即完売する南大東島のラム酒「CORCOR(コルコル)」とは

沖縄県の南大東島で作られているラム酒「CORCOR(コルコル)」をご存知でしょうか?沖縄の上質なさとうきびを使って作られる「CORCOR」の中でも、特に、「AGRICOLE(アグリコール)」というラム酒は、即完売になってしまうほどのリピーターが続出するほどの人気です。そこで今回は、「CORCOR AGROCOLE」について、ご紹介します!

南大東島のラム酒「CORCOR」とは?

CORCORメーカー「グレイスラム」とそのストーリー

沖縄県の南大東島は、沖縄本島から空路で360km、海路で392km、東に離れた島です。そこで作られているラム酒が、株式会社グレイスラム(以下、グレイスラム)が作っている「CORCOR」です。

グレイスラムは、2004年3月にお酒好きだった代表の金城祐子さんが、ラム酒がさとうきびから作られていることを知り、「沖縄のさとうきびでラム酒が作れるかも?」ということで、沖縄電力の社内ベンチャー制度で設立した会社です。

実は、この物語が、原田マハさんの「風のマジム」という本にもなっていて、この本では、主人公の伊波まじむが、おばあの勧めで飲んだ「風が育てた酒」を飲んで、この酒を作りたくなるところから始まります。

主人公まじむが、周りの人に助けられながら、コツコツと必死に酒造りに挑むストーリーで、ますます「CORCOR」を飲んでみたくなると思います。

ぜひ、「風のマジム」を読んで、「CORCOR」を味わってもらえたらと思います。Instagramでも、d.kondo さんのように、「風のマジム」と「CORCOR」で楽しまれている人もいるようです!

https://www.instagram.com/d.kondo/

created by Rinker
講談社
¥726 (2020/09/17 20:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

CORCORの種類

CORCORは、砂糖を作る時に出る「糖蜜(モラセス)」から作る「アンデュストリエル(工業生産ラム)※別名:インダストリアル製法」、また「さとうきびの搾り汁」をアルコール発酵させて作る「アグリコール(農業生産ラム)」の2種類があります。

〜 CORCOR (レッドラベル) 〜

(商品名:CORCOR (レッドラベル)):画像をクリックするとAmazon商品ページに移動します

「アンデュストリエル」のラム酒の原料である「糖蜜(モラセス)」は、長期保存することができることから、1年を通して、生産することが可能なため、世界のラム酒の9割8分〜9分がこの手法で作られています。この作り方で作られているグレイスラムのラム酒は「CORCOR (レッドラベル)」です。

容量:720mL(ミニサイズあり:300mL)
アルコール:40%
created by Rinker
グレイスラム
¥3,499 (2020/09/17 20:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

お試し飲みやCORCOR AGRICOLE(グリーンラベル)との飲み比べをご希望の方は、下記のミニラベルがおすすめです!

created by Rinker
グレイスラム
¥1,526 (2020/09/17 20:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

〜 CORCOR AGRICOLE (グリーンラベル) 〜

 (商品名:CORCOR AGRICOLE (グリーンラベル)):画像をクリックするとAmazon商品ページに移動します

「さとうきびの搾り汁」をアルコール発酵させて作る「CORCOR AGRICOLE(グリーンラベル)」。このアグリコールというラム酒の作り方は、アンデュストリエルと異なり、比較的新しい手法です。

しかし、収穫後のさとうきびの搾り汁を使わなければならないことから、さとうきびの栽培を行っている地域でしか作ることができません。そのため、世界のラム酒でも、1〜2%しか作られておらず、現在では、フランス領のマルティニーク(ドミニカ共和国・プエルトリコ・ベネズエラに近い)とレユニオン(マダガスカル島の東にある島)で作られる以外は、この南大東島で作られるこのラム酒しかありません。

しかも、無添加・無着色ということもあり、非常にその価値が高いです!そして、一本一本手作業で作られているのも、感動の一つ。

そのため、希少性が非常に高く、年間大小合わせて6,000本程とのことで、売り切れや在庫が無くなってしまうと来年まで待たなければなりません。ですので、ファンの方は、数本単位で購入される人も多いのだそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

原田マハの小説「風のマジム」のモデルになった金城祐子さんが作る南大東島のアグリコールラム「CORCOR(コルコル)」 新潟伊勢丹の沖縄展で。 サトウキビのスッキリとした柔らかな甘さを軽やかに舌の上に感じるお酒。 小説ですっかりファンになっていたマジム=金城さんにやっと会えたことが1番の感激。 この女性が抱いた途方も無い夢から全て始まったんだよね。 また「風のマジム」を読みながら、じっくり味わおう。 #アグリコールラム #風のマジム #コルコル #corcor #ラム酒 #アグリコールラム酒 #南大東島

Takehito Sasaki(@oldtowndessertcompany)がシェアした投稿 –

容量:720mL(ミニサイズあり:300mL)
アルコール:40%
created by Rinker
グレイスラム
¥5,341 (2020/05/10 11:47:34時点 Amazon調べ-詳細)

お試し飲みやCORCOR AGRICOLE(グリーンラベル)との飲み比べをご希望の方は、下記のミニラベルがおすすめです!

CORCOR AGROCOLEをおすすめしたい訳とは

先ほど、簡単にご紹介しましたが、CORCOR AGRICOLEは、希少性も高く、多くのファンがいるラム酒です。そこで、次は、このAGRICOLEの風味をご紹介したいと思います。

甘くて、丸みのある香り

CORCOR AGRICOLEは、40%なので、かなりアルコール臭が強いのかなと思いきや、ボトルキャップを開けると「甘くて、べっこう飴のように丸みのある香り」が漂います。

冷やすと、香りが弱まってしまうので、香りを楽しみたい方は、ぜひ、「常温」で保管されることをおすすめします。


甘くて、丸みのある優しい香りを楽しむなら常温で!

とろっとした舌触りと柔らかい甘さ

香りからも甘さを感じられるのですが、実際に飲んでみると、舌で少しとろみが感じられるような感覚があります。また、甘さは、高いアルコール度数を和らげてくれるような感じです。にも関わらず、最後は、さっぱりしているので、後味もすっきりしています。


最後に高いアルコールを甘みが和らげてくれて、スッキリと飲める

では、CORCORの美味しい飲み方をご紹介します!

SAKE RECO 編集長
日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)