二日酔い予防に効果的な『酢酸菌』を含む食べ物とは?

飲み過ぎてしまって、翌日に辛い二日酔いに悩むことはなるべくなら避けたいものですよね。そんな二日酔い予防になるのが、『酢酸菌』です。酢酸菌は、アルコールを酢酸に変えてくれる働きがあり、いわば『第二の肝臓』です。そこで今回は、『酢酸菌』を含む食べ物をご紹介します。

二日酔い予防が期待できる「酢酸菌」とは?

二日酔い予防や肝臓の負担をかけないような働きを持つ酢酸菌についてご紹介していきましょう。

肝臓と同じようにアルコール分解ができる酢酸菌

実は、お酢から取れる成分である「酢酸菌」には、肝臓が持っている酵素と同様に「アルコール分解酵素」が含まれています。

そのため、最近では、お酢を摂ることでそれに含まれているアルコール分解酵素を働かせ、肝臓に負担をかけないようにアルコール分解することの研究が進んでいます。

アルコールに出会うとすぐに分解開始?!

酢酸菌には、肝臓が持っている「アルコール脱水素酵素」と「アセトアルデヒド脱水素酵素」の二つの酵素を持っています。

しかし、重要なのは、その酵素がどこにあるかということです。今わかっているのが、「アルコール脱水素酵素」は酢酸菌の表面に剥き出しになっています。

そのため、アルコールが酢酸菌に出会った時から分解反応が始まります。そして、アセトアルデヒド脱水素酵素により、最終的に胃や小腸などで酢酸へと変化していきます。

古くからお酢は酔い覚ましだった

お酢は、日本だけでなく、海外でも古来から重宝されていました。日本では、江戸時代の書物「隋息居飲食譜」に「酒の酔い覚ましに効果あり」と記載されていました。

なお、この頃のお酢とは、現在のように透明なお酢ではなく、「にごり酢」でした。このにごりは、酢酸菌の塊と考えると、その効果は昔から言い伝えられてきました。

酢酸菌の肝臓への影響

上記のように、酢酸菌には、アルコールを分解する働きがありました。では、実際の効果はどれくらいあるのでしょうか?

それを知る手がかりが、二つの研究発表からわかります。

アルコール濃度の上昇を抑制

女子栄養大学の田中明教授とキューピーの共同研究による日本食品化学工学会第62回(2015)では、酢酸菌を配合したカプセルとプラセボ(酢酸菌を含まないカプセル)を40〜60代の健康な成人男性7名に服用してもらいました。

その結果、呼気アルコール濃度も血中アルコール濃度も常にプラセボを摂取した場合に比べて、酢酸菌を配合したカプセルの方が抑制されていました。

キューピー研究開発ページ「キューピーと酢酸菌」より拝借しています)

キューピー研究開発ページ「キューピーと酢酸菌」より拝借しています)

【二日酔いを予防するためのおすすめ記事】

酢酸菌を多く含む食べ物や飲み物

それでは、二日酔い予防が期待できる「酢酸菌」を多く含む食べ物や飲み物には、どのようなものがあるのでしょうか?

カスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルトは、クレモリスという乳酸菌とアセトバーター菌という酢酸菌で作られています。

カスピ海ヨーグルトには、「血糖値上昇抑制」や「血中コレステロール値の改善」、「免疫力活性」などの効果があります。

紅茶キノコ(KOMBUCHA)

スコビー菌のイースト菌と酢酸菌により作られる紅茶キノコ。今では、「KOMBUCHA」の方が馴染みがあるかもしれません。

これを摂取することで、「コレステロール値の抑制」や「ダイエット効果」、「肝臓の解毒作用」が期待されている。

にごり酢

にごり酢は、ろ過する前のお酢の状態のことで、沈殿したり、濁っていて、現在スーパーなどで販売されている透明のものとは異なります。

このにごり酢には、三大にごり酢なるがあります。

黒酢(日本)

玄米を発酵源として、長時間の発酵・熟成で作られたお酢です。最近では、黒酢ドリンクも人気になっています。

効果には、「抗酸化作用」や「肝機能改善」があります。

香酢(中国)

中華料理などでも調味料として使われる「香酢」。原料はもち米で、名前の通り、香りが華やかなのが特徴です。

ただ、日本ではあまり馴染みがないかもしれません。

効果には、「高血圧改善」や「疲労回復」、「便秘改善」があります。

バルサミコ酢(イタリア)

原料はぶどうで、ポリフェノールが豊富に含まれていることから、若返りを意味する「バルサミック」を語源としています。

効果には、「抗酸化作用」や「コレステロール値の抑制」、「むくみ解消」、「代謝促進」などが挙げられます。

おすすめの酢酸菌サプリ

(商品:よいとき)画像クリックするとAmazonページへ移行

酢酸菌が1億個で、にごり酢を1,000倍濃縮しているので、酢酸菌が豊富に含まれています。また、一袋で2粒入っているので、持ち運びも簡単です。

個人的に飲んだ感想ですが、飲食の30分前に飲むことをおすすめします!

また、会食などで、自分が年少者の場合、飲まざるを得ないことも多々あるかと思います。その場合、飲み会の前に「黒酢ドリンク」を飲むのがおすすめです!

 

コメントする

*
*
* (公開されません)