マッサージ前と直後の飲酒は避け、飲酒翌日のマッサージが良い理由とは?

日々の仕事やプライベートでのストレスで疲れた身体を労るために、「マッサージ」に行く人も数多くいるのではないでしょうか?例えば、飲み会の待ち合わせまで時間がある時に駅前のマッサージ店に行ったり…。しかし、お酒を飲む前とその直後にマッサージに行くことはおすすめ出来ません!その一方で、その翌日にマッサージに行くことのが良い点もあります。そこで、飲酒にまつわるマッサージについて、徹底解説します!




ストレスフルな時に飲酒したくなる理由とは?

ストレスで「コルチゾール」が分泌

仕事やプライベートでストレスを抱えてしまうと飲酒したくなってしまう原因は、脳にある「扁桃体」にあります。この扁桃体は、不安や悲しみ、喜びなどの「感情」や「記憶」を司る器官です。

この扁桃体が、ストレスという過剰な刺激を受け取ると、体に「危機状態」であるという信号を送ります。
そして、この信号は、脳の一部である「下垂体」「副腎」に届き、「コルチゾール 」というホルモンが分泌されます。

このコルチゾール は、「ストレスホルモン」とも言われており、これが心身の疲労として、蓄積されていってしまいます。これだけでなく、これによって、心拍数が上がったり、血圧が上昇したりと、より身体への負担が高まります。

ストレス時に、お酒を飲みたくなる理由

ストレスの時に、お酒を飲みたくなる理由は、「アルコールが体内にある抗ストレス作用を持つアミノ酸『GABA』を活発にしてくれ、ストレスを押さえ込んでくれる」からです。

このGABAは、興奮物質を抑制し、リラックス効果をもたらすことから、以前に、ストレスフルな時に、お酒を飲んで、良い気持ちになったのを覚えている「脳」がストレスに対抗するために、お酒を欲する訳です。

ストレス時に、マッサージを受けたくなる理由

これまでに、多くの研究者が、マッサージがうつ病の症状や不安を軽減することができるということを実証してきました。特に、スウェーデン式のマッサージで不安症状が改善されるという発表をRapaport氏が行うなど、マッサージが与える心理的な影響が大きいことが明らかにされています。

その中で結論付けられているのが、マッサージは先ほどご紹介しているストレスホルモンである「コルチゾール」の分泌レベルを低下させてくれることが明らかにされています。

要するに、マッサージも抗ストレス作用があるということです。

上記のことから、ストレスを感じている場合、飲酒したくなる理由もマッサージを受けたくなる理由も、どちらも抗ストレス作用があるからであるということがわかってきました。

マッサージ前後の飲酒は危険

マッサージ前と直後の飲酒は、かなり危険です。

マッサージ前の飲酒が危険な理由

お酒を飲んだあとにマッサージを受けるのは、非常に危険です。というのも、アルコールを飲むと、そのアルコールは、胃や小腸で吸収されて、その後、肝臓で代謝されて、アセトアルデヒドという有毒な物質に変化します。

このアセトアルデヒドは、血管の拡張が進みます。それによって、血流も良くなります。
そのタイミングで、マッサージを受けて、筋肉をほぐし、より血流を良くするために指圧してしまうと、血管に負担をかけてしまいます。また、血流がますます良くなることで、酔いの回りも早くなってしまいます。

そのため、高血圧などに罹っている人は、特に、飲酒後のマッサージは避けなければなりません。最悪の場合、「死」に至ってしまうケースもあり得るので、絶対にやめましょう。

マッサージ直後の飲酒が危険な理由

マッサージ直後の飲酒も、先ほどのケースと同様、マッサージによって、血流が良くなっているので、アルコールが回りやすくなってしまい、酔いも早くなってしまいます。

マッサージ前後の飲酒で起こる症状

マッサージ前後の飲酒では、様々な症状が起こりやすくなります。

マッサージ前後の飲酒で起こる症状・脱水症状(原因:大量の発汗や利尿作用)
・頭痛(原因:血管拡張が進むことで、痛覚神経に触れる)
・吐き気(原因:嘔吐中枢の刺激)
・体温低下(原因:脱水症状により、体温調節が困難になる)

