果実酒におすすめのホワイトリカー

梅酒やりんご、杏、レモンなどで作る果実酒が、男性女性問わず人気となっています。そこで、果実酒におすすめのホワイトリカーをご紹介します。

ワイトリカーとは

ホワイトリカーとは、「甲類焼酎」と呼ばれる無味無臭の焼酎です。ですので、使用する果実などによって、すっきりとした癖の少ないお酒を作ることに適しています。

その一方で、「甲類焼酎」に対して、「乙類焼酎」とは、本格焼酎とも呼ばれ、芋焼酎や米焼酎などの原料の風味を存分に楽しめる焼酎です。

ぶポイント

1. アルコール度数

果実酒用のホワイトリカーのアルコール度数は、35%程度の高いアルコール度数が良いと言われています。果実の成分が浸み出しやすく、保存もしやすいとの利点もあります。また、カビや味の劣化の抑制にも寄与します。

2. 容量

漬け込む果実の量に対して、どのくらいの容量が必要なのかを計算しておく必要があります。

実酒作りで必要グッズ

1. 容器

容器は、なるべく、漬け込むホワイトリカーの量の2〜2.5倍の容量が入る器が良いかと思います。販売しているホワイトリカーの量でもっとも多いのが、1.8Lですので、その場合、4リットル程度の容器を用意すると良いでしょう。

おすすめの果実酒用の容器(4L)

(商品名:アデリア 梅酒・果実酒びん 復刻 梅びん 4L レードル付き):画像をクリックするとAmazon商品ページに移動します

おすすめポイント:容量は、4Lなので、だいたいのホワイトリカーの量を網羅することができます。また、漬け込んだ時に、かき混ぜたり、味見をするための「レードル(スプーンのこと)」が付属しているので、使い勝手がいいので、おすすめです!

2. 糖類

果実酒を作るときは、純度が高い氷砂糖がおすすめです。純度が高いことで、果実の成分がスムーズに溶けるためです。そもそも、砂糖の中でも、氷砂糖が一番純度が高いと言われています。果実酒を作るときは、ホワイトリカー1.8Lに対して、果実を1kg程度、そして、氷砂糖を200〜250g程度を用意するといいでしょう。

おすすめの果実酒用の氷砂糖

(商品名:中日本氷糖 国産原料 ロック 1kg):画像をクリックするとAmazon商品ページに移動します

おすすめポイント:コスパがもっともよく、国産原料100%ということもあり、多くのリピーターが購入するほど。

すすめの果物

  • りんご
  • いちご
  • パイナップル
  • レモン
  • ミント
  • アロエ
  • 青じそ

すすめホワイトリカー

① 一風 ホワイトリカー 35度 1800ml

(商品名:一風 ホワイトリカー 35度 1800ml 果実酒用):画像をクリックするとAmazon商品ページに移動します

アルコール度数が35%で、比較的、甘さ控えめな印象のホワイトリカーです。ですので、好みに合わせて、「氷砂糖」や「蜂蜜」などを加えて、甘さ加減を調整してみるのがおすすめ。

また、個人的な印象ですが、熟成期間を伸ばせば伸ばすほど、コクとまろやか感が出てきて飲みやすくなった印象があるので、味見をしつつ、好きな状態で開けるのがいいかもしれません。

一風 ホワイトリカー 35度 1800ml 果実酒用
一風 ホワイトリカー

② 司焼酎果実酒用 ホワイトリカー 35度

(商品名:司焼酎果実酒用 ホワイトリカー 35度):画像をクリックするとAmazon商品ページに移動します

先ほど、ご紹介した「一風」と同様の「美峰酒類」というメーカーのホワイトリカーです。こちらの方が、「一風」に比べて、すっきりとしていて、なおかつ、1本あたりの価格がお手頃なので、大量購入する人も多いほど。

このホワイトリカーであれば、初心者でも果実酒を作りやすいかと思います。

【焼酎甲類】35度 司焼酎果実酒用 ホワイトリカー1800mlパック【1ケース】6本入り
美峰酒類

【番外編】梅酒作りにおすすめの日本酒

(商品名:苗場山 果実酒用 梅酒用 日本酒):画像をクリックするとAmazon商品ページに移動します

熟成3年ということもあり、まろやかな旨味が特徴です。日本酒度も10度あり、すっきりとした辛口なので、梅酒の甘みと絶妙なバランスでマッチしてくれるので、おすすめです!

【番外編】意外に美味しい梅酒が作れるおすすめのブランデー

(商品名:サントリー 果実の酒用 V.O):画像をクリックするとAmazon商品ページに移動します

ブランデーで梅酒を作った場合は、通常ホワイトリカーなどでは、熟成期間半年以上かかるのに対し、ブランデーで漬け込むと約3ヶ月ほどで、ブランデーの甘みと梅の酸っぱさをうまくマリアージュできますよ〜!

いかがだったでしょうか?お好みの果実酒をご自宅用に作ってみてはいかがでしょうか?

SAKE RECO 編集長
日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)