二日酔いや健康診断での肝機能数値改善に効果的な「ミラグレーン」とは⁈

ひどい二日酔いや健康診断の肝機能の数値を改善に導いてくれる「ミラグレーン」を知っていますか?コンビニやAmazonなどでは、入手することが難しいのですが、効果は期待できるそう。そこで、今回は、「ミラグレーン」をご紹介します。

肝臓の働きと健康診断でわかる肝臓の状態とは?

【肝臓の役割】

ミラグレーンが肝臓にいい理由をご紹介する前に、まず肝臓の機能について、ご紹介していきましょう。

肝臓には、「代謝」「解毒作用」「胆汁生成・分泌」の大きく3つの役割を担っています。様々な役割を果たしているため、肝臓は、臓器の中でも、優等生と言われるほど。3つの役割を見ていきましょう。

代 謝肝臓の代謝機能には、「糖」「たんぱく質」「脂肪」を吸収し、エネルギーに切り替える働きがあります。

 

解毒作用肝臓には、アルコールや薬、喫煙者は、ニコチンを代謝します。

 

胆汁生成・分泌肝臓は、腸で脂肪を代謝させる「胆汁」を作り、胆嚢に送る役割があります。

上記から、普段の生活で、大きく負担がかかっていることがわかります。ですので、飲酒時や後に薬を飲まないことや喫煙量を減らすなどの心掛けは必要です。

そこで、次に見ていきたいのが、健康な肝臓かどうかを確認できる「健康診断」の肝機能に関わる項目を見てみましょう。

【健康診断から見る健康な肝臓】

会社やご自身で受ける「健康診断」。成人して飲酒するようになってから、気になるのが、「肝機能」の項目です。そんな健康診断の肝機能の項目を見れば、「肝臓が健康なのか?」それとも「不調なのか?」を確認することができます。

それでは、代表的な肝機能の項目を見てみましょう。

GOT(AST)正常値:30以下。肝細胞や心臓、腎臓などに存在し、細胞内で作られる酵素。ただし、この数値が高いからと言って、必ずしも肝臓に異常があると言えない。肝臓に異常があるかどうかを確認するために、ALT(GPT)も要確認。

 

ALT(GPT)正常値:30以下。細胞内で作られる酵素で、主に、肝細胞に存在。肝細胞が破壊することで、血液中に漏れ出します。

 

γ-GTP正常値:50以下。肝臓や腎臓で作られる酵素。肝細胞や胆管細胞に存在。お酒の飲み過ぎや肥満、薬を服用した場合、γ-GTPが多く作られ、数値が上昇します。

上記以外にも、肝機能を示す項目はありますが、主な指標は上記です。これらの数値が正常値の域値を超えてしまっている場合、どのようなことが起きているのでしょうか?

肝機能の数値が異常になっている場合、本来、肝細胞に存在するはずの酵素などの成分が、肝細胞が壊れてしまうことで、血液中に流れ出して、数値を上昇させてしまいます。そのため、肝機能の数値が上昇している場合、肝細胞が壊れてしまっている可能性があります。

【肝細胞が壊れた体の影響】

肝細胞が、壊れてしまうとどのような影響があるのでしょうか?

先ほどもご紹介しましたが、肝臓には、「代謝」と「解毒作用」、「胆汁生成・分泌」があります。肝細胞が壊れてしまうと、この3つの働きが低下してしまいます。

そのため、「太りやすく」なったり、「アルコールが抜けづらく」なったり、「解毒が進まないことから疲れやすく」なったり、様々な体の不調が出てきます。

特に、肝細胞が壊れたことによって、「太りやすい」というのが、「メタボリックシンドローム発症リスクと肝機能検査値の関係」という調査からも明らかになっています。まず、その調査方法と結果は下記の通りです。

メタボリックシンドロームではない日本人の中年男性を対象に実施。ALT(GPT)が29 U/L以上の人と14U/L未満の人を集めました。そして、調査以後、約7年間のメタボリックシンドロームの発症リスクは、29 U/L以上の人が14U/L未満の人に比べて、「2.06倍」ありました。

このことから、肝細胞が壊れてしまうことで、肥満リスクが高まってしまうことが結果論からわかると思います。これは、おそらく、脂肪の代謝が、肝細胞が壊れてしまったことで、上手くできなかったからではないかと思います。

では、肝機能が劇的に改善するミラグレーンとは?

コメントする

*
*
* (公開されません)