「公務員志望」から「お酒のトータルコディネーター」に転身 リカーショップサトウ4代目佐藤栄介

茨城県土浦市の「さん・あぴお」にある「リカーショップサトウ」の4代目の佐藤栄介さんに取材させていただきました。佐藤さんをご紹介していただいたのが、以前の「『チャレンジ』と『工夫』で新たな石岡酒造を追求」で取材させていただいた石岡酒造の冷水さんからのご紹介でこの取材が実現!

そこで、今回は、酒販店「リカーショップサトウ」を通じて学んだ佐藤栄介さんの「プロとして考えたお酒の面白さ」について、当記事でご紹介します。

26歳と若くて、バイタリティーのある佐藤さんですが、お酒の面白さや魅力をお客様に伝えるまでに、いくつもの課題や壁がありました。それを乗り越えて、新たな挑戦に挑む彼の言葉は、正直「26歳⁈」と思えるくらい、思想が豊かで、「今」を大事にするからこその吸収力があるように感じました。そんな彼に、「苦境にあったリカーショップサトウに入社した思いとその後の奮闘」について、取材させていただきました。

「ビール」から「日本酒」中心の店づくりにシフトした「リカーショップサトウ」

(左:佐藤栄介さん、右:SAKERECO担当者)

SAKE RECO:お忙しいところ、お時間を取っていただきまして、ありがとうございます。佐藤さんは、リカーショップサトウでお酒のお仕事に携わって、どれくらいなのでしょうか?

佐藤さん:今年で、「6年目」になります。最初の4年間は、「ガムシャラ」に取り組みました。「面白いこと」・「やりたいこと」・「伝えたいこと」はやれるだけやりました!「現状がこうだから」という固定概念にとらわれず、とにかく必死に(笑)そしたら、少しずつ周りや自社の状況がわかってきて、意図的に色々な取り組みを行えるようになってきたのが、「今」ですね。

SAKE RECO:「やれるだけやりました!」と明言できるなんてすごいですね!そしたら、まず「今」に至るまでの「リカーショップ」の歴史を教えてもらえますか?

佐藤さん:リカーショップサトウを運営しているのが、有限会社サトウです。その創業は、昭和23年になります。創業者の佐藤豊一郎は、軍医として医療を担っていた満州から引き上げてきた後、医療、飴、牛、酒の商売をするようになり、今の酒類販売に力を入れたと聞いています。そして、私が生まれた年、今から26年前に、現在の「さん・あぴお」の場所に「リカーショップサトウ」として出店しました。出店当初は、活気あるショッピングセンターで、多くの人が来店されていました。その時は、日本酒は置いてはいたものの、メインは「ビール」でした。ですので、当時の売上の約6〜7割が、「ビール」が占めていましたね。

リカーショップサトウカウンター写真

(リカーショップサトウカウンター前の写真)

SAKE RECO:リカーショップサトウを出店してからは、継続的に、多くのお客様がお酒を購入しに来られたんですか?

佐藤さん:それもそう長くは続かなかったんです。2000年の「長崎屋」破綻から大きく流れが変わります。このショッピングセンターのキーテナントになっていたのが、「長崎屋」だったんです。その当時、1階のフロアーは、長崎屋の食料品売り場、2階の半分は、長崎屋が運営するショップと、それらがなくなったことで、「シャッター通り」のようになりました。それだけでなく、当時、組合に加盟していた店舗の多くも撤退したので、一気にお客様もお店の数も減ってしまい、経営的にも厳しい状況に陥りました。

リカーショップサトウの日本酒がたくさん入ってる冷蔵庫

(リカーショップサトウ日本酒の冷蔵庫前の写真)

子供だった私は、その状況が、かなりショックで…。普段からよくお店にいたので、人が減っていくのが、とても寂しかったです。そういう状況にあって、両親の顔色を伺うことも多々あったように思います。10年近くそういった状況だったかなと思います。

SAKE RECO:ということは、その後、何か変化の兆しがあったということですか?

