利尿作用」もあります。この利尿作用によって、水分が体外に出ていってしまうので、アルコール代謝によって水分やナトリウムが失われてしまうので、適宜水分補給(出来れば、ナトリウムを含んでいるスポーツドリンクがおすすめ)をするようにしましょう。

一方で、水分を外に出す効果があることで、体のむくみの解消につながります。適度にカフェインを摂取するのが良さそうです。

渋味成分の「タンニン」がアセトアルデヒドの生成を抑える

タンニンには、「酔いさまし」や「血圧を下げる効果」があるとされています。このタンニンには、アセトアルデヒドの生成を抑える働きがあるとされています。

2014年の昭和女子大学のマウスを使った研究「マウスのエタノール代謝における柿茶成分の影響」でも、柿茶の成分であるタンニンの効果について紹介されており、血中アセトアルデヒド量が抑えられていることが明らかにされています。

そのため、タンニンが多く含まれている「柿茶」は二日酔いや飲みすぎの時の飲むのがおすすめです!

【注意】二日酔いに「ビタミンC」が効果的ではない?!

多くの二日酔い関連の記事で、「ビタミンC」の摂取をおすすめしているものがあります。しかし、二日酔いに有効なエビデンスはないので、注意が必要です。

二日酔いに良い飲み方とおすすめのお茶・緑茶

◆ 二日酔いに効くお茶・緑茶の飲み方

二日酔いに効果的な飲み方についてですが、「熱めのお湯」と「多めの茶葉」がおすすめです。熱めのお湯に多めの茶葉を浸けることで、カフェインやタンニンを抽出しやすくするためです。

◆ちょっと注意 二日酔いに効果が期待できないお茶とは

烏龍茶:烏龍茶に含まれる「タンニン」の量が少ないことから緑茶より二日酔いの改善を期待するのは難しいかもしれません。また、利尿作用があるので、しっかりと水などで水分補給する必要があります。

麦茶:緑茶ほど「カフェイン」や「タンニン」が含まれていないので、「酔いさまし」や「眠気覚まし」にはなりません。しかし、麦茶はミネラルが豊富に含まれているので、そういった面では有効かもしれません。

◆おすすめのお茶・緑茶

二日酔いに効果的なカフェインやタンニンが含まれているお茶・緑茶にはどのようなものがあるのでしょうか?

柿茶

◆柿茶と二日酔い

柿茶には、渋み成分の「タンニン」が含まれています。また、先ほどご紹介した昭和女子大学の研究でも「柿茶」が血中アセトアルデヒド濃度の上昇を抑えられることが明らかにされています。

柿茶を投与したマウスとコントロールを投与したマウスとでは、血中アセトアルデヒド濃度が約20〜30%程度異なった結果となりました。(柿茶を投与した方が血中アセトアルデヒド濃度が低かった)

◆柿茶の効能

・血圧抑制
・抗菌効果
・ダイエット効果 など

◆おすすめの柿茶

(商品:柿茶ティーパック)画像をクリックするとAmazonへ

手っ取り早く柿茶を摂取したいという場合は、「ティーパック」形式がおすすめです!柿茶専門店で、創業70年以上の柿茶のお店としては老舗なので、安心。リピート率も非常に高く、しかも口コミも高評価!

ルイボスティー

◆ルイボスティーと二日酔い

ルイボスは、ノンカフェインで南アフリカのセダルバーグ山脈付近でしか育ちません。また、山脈で育つこともあり、ミネラルが豊富なことも特徴の一つです。

ルイボスティーは、ミネラルが豊富であることで二日酔いの原因となる「アセトアルデヒド」の分解を行う肝臓をサポートする働きがあるとされており、二日酔いによく効くお茶としても有名です。

また、SOD酵素という活性酸素を排出してくれる酵素も含まれており、これも二日酔いの時にフル稼働する肝臓をサポートする働きとして、二日酔いに効果的です。

◆ルイボスティーの効能

・リラックス効果
・ダイエット効果
・体質改善効果

◆おすすめのルイボスティー

(商品:ルボスティー お試しセット)クリックすると RT ROOIBOS TEAのページへ

RT ROOIBOSのルイボスは、全収穫量の0.3%しか取ることが出来ない最高級品質です。また、オーガニック茶葉なので、特に健康に気をつけている人にはおすすめです!

内容は、ルイボスティーの煮出し用とティーパック(ルイボスティーとグリーンルイボスティ)そしてパウダータイプのものも取り揃えています。また、ルイボスティーの美味しい飲み方もレクチャーしてくれるので、美味しく飲めること間違いなし。

【番外編】最強の健康茶「ギャバロン茶」

◆ギャバロン茶とは?

ギャバロン茶とは、二番茶や三番茶などの以前はお茶としての価値が低いとされていた茶葉を有効活用しようということで、独立行政法人食品総合研究所が「血圧抑制」を目的に開発した健康茶です。

このギャバロン茶は、茶葉を採った後に窒素ガスなどの不活性ガスの中に数時間寝かせて窒素処理をしたこと作られます。

◆ギャバロン茶の効果

ギャバロン茶は、「血圧抑制」の目的で作られました。そのため、「血圧上昇の抑制」の効果があります。ある研究では、ギャバロン茶をマウスに4週間投与したところ、10〜20%程度の血圧の低下を確認することが出来ました。

このように、血圧の抑制効果がありますが、これ以外にも下記のような効果があるとされています。

・動脈硬化予防
・脳卒中予防
・心筋梗塞予防
・殺菌作用
・ストレスの緩和

◆おすすめのギャバロン茶

 (商品:ギャバロン茶 ティーパック)画像をクリックするとAmazonへ

日本茶の中でも、伊勢茶は有名で、室町時代に伊勢の商人が全国各地に売って回ったのが始まりと言われています。そんな伊勢茶のギャバロン茶のお試しセットがおすすめです!

お茶・緑茶と一緒に摂っておきたい食べ物とは

二日酔いの原因は、アセトアルデヒドが残っていることが挙げられますが、飲み過ぎた翌日の症状に「頭痛」があります。この頭痛の原因になっているとされるのが、「低ナトリウム症」と「低血糖」です。また、肝機能が疲れ切っていることもあるので、それらを補完する食べ物がおすすめです!

はちみつ

緑茶は合わせづらいかもしれませんが、ルイボスティーなどと一緒にはちみつを合わせるのもいいかもしれません。はちみつは、フルクトースと呼ばれる分解がこれ以上出来ない「単糖」で、この糖分はすぐに吸収しやすいので、低血糖に陥って頭痛を引き起こしている場合は、「はちみつ」はおすすめです!

また、はちみつには、アルコール代謝で失われやすい「B1」を補完してくれるので、それも効果的です。

ご飯と梅干しで「御茶漬け」

ご飯で糖分の補給、そして梅干しでナトリウムとクエン酸を摂取して、二日酔いを撃退するのもありかもしれません。

 

コメントする

*
*
* (公開されません)