【要注意】お酒で顔が赤くなる人は○○になりやすい!

日本人には、飲酒をすると顔が赤くなる人が多い傾向にあるようです。そんな飲酒すると顔が赤くなってしまう人は、特に飲み過ぎに注意する必要があるようです。そこで、今回は、顔が赤くなる人が罹りやすい「疾患」と顔が赤くなる人におすすめの対策をご紹介します!

顔が赤くなってしまう理由とは?

飲酒することによって、顔が赤くなってしまうのは、「アセトアルデヒド脱水素酵素」が有効に機能していないことが原因と言われています。下記の図をご覧ください。

アルコール(図では、エタノール)は、アルコール脱水素酵素(ADH)により、毒性の強いアセトアルデヒドに変わります。このアセトアルデヒドがなかなか厄介で、これが分解されないと、交感神経が活発になり、心臓がバクバクして、脈拍が上昇し、血圧も上がってしまいます。

また、その他にも、頭痛や吐き気などを伴う場合もあります。そのため、アセトアルデヒドを分解させるアセトアルデヒド脱水素酵素(以下、ALDHと略します)が、しっかりと機能するかどうかということが非常に大切になってきます。

このALDHには、3種類あり、特に個人差が大きく、この差によって、お酒が強いか弱いかが分かれるのが「ALDH2」と呼ばれる酵素です。このALDH2は、遺伝的な要素が非常に大きいと言われています。

その背景をご紹介します!

ALDH2が遺伝的な要素が強い理由とは?

2011年に筑波大学の中村貴子氏により発表された「お酒やコーヒーなど日常的飲み物と日本人の遺伝子」の中で、面白い内容が公開されました。ALDH2の遺伝子レベルでのお酒の強い・弱いを3タイプに分けて、各都道府県ごとにどのタイプの人が多いのかを調べています。

お酒が強い県と弱い県

ALDH2の遺伝子構造解析の結果、Exon12のグルタミン酸のコドン(GAA)の配列になっている遺伝子をホモに持つ人はお酒が強いタイプ(NN型)とされ、リシンのコドン(AAA)へ突然変異した遺伝子をホモに持つ人は、お酒が弱いタイプ(DD型)とされています。

また、グルタミン酸のコドン(GAA)とリシンのコドン(AAA)の遺伝子をヘテロに持つ人は、ほどほどにお酒が強いタイプとされています。

これらを総合して、お酒が強い都道府県と弱い都道府県をランキング形式にしています。

酒に強い都道府県ベスト10

順位都道府県名遺伝子頻度強い
NN
ほどほど
ND
全く飲めない
DD
1秋田0.87676(%)23(%)1(%)
2岩手0.84573234
2鹿児島0.84576204
4福岡0.84370291
5栃木0.82070246
6埼玉0.81368275
7北海道0.80566295
7沖縄0.80566295
9熊本0.80266286
10高知0.80063343

酒に弱い都道府県ベスト10

順位都道府県名遺伝子頻度強い
NN
ほどほど
ND
全く飲めない
DD
1三重0.63036(%)54(%)10(%)
2愛知0.643414712
3石川0.673454411
4岐阜0.690484210
5和歌山0.705523711
6大分0.71551418
7広島0.72749483
8大阪0.72854379
9奈良0.730573211
10岡山0.73752444

お酒が強い県と弱い県が分かれる理由

現在の人類に非常に近い形態になったのは、約30〜20万年前と言われています。この時に、ホモサピエンスが誕生したと言われています。その後、10〜3万年前になると亡くなった人を弔うことを行うようになった「ネアンデルタール人」などが登場し、ますます人類が進化していきました。

そして、4〜3万年前になるとアフリカ大陸から日本に人類が移動してきたとされています。現在では、「北海道ルート」や「沖縄ルート」、そして「対馬ルート」が説として挙げられています。

このころに、移動してきた人類は、「古モンゴロイド」といわれ、先ほどの論文発表では、ALDH2のNN型遺伝子を持っていた種類とされています。そのため、その名残なのか、古モンゴロイドが移動してきたとされている「北海道」を始点として、東日本(山梨・長野から東)の都道府県では、比較的、お酒が強い都道府県が多いことがわかります。

また、2〜1万年前には、氷河期の末期に差し掛かっていたことから、寒さを凌ぐために、南下してきて、南北に山脈が連なる長野・山梨県まで来たのではないかとも考えることが出来ます。

一方で、「沖縄ルート」や「対馬ルート」を考えても、沖縄(酒が強い県:第7位)や鹿児島(酒が強い県:第2位)などの九州地方の県が4県もランクインしていますので、これも古モンゴロイドが移動して来た先の地域であることがわかります。

(緑:N遺伝子頻度0.80以上、黄緑:0.75〜0.80、黄:0.70〜0.75、赤:0.70以下)

そんな日本では、縄文時代末期〜弥生時代に入ると、「新モンゴロイド」が移動して来ます。中国や朝鮮半島から日本に渡来したこれらの人々は、中国地方や近畿地方に移り住むようになりました。先ほどの古モンゴロイドはN遺伝子しか持っていなかった(=酒が強かった)のに対し、この新モンゴロイドは、D遺伝子(=酒を弱くする)を持っており、N遺伝子を持っている古モンゴロイドとの混血が進みました。

