薬用酒「イエーガーマイスター 」の美味しい飲み方

イエーガーマイスターとは?

イエーガー(Jäger)とは、日本語で「狩り」を意味しています。また、「マイスター(meister)」は、「達人」を意味しています。

このイエーガーマイスターは、狩の達人である狩人のお祝いのドリンクとして飲み始められました。では、現在飲まれている「イエーガーマイスター」は、誰の手によって作られ始めたのでしょうか?

イエーガーマイスターは、カートマスト氏によって、作られました。最初、56個のボタニカル原料をブレンドしてことが始まりとされています。

created by Rinker
イエーガー マイスター
¥1,945 (2020/12/03 07:44:08時点 Amazon調べ-詳細)

イエーガーマイスターの特徴

アルコール度数

ドイツのマストイエーガー社で製造されているイエーガーマイスターは、アルコール度数「35度」と高いお酒です。また、オーク樽で1年間熟成されているので、琥珀色の深みがあり、味わいもまろやかです。

味わい

イエーガーマイスターは、日本でいう「薬用養命酒」のような、生薬やハーブが多く含まれています。なので、スパイシーで締まった味わいが特徴です。ただ、オーク樽で熟成しているので、まろやかですよ!

【配合されている生薬・ハーブ】
シナモン、生姜、カルダモン(よくカレーにも入っています)、オレンジピール、ミント、マテ、フェンネル、カモミール、ラベンダーなど

イエーガーマイスターの飲み方

イエーガーマイスターは、ショットで飲むことが多いようです。ドイツでは、スーパーのレジなどの横にガムなどと一緒に置かれていることも。それぐらいイエーガーマイスターは、日常に飲まれているお酒なんです。

では、イエーガーマイスターの飲み方はというと・・・

ショット

テキーラもそうだが、「冷凍庫」でキンキンに冷やしてショットで飲むのが定番です。ボトルを冷凍庫で冷やしてもいいですし、ショットに注いでから冷凍庫に入れても大丈夫です!

「凍ってしまうんじゃない?」と思うかもしれませんが、冷凍庫に入れても、口触りがトロッとし、よりまろやかにイエーガーマイスターを楽しめます。

with ホットミルク

イエーガーマイスターとホットミルクと一緒に飲むのもおすすめです。ドイツでは、風邪をひくと、イエーガーマイスターとホットミルクをブレンドして飲む習慣があるほど。

寝る前に、ちょっと一息で飲むのも安眠効果に良いですよ!

コーラ割り

イエーガーマイスターのコーラ割りは、イエーガーマイスターを飲んでいる人であれば、定番中の定番の割り方なようです。イエーガーマイスターのハーブの香りとコーラの甘さがコラボレーションして、美味しいです。

【おすすめ】トニック割り

トニックウォーターは、ジントニックの割り材でもあるので、ボタニカルとしてハーブや生薬などを使っていることが多いので、イエーガーマイスターとの相性が良い傾向にあります。

特に、イエーガーマイスターと相性が良いトニックウォーターをご紹介します!

友桝飲料 n.e.o.プレミアムトニックウォーター

沖縄産シークワーサーを使用して、苦味と香りがしっかりしたトニックウォーターです。バーテンダー監修ということもあり、イエーガーマイスターなどのハードリカーにも合わせやすいです。

フェンティマンス トニックウォーター

ボタニカルの原材料は、天然由来のみです。この製造工程は、100年以上もの間受け継がれています。ジンに含まれるハーブ「ジュニパーベリー」も配合されているので、イエーガーマイスターとの相性もバッチリ!

created by Rinker
フェンティマンス
¥3,990 (2020/05/09 18:46:32時点 Amazon調べ-詳細)

新しいイエーガーマイスター

日本でも、薬用酒が少しずつ人気になってきています。そんな中、イエーガーマイスターの種類がいくつか入ってきています。

イエーガーマイスターホットジンジャー

イエーガーマイスターホットジンジャーは、これまでキンキンに冷やして「ショット」で飲むという定番の逆をいった種類のお酒です。でも、ドイツでは、ホットミルクと一緒に飲むイエーガーマイスターですから、ホットジンジャーの風味が加わって、ホットでも美味しく飲めること間違いなしです。

味は、スパイシーでかつスッキリとしたシトラス系の風味もあるので、飲んだ後は、爽快な気分になれるかもしれません。

created by Rinker
イエーガー マイスター
¥2,680 (2020/12/03 07:44:08時点 Amazon調べ-詳細)

健康に気にしているお酒好きさんにおすすめな記事

なお、写真の一部は、「イエーガーマイスター」の製造元マストイエーガー社の公式ページから拝借しております。

SAKE RECO 編集長
日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)