マッサージ前後の飲酒での体調不良の対応

もし、万が一マッサージ前後でお酒を飲んでしまい、体調不良になってしまったら、下記の対応を即座に行ってください。

1.身体を温める

マッサージ前後の血管は、筋肉の緊張がとけて、ほぐれた状態になっていることで、血流も良くなっています。それに加えて、飲酒することで、アセトアルデヒドなどによって、血管がより拡張してしまいますので、一時は、非常に身体が温かく感じられます。

しかし、飲酒後の発汗や利尿作用などで脱水症状が起こるなどの症状によって、急激に体温が低下する危険があります。その場合に備えて、なるべく温かい格好をするようにしましょう。

2.スポーツドリンクで水分補給

飲酒直後でのスポーツドリンクを飲むのは、より酔いを早めてしまう危険性があるので注意ですが、飲酒から少し経ったタイミングで、スポーツドリンクで水分補給するのはおすすめです!

その理由は、「水分補給」と「低ナトリウム症に効果的」、「肝機能の向上」です。特に、ここでは、スポーツドリンクの「低ナトリウム症に効果的」と「肝機能の向上」について、ご紹介します。

まず、「低ナトリウム症に効果的」であるということですが、その前に、「低ナトリウム症」について、簡単に触れておきます。
飲酒後、発汗や利尿作用によって、体内の体液の電解質(水に溶けている塩分と考えてください)が失われてしまいます。
これによって、頭痛が引き起こされたりします。(熱中症の症状も同様)

スポーツドリンクを飲むことで、スポーツドリンクに含まれている「ナトリウム」が失われた電解質を補うので、この低ナトリウム症を回避するもしくは解消することを助けてくれます。

また、スポーツドリンクには、肝機能を向上させてくれる「アミノ酸」の一種を含んでいる場合が多くあります。
それが、「バリン」や「ロイシン」、「イソロイシン」と呼ばれるもので、肝臓の解毒作用やアルコール代謝も強めてくれます。

飲酒後の体調不良におすすめのスポーツドリンクは、下記の記事で、かなり詳細に書かせてもらっていますので、参考にしてください。

【二日酔いの治し方】二日酔いで飲んでおきたいスポーツドリンク4選

マッサージ前後の飲酒のポイント・マッサージ前後の飲酒は絶対に行わないこと!
・もしマッサージ前後に飲酒した場合、「スポーツドリンクを飲むこと」と「身体を温めること」

飲酒翌日のマッサージがおすすめ

飲酒翌日の「むくみ」

飲酒した翌日に、悩むのが体の「むくみ」です。飲み過ぎた翌日に体がむくんでしまう理由は、体内の水分のバランスが崩れてしまっていることです。

というのも、飲酒すると、発汗や利尿作用、アルコール代謝によって、脱水症状のような、体の水分が減少してしまいます。そこで、細胞は、なるべく水分を細胞内に蓄えようとします。

その一方で、体内の水分バランスをコントロールする「アルブミン」の生成に問題が生じます。このアルブミンは、肝臓で作られます。しかし、お酒を飲むと、アルブミンを作り出すはずの肝臓は、アルコール代謝に一生懸命になってしまい、アルブミンの生成が抑えられてしまいます。

そのため、体の水分バランスが乱れてしまい、「むくみ」が起こってしまうのです。

「むくみ」を解消させるマッサージ

むくみを解消させるのには、マッサージがおすすめです!特に、飲酒翌日のむくみやすいのが、「顔」と「足」です。

むくんだ顔におすすめなのが、「むくみ」を解消させてくれる「顔のツボ」を刺激させることや顔の余分な水分や老廃物を流してくれる「フェイシャルトリートメント」がおすすめです。

・顔のツボ:「攅竹(さんちく)」や「百会」、「大迎(だいげい)」を押すことでむくみ解消

・フェイシャルトリートメント:余分な水分や老廃物を流すことで、むくみ解消だけでなく、肌の汚れが落ちたり、美肌効果を実感できる

むくみを取るために簡単にできるツボを画像付きでご紹介しています!

お酒を飲み過ぎた次の日の「むくみ」をすぐに解消できる方法

飲酒翌日にむくみを感じたら、下記のボタンから今いる地域のリラクゼーションを探してみましょう!

飲酒翌日におすすめリラクゼーションはこちら

コメントする

*
*
* (公開されません)