これによって、近畿地方から中国地方にかけて、ND遺伝子を持つ種族が多くなったと考えられているようです。また、険しい日本アルプス(飛騨・木曽・明石山脈)があったことや稲作が進み、大移動をする必要性がなかったことで、岐阜や愛知、三重などの平野が広がっている地域で、D遺伝子を持った人が多くなっていったことが考えられます。

ポイント・北海道や九州地方の人にお酒が強い人が多い
・愛知・三重・岐阜などの中部地方の人はお酒が弱い人が多い

 

お酒で顔が赤くなる人が罹りやすい病気や怪我

新モンゴロイドが日本に渡来したことで、お酒を弱くするD遺伝子の混血が進んだ日本人なので、30〜40%程度の人が飲酒で顔が赤くなりやすいとされています。

そんな顔が赤くなりやすい人は、特に、病気や怪我に注意した方が良いということも、数々の研究からわかってきています。そんなお酒で顔が赤くなる人が罹りやすい病気や怪我をご紹介します。

胃癌

ALDH2が不活性であると飲酒後に、発癌性物質ではあるアセトアルデヒド濃度が上昇することで、胃癌リスクが高まるとされています。ただし、飲酒と胃癌リスクの関連性の根拠が不十分とする研究が多いので、確定的なことは言うことが出来ませんが、飲酒が胃癌リスクを上昇すると考え、研究を進めている研究者も多くいます。

その中でも、2015年、東北大学から「Effects of ALDH2 Genotype, PPI Treatment and L-Cysteine on Carcinogenic Acetaldehyde in Gastric Juice and Saliva after Intragastric Alcohol Administration」という論文が発表されました。

この論文では、アルコールを胃に投与したところ、胃液中のアセトアルデヒド濃度が、ALDH2が不活性型の方が、活性型に比べて、5.6倍も増加しているということを明らかにしました。

そこで、さらに、この研究では、ハイチオールCプラスにも配合されているL-システインを服用したところ、胃のアセトアルデヒドが、ALDH2活性型では67%、不活性型では60%も低下し、しかもその効果は2時間も持続することがわかったようです。

このことから、飲酒によって、ALDH2が不活性型の場合、胃液中のアセトアルデヒド濃度が高まり、胃癌リスクを高めてしまうとこと、そしてL-システインを服用することで、アセトアルデヒドが低下することが明らかになりました。

L-システインは、二日酔いだけでなく、飲酒後で高まる胃癌リスクを低減してくれるかもしれません。

二日酔いを治すのにも効果的でお財布にも優しい「ハイチオールC」とは

ポイントALDH2が不活性型(=顔が赤くなりやすいタイプ)の人は、胃癌リスクが高い
・東北大学の研究で、ハイチオールCなどに含まれるL-システインを胃に投与すると胃のアセトアルデヒドが低下

食道癌

食道癌も先ほどの胃癌と同様に、飲酒後の唾液に含まれるアセトアルデヒド濃度が上昇することで、食道癌のリスクを高めてしまいます。

高血圧

お酒を飲むと、顔が赤くなる人は、少量のアルコール量だとしても、高血圧症になる可能性が高いという研究「Facial flushing is a sign of ‘alcohol intolerance’」が韓国の忠南大学医学部のジョン スン キム氏により明らかになりました。

彼の研究では、お酒で顔が赤くなる人(527人)、お酒で顔が赤くならない人(948人)、お酒を飲まない人(288人)の韓国人男性を集めて、高血圧症のリスクを研究しました。

その結果、お酒で顔が赤くなる人が週に4杯以上のお酒を飲んだ場合、高血圧症になるリスクが、お酒を飲まない人に比べて、2倍も高いということがわかりました。

また、お酒で顔が赤くならない人であっても、週8杯以上のお酒を飲んだ場合、高血圧症になるリスクが上昇すると発表しました。

ポイント・顔が赤くなる人は、高血圧症のリスクが高い
・特に、飲酒で顔が赤くなる人は、週4杯以上の飲酒で高血圧症のリスクが飲まない人に比べて、2倍になる

骨粗しょう症&骨折

2017年に慶應義塾大学の宮本氏をはじめとする研究者が発表した「A missense single nucleotide polymorphism in the ALDH2 gene, rs671, is associated with hip fracture」で、お酒で赤くなりやすい人は、「骨粗しょう症」での「大腿骨骨折」を起こしやすいということを明らかにしました。

お酒を飲むと赤くなる原因となるrs671の保有率が人は、その遺伝子を持たない人に比べ、骨折のリスクが2.48倍も高いことが明らかになりました。また、そのリスクがビタミンEの摂取によって軽減できる可能性も示されました。

ポイント飲酒で顔が赤くなる遺伝子を持つ人の骨粗しょう症での大腿骨骨折のリスクは、その遺伝子を持たない人に比べて2.48倍

飲酒で顔が赤くなる人におすすめの遺伝子検査

飲酒で顔が赤くなる人は、自分がお酒に強いのかどうかを確認してみるといいかもしれません。ハーセリーズ社が販売している「アルコール感受性遺伝子検査キット」では、「アルコール脱水素酵素(ADH)」と「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)」が「活性化」かどうかを確認することができます。

ぜひ、試してみてください!筆者自身もこの遺伝子検査を行っていますので、そのレポートも兼ねて、下記の記事を参考にして見てください!

遺伝によるお酒の強さから飲酒による健康リスクが一目瞭然の「アルコール感受性遺伝子検査」とは⁈

SAKE RECO 編集長
日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)