飲み会での「腹痛」「下痢」「臭いオナラ」をすぐ治すには⁈

お酒を飲む頻度が多くて、お腹の調子が良くないということはよくありますよね。特に、飲み過ぎてしまうと、「腹痛」や「下痢」、「臭いおなら」に悩まされることも…。そんなお酒で起きる「お腹の不調」について、徹底解説します!

飲み会中や帰宅途中で起こる「お腹の不調」とは

楽し過ぎて、知らぬ間に多量のお酒の飲み過ぎてしまうことも多いかもしれません。飲んでいる最中に「便意を催す」ならまだしも、帰宅中の電車の中でお手洗いに行きたくなった時は、地獄のようですよね。実際、筆者も何度か経験があり、冷や汗をかきながら、最寄駅のトイレに駆け込んだことがあります。

飲み会中や帰宅途中で起こる主な「お腹の不調」
1.腹痛
2.下痢
特に、飲み会中や帰宅途中に起きやすいのが、「腹痛」と「下痢」です。

そんなお酒の飲み過ぎで、飲み会中や帰宅途中に起こってしまう「腹痛」と「下痢」が起きる原因は何なのでしょうか?

ビールの飲み過ぎ

その原因の一つに、ビールの飲み過ぎが挙げられます。そもそも、アルコールには、体内の「酵素」の働きを低下させてしまう作用があります。また、アルコールに含まれるエタノールには、胃腸を刺激し、胃の中に入っている食べ物の流動を早めます。

そのため、ビールに含まれている「複合糖質」が、上手に分解されず、早くに胃腸に届いてしまいます。これによって、腸内環境が悪化することもあり、腹痛や下痢を引き起こしてしまいます。

※「複合糖質」:イモや豆類に含まれるデンプン。糖質には、「単純糖質」と「複合糖質」があり、複合糖質は、一度、単純糖質に変えなければならないため、吸収するまでに時間がかかる。そのため、血糖値の上昇が緩やかになる。

解決方法ビールからワインや蒸留酒を飲むようにしましょう!

小腸が働かない

小腸の働きには、「消化」、「吸収」、「食べ物の運搬」があります。特に、飲み過ぎてしまうことで、低下するのが、「消化」と「吸収」です。

「消化」機能の低下:消化するには、消化酵素を分泌することが必要となります。しかし、お酒を飲み過ぎることで、小腸の粘膜にある消化酵素の働きが低下してしまいます。

「吸収」機能の低下:酵素の働きが悪くなることで、「消化」がされず、「吸収」が行えなくなってしまいます。そのため、糖や脂肪、ナトリウム、水分などが吸収されずらくなります。

補足ナトリウムは、吸収されずらくなるだけでなく、利尿作用も相まって、血液中に含まれるナトリウムが減少します。そのため、お酒の締めに、塩っけのある「ラーメン」が食べたくなります。

このように、飲み過ぎることで、「小腸」の働きが弱まってしまいます。

解決方法やっぱりお酒はほどほどに!

飲み会続きで「おならが臭い」と感じたら、「腸疲労」

日々の飲み会が続いてしまい、いつも以上に飲酒頻度や量が多くなって来た時に、自分のおならが臭いと感じたら、それは、「腸疲労」かもしれません。

先ほど、ご紹介したように、お酒を飲み過ぎてしまうことで、本来機能するはずの「酵素」が働きづらくなってしまい、腸にかなりの負担をかけています。そのため、悪玉菌が増えて、腸内環境が悪化している状況です。

この腸疲労によって3つの機能が低下してしまいます。

「腸疲労」で起こる3つの機能低下
1.食べ物の消化・吸収
2.水分を吸収
3.排便力

では、この「腸疲労」はどのように改善させて行けばいいのでしょうか? それは、「腸」を休ませてあげて、綺麗にしてあげることが必要です。では、そんな腸疲労改善になる解決方法とは何なのでしょうか?

プチ断食(ミニファスティング)

プチ断食とは、完全に絶食するのではなく、半日〜18時間(もしくは24時間)の間、何も食べない状況を数日続けるというものです。これを急にしてしまうと、逆に腸がビックリしてしまうので、準備期間を設けて、プチ断食を実行します。

プチ断食は、腸だけでなく、体全体がリセットされるので、おすすめです。しかし、プチ断食中、好転反応と言って、体の毒素や無駄がどんどん無くなっていく中で、頭痛や急な体調不良に見舞われることがあります。ですので、「鉄分」「マグネシウム」「カリウム」はしっかりと取っておきましょう。

なお、プチ断食は、腸内環境を改善させるだけではなく、「ダイエット」や「メンタルヘルス」に効果があるので、もし興味がある人は、下記のリンクより、その詳細をご確認ください!

お酒好きも簡単ダイエット⁈「お酒」も美味しくなる『プチ断食』の効果的な方法とは⁈

食物繊維を摂取

お腹には、食物繊維がいいと言われます。その食物繊維には、大きく分けると2種類に分けることができます。

  1. 不溶性食物繊維:水分を吸い込んでくれる働き
    (EX)玄米、いも、豆、根菜
  2. 水溶性食物繊維:ゴミを取り込んでくれる働き
    (EX)果物、こんにゃく、海藻

この二つの食物繊維を不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=2:1くらいの割合で摂るのが良いと言われています。しかし日本人の食生活の傾向として、不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=3:1程度の比率となってしまっており、水溶性食物繊維が足りていないと指摘されることが多いです。

ですので、なるべく、水溶性食物繊維の摂取を意識しておくことが必要です。その上で、おすすめなのが、「キウイ」です。キウイは、糖のバランスもいい他、食物繊維の含有量も多く、そして、水溶性食物繊維もたっぷりと入っているので、おすすめです!便秘の人にもいいでしょう。

ヨーグルト

ヨーグルトには、「乳酸菌」と「ビフィズス菌」などの善玉菌が入っており、整腸作用があります。特に、食後に食べることで、整腸作用がより効果的に働きます。整腸作用の便秘解消以外にも、免疫力UPや花粉症予防にも良いと言われています。

最後に

このように、飲み会続きで荒れた腸を少し労って、休めてあげ、栄養を送ってあげることで、腸の働きだけでなく、体の調子もよくなるかもしれません!ぜひ、お酒好きの人は、腸を労ってあげましょう!

この他にも、日本酒の酒粕からできる「甘酒」は、腸内環境を整えてくれる働きがありますので、こちらの記事もおすすめです!

【実証済】甘酒の「健康」と「美容」への効果とは?

 

 

コメントする

*
*
* (公開されません)