佐藤さん:危機的状況がすぐに改善された訳ではないのですが、2012年秋頃に、私が、リカーショップサトウで働くようになります。そして、日本酒を中心に据えたお店づくりにシフトして行きました。

「公務員志望」が「酒のプロ」へ

SAKE RECO:では、栄介さんがリカーショップサトウで働き始めるきっかけを教えてください。

佐藤さん:酒屋業には、全く興味はありませんでした。その理由は、父である社長からは常々、「うちは継ぐな!公務員になれ!」と言われていたので、私も「公務員になるもの」と思い込んでいました。ですので、入学した東洋大学までの1時間半の通学途中は、公務員試験のテキストを開いて、勉強していたくらい、本気で公務員試験を受験しようと考えていました。

そんな私が、「公務員になる」ことに疑問を持ちました。2012年7月12日の私の誕生日の出来事なんですが、誰かに祝ってもらうどころか、バイト先の居酒屋で、寂しく働いていたときの話です(笑)その日は、平日ということもあって、お店にお客さんがほぼいなくて、ずっと皿洗いしていたんです。ふと、皿洗いをしながら、「俺にとって、『本当にやりたいこと』って何だろう?」って考え始めたんですね。その時から、大学でも、友達にノートを貸すくらいだったのに、公務員試験の勉強するどころか、何をする気にならず、意欲が無くなってしまいました…。そして、引きこもりがちに…。

その時の生活は、荒んでたと思います…。大学が終わって地元に帰ってきた友達に誘われて、カラオケでオールして、朝帰り…。その繰り返し。遊んではいるものの、心の中では、「面白くないな…。」と。そんなときに、両親も「栄介、ちょっとおかしいぞ」と気づいて、「暇なら、店手伝え」と言われ、お店に出るようになりました。お恥ずかしいのですが、これが、リカーショップサトウで働き始めたきっかけです。

SAKE RECO:そんなご経験があったんですね。引きこもりがちな生活からお店に出るようになって、すぐに仕事には慣れましたか?

佐藤さん:そうですね、幼少期から仕事を見ていたので、レジ打ちや簡単な業務は、比較的、早く仕事は覚えられました。お酒の説明は、知識や経験がなかったので、社長や母に任せました。ただ、自分で説明したかったので、少しずつ「日本酒」について勉強するようになりました。社長や母に、「日本酒教えて欲しい」と言えなかったので、「日本酒」の本で勉強したり、「日本酒」を買って飲んだりしました。その時ですね、「あっ、これかもしれない」と直感的に思ったのは。そこから、「言葉を使って、説明する和酒の魅力」を感じるようになりました。

でも、実際は、お店に出始めたころは、お酒の説明には、苦戦しました。飲んだことのある銘柄が数十程度しかなかったので、提案できるお酒の幅が狭くて…。なので、「何かおすすめの日本酒ありますか?」と聞かれて、自分のおすすめのお酒を説明し尽くした後に、お客様から「他にありますか?」と聞かれると、提案に困ったり、説明に時間がかかったりしました。それから、お酒の味に対する「主観の幅」を広げようと、色々な銘柄を継続的に飲んでみるようにしました。

SAKE RECO:その他に、お酒について、「必死になってやったこと」はありますか?

佐藤さん:蔵元さんを出来る限り回らせてもらいました。酒業界やお酒の造り方を知らなかったので、酒造りに入れてもらったり、イベントに積極的に参加して、「全てが勉強」と思い、動き回りました。幸いにも、茨城の蔵元さんの次の世代を担う方々が、同世代であったり、私がお酒の仕事に関わるのと同時期に、蔵に戻った方が多くいらっしゃったので、色々と教えていただくことができました。

SAKE RECO:ご自身で日本酒の味わいを感じ、蔵元を巡って、酒造りの現場を知ったことで、お酒の提案にも変化が出てきたのかなと思いますが、栄介さんの中で、印象に残っているお客様へのお酒のご提案はありますか?

