大酒飲みは○○な性格の人だった⁈性格と飲酒の関係が明らかに

2015年に発表された72,949人を対象に行われた大規模なメタ分析で、「性格と飲酒」の関係が明らかになりました。○○な性格の人が大酒飲みだったり、逆に、○○な性格の人がほとんどお酒を飲めないもしくは飲まないということがわかってきました。そこで今回は、「性格と飲酒の関係」を明らかにした「Personality and Alcohol Consumption」というメタ分析をご紹介します。

研究概要

アメリカ・イギリス・ドイツ・オーストラリアでの8つのコホート研究における72,949人の成人を対象としたメタ分析です。これは、2015年現在の「性格と飲酒」の関係における研究の最大規模のものと言っても過言ではないとされています。

当研究に携わった研究者は、下記の条件に見合う過去の研究を探しました。

1.オープンにアクセスできる
2.研究参加者のアルコール消費についての詳細な情報がある
3.N数(研究対象の母数)が1,000以上であること
4.”the Five-Factor Model of personality”(ビック・ファイブ理論の5要素)に基づいた15以上の質問により参加者の性格を規定している

上記の条件に合う研究を探したところ、8つのコホート研究が この条件を満たし、これらの研究をもとに分析が行われました。

「the Five-Factor Model of personality」について、少しご説明してきましょう。

現在の心理学では、このモデルを用いて、人間の性格を5つに分類する方法として、数多くの研究や性格判断で用いられています。その5つのカテゴリーとは、下記の通りです。

ビック・ファイブ理論の5要素・neuroticism(神経症傾向):(不安や緊張を感じやすい)、環境の刺激やストレスに対する敏感さが目立つ
・extraversion(外向性):積極性が強く、社交的で、明るい
・agreeableness(協調性):利他的、共感性、優しさ、思いやり
・conscientiousness(誠実性):セルフコントロール、目標や理想の達成への意志、責任感、慎重
・openness to experience(経験への開放性):知的好奇心、想像力、新しいものへの親和性

研究方法

これらのコホート研究では、「ベースライン調査」と「フォローアップ調査」の両面で、飲酒頻度と飲酒量を自己申告で報告されています。

その上で、参加者は、3つのグループに分類されます。

1.abstince:禁酒、飲酒しないグループ
2.moderate consumption:適度に飲酒するグループ(女性:1〜20杯/週、男性:1〜27杯/週)
3.heavy consumption:大酒飲みのグループ(女性:21杯以上、男性:28杯以上)

またこの他にも、質問事項に答えてもらう形式や対面でのインタビューを通じて、「性別」「年齢」「結婚歴」「人種」「教育水準」も調査に加えています。

研究結果

研究結果の概要は下記の通りです。

研究対象者数:72,949人(年齢幅:15〜104才、平均年齢:49.7才、54%が女性)
※46,160人が、フォローアップ調査に応じ、その平均期間は、5.5年でした。

それでは、本題に移っていきましょう。

今回の研究での結果は下記の通りになりました。

研究結果①・外向性が高い場合と協調性が低い場合、より多くの飲酒量になりやすい
・外向性または経験への開放性が低いもしくは協調性が高い場合、飲酒しない傾向がある

また、時間軸で性格とその後の飲酒の変化をまとめた結果が下記の通りです。

研究結果②・外向性または経験への開放性が高い場合、飲酒量が増える可能性が高い
・外向性が低い場合と協調性が高い場合、飲酒量が減るかもしくは禁酒する可能性が高い

このように、人格と飲酒についての関係性がわかってきましたが、特に、その関係性が強いのが下記の通りです。

研究結果③・外向性と飲酒についての関係性は非常に強い。
・協調性が高い場合と経験への開放性が低い場合、禁酒状態になるか、飲酒量が減る可能性が高いという強い関係性がある。

将来の大事なパートナーを見つけるデートや合コンで使えるかも?

デートや合コンなどで、積極的で社交的な明るい人であれば、その時は、あまりお酒を飲んでいなかったとしても、実際には、お酒の量が多かったり、今後飲酒量が増える可能性が高いかもしれません。

また、周りをよく見ていて、優しかったり、思いやりのある行動や言動が多い人は、普段の生活で、あまり飲酒しなかったり、もしくは、今適度に飲酒していたとしても、飲酒しなくなる可能性があります。

新しいもの好きだったり、色々なものに興味を持つような好奇心旺盛である場合は、今は、程よい飲酒量だとしても、今後大酒飲みになる可能性があったりします。その逆で、あまり新しいものを好むというよりも、これまで使っていたものなどにこだわりを持っている場合は、飲酒量が減る可能性があります。

このように、ご自身が求める「サケライフ」と相手の今後の「サケライフ」を性格から予想することで、「サケライフ」におけるミスマッチが防げるかもしれません。

まとめ・明るく、積極的で社交的な人は大酒飲みの可能性が高い
・協調性が高い人もしくは好奇心旺盛でない人は、お酒を飲まないか控えめな可能性が高い

飲みすぎて、二日酔いになってしまう人はこちらの記事もおすすめ

【二日酔い予防】二日酔いに効くお酒を飲む前に飲むドリンク10選

SAKE RECO 編集長
日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)