石川県の名湯山中温泉にある獅子の里で有名な「松浦酒造」とは⁈

石川県の中でも、温泉地として知られている加賀温泉駅から車で20分ほどしたところに、かつての名首相が滞在された山中温泉に江戸時代から愛される酒蔵があるのをご存知でしょうか?今回は、山中温泉の中心地にある獅子の里で有名な「松浦酒造」をご紹介します!

松浦酒造とは?

江戸時代から続く松浦酒造さんは、これまでも多くの品評会やコンクールで、上位受賞をされ、生産規模は小さいながらも、かなりの存在感を放ち続けています。そんな松浦酒造の場所から見て行きましょう。

松浦酒造がある山中温泉とは⁈

石川県には、数多くの有名な温泉地があります。その中でも、福井県との県境にある加賀市は、「加賀温泉駅」と名前がつくほど温泉地が集まっている地域です。そもそも加賀温泉とは、「粟津温泉」・「片山津温泉」・「山代温泉」・「山中温泉」があります。今回、ご紹介する松浦酒造は、その中でも「山中温泉」にあります。

山中温泉は、開湯から1,300年の歴史があるとされており、その開湯は、歴史の授業でも習った奈良時代の行基という伝説もあるほど、歴史ある温泉地です。

また、それだけではなく、松尾芭蕉も扶桑の3名湯と称するほどとされ、その後も歴代の総理大臣が山中温泉で休まれたそうです。それほど、名湯ということですね。

松浦酒造とは⁈

獅子の里公式サイト

松浦酒造さんは、1772年(安永元年)に創業しました。現在は、約600石ほどの小規模生産でありながら、松浦酒造の代表銘柄「獅子の里」のファンは、全国にいるほどです。

その松浦酒造さんの代表銘柄「獅子の里」の名前に由来する「獅子」には、あるストーリーがあります。
かつて、この地域の旅館・宿には、館内に、温泉がありませんでした。そのため、街の中心部にある湯座屋(温泉に入るところ)まで行かなければなりませんでした。そこで、湯女という案内役が、その湯座屋まで誘導しました。その湯女の着る衣装が、頭から浴衣をかぶったようなもので、それが、獅子に似ていたことから、「獅子の里」という名前に繋がったそうです。

松浦酒造に潜入してみました!

上の写真は、松浦酒造の直営店の表玄関です。この建物では、松浦酒造で生産している日本酒の販売の他にも、松浦酒造の日本酒の試飲コーナー(¥200)、酒粕ソフトクリーム(¥400)などがあります。

また、山中温泉が、加賀温泉駅や北陸道から離れているところにあるため、お車でお越しになられる方も多いかと思います。6台ほどが駐車できるスペースがあります。

こちらは、表玄関横に置かれている日本酒の瓶ラベルの旗です。では、次に実際に店内に入ってみましょう!

店内に入ると、中央に「獅子の里」の垂れ幕が下がっています。

そして入り口すぐのところに、吉田類の「酒場放浪記」の色紙があり、有名人にも銘酒と言わせる獅子の里の凄さを実感することができます。お会計・受付では、獅子の里の酒粕を使った「酒粕ソフトクリーム」を食べることができます↓

食べてみると、甘さ控えめて、最後の方に、鼻から酒粕の香りが抜けてくるのを感じることができます!ぜひ、行かれた際は、ご賞味あれ!

松浦酒造のおすすめ銘柄

それでは、この松浦酒造のおすすめ銘柄を3つご紹介します!

特別純米 超辛純米 (右:秋あがり)

香り:★★☆☆☆
酸味:★★☆☆☆
甘口:★★★★☆:辛口
淡麗:★★☆☆☆:濃厚
キレ:★★★★☆
コク:★☆☆☆☆
使用米:石川門
精米歩合:65%
アルコール度数:15度
冷や ◎ 常温 ◯ 熱燗 ◯

特徴:「超辛」と書いていますが、辛口がすごいというよりは、キレがしっかりしています!なので、油を流してくれるので、お肉料理などにも合わせやすいのが特徴です!お米の味わいもしっかり感じられます!

純米吟醸生 無垢

香り:★★★☆☆
酸味:★★☆☆☆
甘口:★★★☆☆:辛口
淡麗:★★★☆☆:濃厚
キレ:★★☆☆☆
コク:★★★☆☆
使用米:八反錦
精米歩合:60%
冷や ◎ 常温 × 熱燗 ×

特徴:季節数量限定の日本酒で、12月下旬から3月頃までしか販売していない日本酒です。飲み口が柔らかく、飲みやすい日本酒。また、瓶の底に、うっすらと白いおりがらみがあり、半分くらいまで普段通りのように飲んだあと、瓶をひっくり返して、おりを混ぜて飲んでみると、コクがあり、味わいがまた変わります!

活性純米吟醸生酒 鮮

香り:★★☆☆☆
酸味:★★☆☆☆
甘口:★★★☆☆:辛口
淡麗:★★★☆☆:濃厚
キレ:★★☆☆☆
コク:★★★☆☆
精米歩合:60%
アルコール度数:60度
冷や ◎

特徴:生きた酵母をそのまま瓶詰めしたシャンパーニュタイプの純米吟醸酒です。香りは、シャンパンのように華やかで、なおかつ泡は、きめ細やかなので、飲みやすさも抜群。和食はもちろんのこと、洋食やイタリアンなどのお料理にも合わせやすいのが特徴です!

補足:2013年に政府主催のアフリカ開発会議の公式晩餐会で乾杯酒として選ばれました。そのメニューがこちらです↓

まとめ

松浦酒造さんはいかがだったでしょうか?加賀温泉にご宿泊の際は、ぜひご賞味ください!

The following two tabs change content below.
SAKE RECO 編集長

SAKE RECO 編集長

日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。以前から日本ワインは勉強中!

【石岡酒造と恵比寿今市の日本酒コースイベント】

コメントする

*
*
* (公開されません)

スポンサードサーチ