「お酒の楽しみ」を追求した先の未来とは? リカーショップサトウ4代目佐藤栄介

リカーショップサトウの佐藤栄介さんの「『公務員志望』から『お酒のトータルコディネーター』に転身」の第二弾。今回は、佐藤栄介さんが大切にしている「酒類販売への思い」や「今後の取り組み」についてを聞いてみました。




お酒事業への「思い」と「論理」、そして見つけた消費者の「体験」の意味とは

SAKE RECO:それでは、酒販店としての「現状」について質問させてください。リカーショップサトウさんが、「お酒事業」をする上で、大切にしてことを教えてください。

佐藤さん:弊社は、家族で、リカーショップサトウを経営しているので、特に、それ以外に従業員がいる訳ではありません。ですので、「社外の『蔵元』さん・『(個人・飲食店問わず)お客様』との関係を、『深く』そして『強く』していく」ことを大切にしています。また、他の酒販店さんも、「競合」と捉えるのではなく、「お酒業界」を盛り上げるチームだと思っています。酒販店同士が切磋琢磨することで、お酒業界がより元気になれば、「(個人・飲食店問わず)お客様」だけでなく、「蔵元」さんにとってもいい影響ですので、そういう意味で、「他の酒販店」さんは同志だなって。

酒マーケット図

ただ、そういう「思い」だけでなく、論理的にお酒業界を考えてみないといけないと思い「お酒のマーケット」をもう一度、俯瞰してみたんです。それには、「蔵元」、「酒販店」、「消費者」が存在していて、それぞれに、各自が持っている「思い」や「考え方」があります。例えば、「蔵元」であれば、「美味しいお酒を作りたい」。

「酒販店」であれば、「お客様に合った美味しいお酒」を提案したい。そして、「消費者」であれば、「〇〇(食事や場面などのシチュエーション)に合う美味しいお酒を飲みたい」。こんな風に、それぞれが、「共感する」部分をもっと広げていけると、「お酒のマーケット」はもっと広がっていくのかなと思います。

そのためにも、「酒販店の紹介で、酒販店にお酒を購入しに来た消費者が、蔵元見学に行ったり」また「消費者が来店する酒販店に、蔵元が来たり」することで、この三者の共感部分は広がっていくのかなと思います。ただ、それだけでなく、そこに新しい取り組みや施策をやってみることで、新たな共感部分が増くのかなと思います。

リカーショップサトウ

SAKE RECO:お話をお伺いしていると、蔵元や酒販店が、「お客様」の楽しみ方をいかに広げられるかが、今後、重要になってくるように感じられますが、特に酒販店として、「お客様」へのお酒の販売で、大切にしたいことは何ですか?

佐藤さん:「体験」です。先日、あるお客様での接客で、「体験」が重要だと感じることがありました。そのお客様は、都内在住で、各地域を訪れ、その地域のお酒を購入することを楽しみにされていました。そして、接客していくうちに、東京では、手に入らないお酒をお探しということがわかりました。そこで、何銘柄かご案内差し上げたのですが、最終的に、6銘柄のお酒を選ぶのに、非常に迷われていました。

長い時間迷われていたこともあって、昨年末にオープンした「オンラインショップ」でも、購入できることをご紹介しました。しかし、「オンラインでは、よくわからない。実際に見て選びたい。」とおっしゃられてしまいました。おそらく、実際に、酒屋の話を聞いたり、ボトルを見たり、できれば試飲をしたりして、選びたいということだったと思います。

貴重なお時間を割いて、足を運んでくださるお客様なので、確かに、「オンラインショップ」で購入することはないと気づきました。この経験から、ある一定のお客様は「酒屋にきて、相談したり、提案を受けながら、実際に見て選ぶ」というワンセットの「体験」を欲しがっているのではないかということを考えるようになりましたね。

リカーショップサトウ佐藤栄介

SAKE RECO:お客様の「酒屋にきて、相談・提案を踏まえて、見て選ぶ体験」を、最大限に満足してもらうためには、酒販店にとって、どんなことが重要なのでしょうか?

佐藤さん:酒販店が、特にお客様と関われる「相談」と「提案」を「いかにお客様目線」でできるかどうかだと思います。そのために、お客様の飲まれるシチュエーションをヒアリングするだけでなく、「試飲」をしていただいて、お客様のお酒の好みを掴むことが大切だと考えています。

当店では、限られた銘柄しか「試飲」することはできませんが、実際にいくつかのお酒を召し上がっていただいて、その反応から、お客様の「味のものさし」に合うお酒の提案をするようにしています。ですので、「試飲」というのは、お客様にとって、大切な「体験」ですが、私たち酒販店にとっても、よりお客様の「お酒のものさし」に合うお酒を提案する「きっかけ」として、非常に重要だと位置付けています。

佐藤さんの将来の夢とは?

コメントする

*
*
* (公開されません)