これからの寒い季節必見!日本酒の熱燗の魅力とおすすめの作り方を紹介!

これからの寒い季節必見!日本酒の熱燗の魅力とおすすめの作り方を紹介!

いよいよ、秋も深まり、本格的な寒い冬のシーズンに入ってきます。そこで今回は、熱燗についてご紹介します!「熱燗にすると何故味が変わるのか」や「美味しい熱燗の作り方」についてご紹介します!

結構知らない熱燗の名前とは⁈

実は、熱燗には、温度によって、呼び名が変わるのをご存知でしょうか?こんな感じで、呼び名が変わります。

 
飲み頃温度
肌感覚の温度
香りや味わい
とびきり燗55度徳利が熱いので、タオルを巻いて持つ程度キリッとした香りで、より辛口が引き立つ
熱燗50度徳利本体から湯気が出ていて、我慢して持てる程度シャープな香りが引き立ち、辛口の味わいが広がる
上燗45度徳利は持てる程度の熱さで、注いだ時に、湯気が出る引き締まった香り
ぬる燗40度熱くない香りはよく香り、その日本酒が持っている特徴がよく現れる
人肌燗35度温かく感じるほんのりと柔らかい香り。丸みのある味わい。
日向燗30度熱さはほぼ感じないほんのりとした香り

温度によって、香りや味わいが変化しますので、ぜひ、様々な温度で日本酒の燗を楽しんでみてください!

温まるだけじゃない⁈熱燗にすることで感じる旨味の極意

イベント会場などに行くと、あえて「冷酒」と「熱燗」にして飲ませてくれる蔵元さんやブースがあります!それは、彼らが、その日本酒が持つ旨味成分を理解して、美味しい飲み方を考えてくれているからです。では、何故、熱燗にすることで、体を温めるだけではなく、「美味しい味わいやいい香り」を感じることができるのでしょうか?

温度が関係していた⁈旨味成分の本性とは?

日本酒に含まれる旨味成分の多くは、アミノ酸乳酸です。これらの旨味成分は、お出しをとる時の昆布のように、温度をあげてあげることで、旨味として、溶け出してきます。ですので、酸度が高いものであれば、一度熱燗にするのがおすすめです!

特に、アミノ酸の中でも、熱燗にすると旨味がよく出るのが、「コハク酸」です。では、コハク酸乳酸は、熱燗にするとどのような特徴が出てくるのでしょうか?

コハク酸

コハク酸は、貝類などに含まれる旨味成分です。コハク酸が多く含まれると、舌がヒリヒリするような「えぐみ」が出てしまうことがあります。ただ、お燗(人肌燗〜ぬる燗:35〜40度程度)にすると、味わいはまろやかになり、香りもほのかに日本酒らしい香りを楽しむことができます。

熱燗でコハク酸の旨味が感じられるおすすめ日本酒

特徴:常温は、少し尖った辛口の味わいをしていますが、お燗(40度程度)にすると、香りはまろやかになり、味わいは、常温の時とは異なり、丸みが出てきて、辛さとうまくマッチングします。できれば、酒盗や塩辛と一緒にちびちび飲みたいものです。ちなみに、末廣酒造さんから教えていただいて、サケレコも体感しているので、間違いなしです!

乳酸

乳酸は、日本酒造りには、欠かせない成分の1つです。それは、日本酒を造る過程で、雑菌効果があるためです。乳酸の力が強い日本酒は、冷酒では、ヒリヒリとした味わいが出てきたり、酸味が強く感じられたりします。ですので、こちらもお燗(人肌燗〜ぬる燗:35〜40度程度)にすると、飲みやすくなります。特に、生酛や山廃などのお酒はこの部類に入ることが多いので、お燗にしてみてもいいでしょう。

熱燗で乳酸の旨味が感じられるおすすめ日本酒

特徴:こちらも菊姫さんから直接教えてもらいました!おすすめしてもらう時に、「山廃の熱燗もいいんだけど、やっぱりおすすめは、特撰純米酒かな」と言ってもらい、即飲んでみると、味わいは少し酸味を感じながら、まろやかなのが特徴です!チーズ系とも合いそうです!

美味しい熱燗の作り方とは⁈

では、自宅で美味しい熱燗を作りたいとき、どんな方法で作ればいいのでしょうか?「熱湯編」と「レンジでチン編」の2つをご紹介します!

美味しい熱燗の作り方〜熱湯編〜 ☆おすすめの作り方

①お酒を徳利に入れます。(※徳利の8分目〜9分目まで入れてください)
②徳利にラップをかけます。(→香りの成分が飛ばないように)
③鍋などにお水や熱湯を入れて、徳利を入れ、徳利が半分くらい水に浸かるか確認します。(確認後、徳利を一旦取り出します。)
④火をかけて沸騰してきたら、火を止め、余熱で徳利を温めます。
【ここで注意!】
時間をかけて温めすぎてしまうと、アルコール成分までも飛んでしまうので、短時間で温めることをおすすめします。

美味しい熱燗の作り方〜レンジでチン編〜 ※すぐ飲みたい方必見!

①お酒を徳利に入れます。(※徳利の8分目〜9分目まで入れてください)
②徳利にラップをかけます。(→香りの成分が飛ばないように)
③1合の場合、500wの電子レンジで、約40秒ほど温めます。
【ここ大事!】
電子レンジでは、日本酒の上部だけが温まってしまうこともあるので、500wの場合、20秒ほどしたら、一度止めて、振るやかき混ぜるなどして、お酒全体の温度を均一にすることをおすすめします。

熱燗を美味しくさせるおすすめツール

おすすめ電気ちろり

TWINBIRD 酒燗器 ブラック TW-D418B

特徴:4段階の温度設定が可能。(37 〜 60℃:人肌燗 / 上燗 / 熱燗 / とびきり燗)一合半の日本酒が、13分で熱燗になっちゃう優れものです。

丸山技研 酒燗器 2.5合(約450ml)MSK-252

特徴;3段階の温度設定が可能。(40 〜 55℃:ぬる燗 / 熱燗 / とびきり燗)二合半の容量をお燗にすることができて、しかも内部に水位計もあるから安心安全で、熱燗ライフが楽しめます。

まとめ

①酸度が高い日本酒は、熱燗に合うかも
②山廃や生酛などの乳酸が多く含まれている日本酒は、熱燗おすすめ
③自宅で熱燗にする時は、できれば、お鍋で作るのがおすすめ
④熱燗を作る電気ちろりも数多くあるので、熱燗好きにいいかも

 

The following two tabs change content below.
SAKE RECO 編集長

SAKE RECO 編集長

日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。以前から日本ワインは勉強中!

【石岡酒造と恵比寿今市の日本酒コースイベント】

コメントする

*
*
* (公開されません)

スポンサードサーチ