自宅で簡単に作れる『カクテル&モクテル』の3つのレシピを紹介

「カクテルを楽しみたいけれど、パートナーがお酒に強くなくて……」
「自分はアルコールに弱いけれど、家族と一緒にカクテルパーティーをしたい!」

飲む人も、飲めない人も、このように考えている人は多いのではないでしょうか。

そんな人のために3つのレシピを紹介します。

・お酒好きな人のために、しっかりとアルコールを楽しめるカクテル
・お酒が飲めない人のために、カクテルの雰囲気を楽しめるモクテル
・同じ名前だけれど、ノンアルコールにもできるしアルコール入りにもできるカクテル

なお、「モクテル」とは、「mock(モック。似ている、模倣しているという意味)」と「cocktail(カクテル)」を掛け合わせた造語です。ノンアルコールカクテルの別名称として使われている言葉です。ここでも、「モクテル」という言葉を使って解説していきます。

ゴッド・マザー

優しいカクテル言葉を持つ「ゴッド・マザー」は度数の割に飲みやすいカクテルです。

ゴッド・マザーに必要な材料

材 料・アマレット20ミリリットル
・ウォッカ40ミリリットル
・氷

〜耳より情報〜

「アマレット」は、「アマレット・ディサローノ」と「アマレット・デル・ラゴ」の2種類が代表的な存在です。

「アマレット・ディサローノ」は、「アマレットと言ったらディサローノ」のような代表的なアマレットです。アルコール度数が28度で、カクテルのレシピでも指定されることが多いのが特徴で、多くの飲食店やバーに置いてあります。

一方で、「アマレット・デル・ラゴ」では、アルコール度数が24度で、使いやすく、そして「ディサローノ」に比べてややリーズナブルな価格なのがポイントです。

(商品:アマレット・デル・ラゴ)画像クリックするとAmazonへ

今回は、「ご自宅で簡単に」がテーマなので、お安く手に入る「アマレット・デル・ラゴ」がおすすめです!

created by Rinker
アマレット・デル・ラゴ
¥1,700 (2020/09/27 14:41:42時点 Amazon調べ-詳細)

ゴッド・マザーの作り方

1.グラスに氷を入れる
2.アマレットとウォッカを入れる
3.軽くかき混ぜて完成!

「ゴッド・マザー」は、アマレットとウォッカを作って作るカクテルです。「ゴッド・マーザー」と記されることもあります(ここでは「ゴッド・マザー」で統一します)。

ウォッカは比較的なじみ深いお酒ですが、「アマレット」はウォッカほどの知名度はないので、念のため説明します。アマレットは、アーモンドや杏仁によく似た香りを持つリキュールであり、少し甘味のある優しい味わいのお酒です。

このアマレットとウォッカで作れる「ゴッド・マザー」は、アマレットの持つアーモンドの香りがふわりと漂うカクテルとなります。

似たレシピに「ゴッド・ファーザー(ウイスキー45ミリリットルとアマレット15ミリリットルで作る)」がありますが、「ゴッド・マザー」はアルコール度数が36度と高い割には、同程度のアルコール度数(37度)の「ゴッド・ファーザー」に比べてより優しく、より飲みやすい味に仕上がります。

それもアマレットの分量が多い分、柔らかな甘みによるもの。ですので、ウォッカに慣れていない人でも楽しめます。

「ゴッド・マザー」とは、もともとキリスト教(カトリック)の洗礼式に立ち会う女性のことを指す言葉です。実の母親とは異なりますが、魂の上での母親という立場になります。

このような意味の単語を冠した「ゴッド・マザー」のカクテル言葉は、「無償の愛」というもの。穏やかな味わいと名前を表すようなカクテル言葉といえるでしょう。

次に、「シンデレラ」というカクテルをご紹介します!

鍋谷 萌子
海外のワイナリーに個人で足を運んでいるワインラバーです。ワイン・チーズ・食事の資格を5つ持っており、お酒に合わせた料理の提案も可能です。

また、350種類以上のカクテルを自宅で作ってきたカクテル好きです。おしゃれなカクテルとモクテル、カクテル言葉の解説までお任せください

コメントする

*
*
* (公開されません)