【マツコの知らない世界】で注目⁈サドヤの日本一長熟ワインとは?

2018年6月12日TBS系列放送の「マツコの知らない世界」で紹介された、日本一長熟ワイン「サドヤ シャトーブリヤン 赤 1962」を飲んでみたので、サケレコからもレポートします!ドラマでも有名な『神の雫』の原作者:亜樹直さんも絶賛するそのワインとは⁈



「シャトーブリヤン 赤 1962」とは⁈

「シャトーブリヤン 赤 1962」のワインは、日本一長熟と称され、日本ワインの中でも、ヴィンテージワインとしても知られています。そんなこのワインは、TBS系列「マツコの知らない世界」でも紹介され、一時、「サドヤオンライン」のサイトがパンクして、なかなかアクセスしづらいくらいまででした。それでは、この「シャトーブリヤン 赤 1962」は、どのように購入すれば良いのでしょうか?

「シャトーブリヤン 赤 1962」の購入から手にするまで

2018年は、2018年6月13日(「マツコの知らない世界」の放送翌日)から期間限定で注文受け付けを行っており、商品の発送は、11月中旬以降から順次発送されました。

注文受付をされると、サドヤさんから注文証明書なるものが送られてきます。そこには、11月中旬から順次発送される旨が記載されていましたので、注文してからすぐには手元には届きませんでした。なお、注文は、サドヤオンライン(http://sadoya-wine.com/)の直販となります。

11月中旬に無事、到着しました!到着時は、サドヤさんのボトルケースに入っており、それを開けると、「シャトーブリヤン 赤 1962」のお目見えです。

「シャトーブリヤン 赤 1962」を生んだサドヤとは⁈

サドヤ公式ページより)

サドヤさんは、もともと江戸時代から続く「油」の商売をしていた佐渡屋として、経営をしていました。しかし、その後、洋酒やビールなどの代理店「サドヤ洋酒店」となったそうです。そして、大正時代に入り、ワインを醸造・販売するようになります。

1936年には、ぶどうの苗木を植樹し、ぶどう栽培を始めます。しかし、ぶどう栽培から醸造を行い、販売に到るまでには、約10年ほどの月日がかかっていて、ようやく「シャトーブリヤン」の名前で、世にリリースしたのは、1946年のことでした。

「シャトーブリヤン」の「シャトー」は、お城や畑、ワイナリー、「ブリヤン」は、「輝き続けるように」の意味を込めて名付けれたとされています。

「シャトーブリヤン 赤 1962」の魅力と正体

それでは、実際に、「シャトーブリヤン 赤 1962」をレポートしていきたいと思います。今回のレポートでは、「品種」・「香り」・「酸味」・「タンニン(渋み)」・「ボディー」・「おすすめ料理」に分けてみていきます。醸造方法は、オーク樽発酵後、フレンチオーク樽で約2年熟成して、その後、44年間一升瓶を地下倉庫で熟成させていることもあり、コクがしっかりとしています。

【色合い】:ワインレッドと赤レンガを合わせた様な色あい。

【品種】:カベルネ・ソーヴィニヨン70% / メルロー30%
→現在、同社では、メルローの栽培を行っていないので、メルローがブレンドされている唯一のワインと言ってもいいくらい希少価値が高いです。

【香り】:★★☆☆☆
→抜栓して、ワイングラスに注ぎ、アロマ(香り)を感じると、落ち着きのある、高貴な香りがほのかに香ってきます。カシスやベリーのような香りが大人らしく、歴史を感じます。

【酸味】:★★☆☆☆
→感じはするものの、酸味自体、うるさくなく、コクやタンニンとのバランスをうまく取っているように感じます。

【タンニン(渋み)】:★★★☆☆
→タンニンが強すぎず、弱すぎずに、程よく味わえる最高の味わいです。特に、口に含んでから、少し転がすとコクがより一層ジュワーっと広がっていくのがよくわかります。

【ボディー】:★★★★☆
→しっかりしていて、飲みごたえはありますが、総合的に味わいが安定しているので、ボディーの重さをあまり強くは感じないかもしれません。

【おすすめのお食事】
ご自宅で楽しめる用の食材の案内ページもご用意しましたので、お使いください!

☆赤身肉:鹿や牛肉などの赤身肉のお料理がおすすめです。特に、ステーキにして食べるとよりお肉のコクを際立たせてくれるかもしません。
☆スパイシー系:タンドリーチキン


☆チーズ:ブルーチーズ(例えば:ゴルゴンゾーラなど)、コクのあるハードタイプ(例えば:パルミジャーノ・レッジャーノなど)


☆パスタ:ボロネーゼアラビアータ


今後の販売について

毎年、サドヤさんでは、ヴィンテージのワインが、年末に販売(商品発送)されます。その数ヶ月前からオンラインサイトで注文受付が開始されるようですので、サドヤさんのオンラインサイト、Facebookやtwitter、Instagramにて確認してみてください!

公式サイト:http://sadoya-wine.com/
サドヤFacebook:https://www.facebook.com/sadoyawine/
サドヤtwitter:https://twitter.com/sadoya_winery
サドヤInstagram:https://www.instagram.com/sadoya_winery/

場所・アクセス

◆電車アクセス
JR甲府駅から徒歩5分。

◆住所
山梨県甲府市北口3丁目3−24

◆見学
見学可能です。下記のサドヤワイナリーのページより予約してください。
http://www.sadoya.co.jp/winery.html

コメントする

*
*
* (公開されません)