二日酔いの治りが早くなるスポーツドリンクとは

二日酔いとは?

簡単にいうと、飲酒でのアルコール摂取量が、体のアルコール代謝以上になってしまったため、翌日、体が不快な状態になることを二日酔いと言います。英語圏では、「Hangover」と言われています。映画にも「ハングオーバー!」という映画がありますので、ぜひ見てみてください!

二日酔いの原因

二日酔いは、飲酒によって摂取したアルコールが、酵素によってアセトアルデヒドに分解され、体内に残ってしまっているためです。このアセトアルデヒド は、毒性が非常に強いもので、これにより引き起こされた症状が二日酔いです。

番外編:お酒の翌日の体臭は意外に臭い

実際に、筆者も経験がありますが、お酒を浴びるように飲んだ翌日、二日酔いもひどいのですが、「体臭」もかなり香っています笑。それは、アセトアルデヒド は、アセトアルデヒド 脱水素酵素によって、酢酸(お酢)に体内で変化します。

お酢って、結構酸っぱい香りがすると思います。それが、体内に流れているわけですね。その酢酸は、最終的には、二酸化炭素(CO2)と水(H2O)に変化します。

  1. アルコール摂取
  2. アルコール脱水素酵素で、アセトアルデヒド に変化
  3. アセトアルデヒド脱水素酵素で、酢酸に変化
  4. 最終的に、呼気などにより二酸化炭素、尿や汗により水分で排出

このことから、体からは、酸っぱい香りが「ぷ〜ん」とするかもしれませんので、「大切な商談」や「デート」の時は、飲酒は控えめにしましょう。

具体的な症状

具体的な症状:頭痛・嘔吐・吐き気・喉の渇きなど

頭痛:アルコール分解過程で多くの水分が失われるため、脱水症状に陥り、その結果頭痛が引き起こされることが多くあります。

嘔吐・吐き気:アルコールは、胃だけでなく、腸でも吸収される。アルコールの分子は、非常に小さく、胃粘膜を通り抜けしやすく、胃に刺激を与えやすい。そのため、胃痛や嘔吐・吐き気を引き起こしやすい。特に空腹状態で飲酒した場合起こされやすい。

喉の渇き:脱水症状。

番外編:嘔吐や吐き気が止まらない時は・・・

飲みすぎた日の夜中、突如気持ちが悪くなって、何度もトイレに駆け込んだ経験はありますか?そんな時は、もし家に、「胃薬(制酸薬)」があれば、服用しても大丈夫なようです。辛かったら、飲みましょう。

飲み過ぎた後の嘔吐に悩んでいる人は、下記の記事がおすすめです!

飲酒後に嘔吐しないための6行動とは

二日酔い対策に必要なもの

二日酔いを引き起こす要素は、「脱水症状」「低糖症状」「(アルコール誘発性低血糖症)低ナトリウム血症」が挙げられます。この3要素に加えて、「肝機能の低下」も飲みすぎていると引き起こしている可能性がある。そこで、これら4つの要素に対して、

  •  脱水症状 → 水分補給(当然ですが・・・)
  •  低糖症状 → (アルコールが肝臓で分解される際に失われる)ビタミンB1【糖代謝→エネルギーを作る】もしくは 糖分
  •  低ナトリウム血症 → (食塩などの)ナトリウム
  •  肝機能の低下 → アミノ酸【バリン、ロイシン、イソロイシン】(肝臓の解毒作用・アルコール代謝・肝機能向上)

これらを摂取するようにしていきましょう。そこで、そんなときに効果的なのが、二日酔いに飲むスポーツドリンクです。次は、SAKE RECOオススメのスポーツドリンク4選です。

コメントする

*
*
* (公開されません)