二日酔いとダイエットに効果的な「ウルソデオキシコール酸」とは?

ウルソデオキシコール酸の服用後の効果

ウルソデオキシコール酸を服用することで、体では、どのような変化が起こるのでしょうか?

肝細胞の保護(二日酔いや疲れにも)

ウルソデオキシコール酸は、肝臓の働きの一つである「胆汁酸」の分泌機能を維持したり、改善させる働きがあります。また、肝臓の障害を抑えてくれる働きもあり、アルコール代謝にも一役買います。

利胆作用の促進

肝細胞の保護でも記載しましたが、ウルソデオキシコール酸は、肝臓から胆汁酸を分泌させることで、胆汁酸が小腸から吸収されやすいように作用します。

消化不良の改善

脂肪の吸収がしやすくなることで、胃もたれや消化不良が改善されます。

胆石の改善

ウルソデオキシコール酸は、コレステロールの小さな塊である胆石を溶かしてくれることも期待されており、以前より胆石の薬としても使われてきました。

ダイエット(減量)効果

以前、「胆汁酸ダイエット」が一時期流行りました。これは、慶應義塾大学大学院の渡辺光博教授によって、発表されたもので、「胆汁酸が血中に流れることで、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼を促す」というものでした。

この時に注目されたのが、「脂肪」の種類です。脂肪の種類には、「褐色脂肪細胞」と「白色脂肪細胞」があり、褐色脂肪細胞には、燃焼するスイッチがあり、それをONにするのが、胆汁酸だという説です。

これは直接胆汁酸を増やす方法以外にも、食物繊維の摂取による便通改善によって、胆汁酸を増やすことができるということで、食物繊維を多く含む食べ物を積極的に摂取する人も増えました。

昔から重宝されていたウルソデオキシコール酸

ウルソデオキシコール酸は、飛鳥時代〜奈良時代にかけて、「古代中国」より日本に入ってきた「熊胆」に多く含まれていました。この熊胆は、日本に入ってきて以降、日本でも重宝され、今でも正倉院に保管されています。

この熊胆は、奈良時代には、税金の一つであった「調」として、朝庭に納められていましたとも言われています。江戸時代に入ってからも、各地で熊胆を含有している薬が作られていました。

こうして、熊胆を重宝してきた日本人から「ウルソデオキシコール酸」が発見されました。1927年に岡山大学の正田政人教授が、ウルソデオキシコール酸を発見して以降、戦後には、牛の胆からウルソデオキシコール酸を合成することが可能になり、1962年に、東京田辺製薬がウルソ剤という名前で販売を開始しました。

それでは、そんな二日酔い対策やダイエットなどにも効果的な「ウルソ」が多く含まれているおすすめドリンクをご紹介します!

SAKE RECO 編集長
日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、最近では、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。

コメントする

*
*
* (公開されません)