お酒を飲み過ぎた次の日の「むくみ」をすぐに解消できる方法

お酒を飲んだ次の日に、「顔」や「足」がむくんでしまってることが多い人ようです。特に、女性は、むくみによる「フェイスライン」を気にするかたもいます。そこで今回は、その「むくみ」を早く取りたい人に、「むくみ」解消法をご紹介します!

「むくみ」の原因

お酒の飲み過ぎで、次の日にむくんでしまうのは、体内の水分のバランスが崩れてしまっている状態です。

アルコールを多量に摂取することで、血中のアルコール濃度が高くなります。それによって、血管が広がり、リンパや静脈の水分処理がうまくできなくなっている状況によって、むくみは起こります。

また、それだけではなく、水分バランスを維持する「アルブミン」と言う成分が深く関わっているようです。

お酒の飲み過ぎによって、体には、「むくみ」に関わる2つの影響が出てきます。それが、「脱水状態」「肝機能低下」です。アルコールを摂取すると、「利尿作用」が働くことに相まって、アルコール代謝の際、体内の水分が消費されます。

そこで、細胞組織間では、一生懸命、水分の貯蔵を図ろうとします。

また、アルコール摂取による肝機能低下で、「アルブミン」という体内の水分バランスをコントロールする成分の生成に影響が出ます。それによって、先ほど、細胞組織間で蓄えた水分をうまく回収することができずに、体内に、水分が残ってしまう状態=むくみが起こってしまいます。

では、「むくみ」をスッキリと取る具体的な解消法をご紹介します!

コメントする

*
*
* (公開されません)