佐藤さん:何年か前の夏だったと思いますが、あるお客様が、「今晩、鮎なんですけど、それに合う、おすすめのお酒ありますか?」と聞いて来られて…。その時は、食事との食べ合わせを質問されるお客様が少なかったので、最初は、驚き、戸惑いました。食事と合わせるシミュレーションができておらず、即答することができませんでしたが、「俺だったら、何を合わせるんだろう」と必死に考えて、ご提案したことが、今の接客やご提案のベースになっています。

その時から、お客様がどんな「シチュエーション」で、お酒を飲んでいるのかを想像するようになりました。ですので、お客様がどんなシチュエーションでお酒を楽しまれるのかを聞かせてもらいながら、その場面をイメージした上で、接客やご提案をするように意識しています。また、この接客体験から、お客様からの質問に、「大喜利」のように、いかに即答できるかに燃えるようになりました(笑)

消費者に寄り添うお酒のトータルコーディネーター

SAKE RECO:「シチュエーション」を想像する大切さに気づいたきっかけはありましたか?

佐藤さん:この「さん・あぴお」に、ショールームがあるのですが、そのオーナーさんから、「家造りは、どういう暮らしをしたいから、こんな家になる」ということを教えていただきました。その時に、自分の中で、「これって、お酒も一緒なんじゃない⁈」って思ったのが、きっかけです。

例えば、「『カツオ』と一緒に楽しむお酒と言えば、高知の『酔鯨』がおすすめ」というように、「こんな楽しみ方をするために、『どんなお酒』がいいのか?」を考えるようになりましたね。そう考えると、お酒を楽しむお客様は、「お酒の楽しみ方」を知っている「お酒の楽しみ方のプロ」なんじゃないかって思うようになりました。そこから、お酒のスペックだけ説明できるお酒のプロではなく、お酒のスペックはもちろん、「お酒をより楽しんでもらえるような消費者に寄り添うお酒のプロ」になりたいと思うようになりました。

お酒のスペックは、私たち酒販店では変えられないけど、よりお酒を楽しんでもらうには、「誰と」「どんな生活感で」「どんな食事と」酒を楽しみたいのかを聞いて、「お酒を楽しむ」ことを最大限に楽しんでもらえたらいいなと思います。このシチュエーションを聞くことで、「お酒の楽しみ値」は変えることができると思っています。

リカーショップサトウの佐藤栄介さんのお酒の楽しみ方

(佐藤栄介さんのお酒の楽しむ方程式のイメージ図)

SAKE RECO:お話を聞かせてもらっていて、ご自身の公務員志望から引きこもり生活からのお酒の仕事への熱意ある取り組みや厳しい状況からの会社の「日本酒」中心への店づくりと言ったように、困難な状況をプラスに変えているような印象を受けるのですが、その根っこには何があるのでしょうか?

佐藤さん:サッカーをやっていた時に身についた「『今の状況をよくしたい』と考える習慣」なのかなと思います。小中高とサッカーをしていて、高校の時は、入学当初、特別に強いチームという訳ではありませんでした。そのチームで、キャプテンをやらせてもらうことになり、「どうやったら、勝てるチームになるんだろう」と常に考えていました。その習慣は、今の仕事でもあって、私が入社する前は、会社自体、累積赤字が続いていたのですが、私なりに、「これをいい状態にするために、どうすればいいのか」を、ずっと考えていました。なので、どこに行っても、「全てが勉強」と思っていて、あらゆるものが勉強源になっています。

次回は、リカーショップサトウの酒販店としての展望について、お話をお伺いしましたので、ご紹介しようと思います。

リカーショップサトウの佐藤栄介さんをご紹介していただいた「石岡酒造」さんの記事はこちら

『チャレンジ』と『工夫』で新たな石岡酒造を追求  石岡酒造株式会社 女性蔵元:冷水貴子さん、広報・蔵人:藤井祐未さん

【詳細情報】

住所:茨城県土浦市大畑1611
電話番号:029-862-1310

公式サイト:https://www.sake-ibaraki.com/
Facebook:https://www.facebook.com/liquor.shop.sato/
Twitter:https://twitter.com/sakezuki_a_chan
Instagram:https://www.instagram.com/lss_eisuke/

コメントする

*
*
* (公開されません)