こんなにすごいの⁈新潟の村上市にある2つの酒蔵を紹介!

こんなにすごいの⁈新潟の村上市にある2つの酒蔵を紹介!

日本酒と言えば、新潟県ですが、その中でも、村上市の2つの酒蔵は、各コンクールなどで、最優秀賞や金賞などを取っているほど、非常に評価が高く、みなさんも知っている日本酒です。そこで、今回は、村上市にある2つの酒蔵をご紹介します!

村上市とは⁈

村上市とは、江戸時代から村上藩の城下町として栄えた町で、今尚、武家町や商人町の名残があります。

地理

村上市は、北東部に朝日岳がそびえ立っており、村上藩の村上城があった地域には、東側に三面川という川があります。水が豊富なこともあり、米作りが盛んで、新潟三大コシヒカリの「岩船産」の産地です。 また、城下町も大変栄えていたことから、酒の生産地でもあった。

歴史

平安時代には、藤原氏一族の中御門家が支配する荘園が岩船郡(村上市の一部だとされている)にあり、そのことからも村上市では、稲作が盛んに行われていたことがわかる。その後、江戸時代に入ると、藩主が目まぐるしく代わっていきました。

村上市にあるすごい2つの酒蔵とは⁈

では、現在ではそんな数少ない村上市の2つの酒蔵をご紹介します!

大洋酒造株式会社 2018年IWC SAKE部門 純米大吟醸酒 部門 ゴールドメダル受賞

(大洋酒造株式会社)

メーカー名:大洋酒造株式会社
住所:新潟県村上市飯野1-4-31
創業:1945年(昭和20年)
電話番号:0254-53-3145
見学:可能(要予約) ※予約フォーム:http://www.taiyo-sake.co.jp/inquiry.asp
Facebook:https://www.facebook.com/official.taiyo.sake/
説明:大洋酒造は、地元の14の古い酒蔵が合併したことから始まりました。実は、村上の酒は、井原西鶴の「好色一代女」に出てくるほど、美味しく有名だったとされています。その14の酒蔵の中には、1635年(寛永12年)創業の酒蔵もありました。

村上のお大尽(だいじん)が、京都の島原で、廓(くるわ)遊びをしたときに、京都の酒はまずいからと、村上の酒を持ち込んで飲んだ   (井原西鶴:「好色一代女」より)

そして、2018年IWC SAKE部門 純米大吟醸酒 ゴールドメダルを受賞しました!

おすすめ日本酒

商品名:純米大吟醸 大洋盛
香り:★★★☆☆
酸味:★★☆☆☆
甘口:★★★☆:辛口
淡麗:★★☆☆☆:濃厚
キレ:★★★☆☆
コク:★★☆☆☆
使用米:越淡麗
精米歩合:40%
アルコール度数:15度
冷や ◎ 常温◎ 熱燗 △

非常に、上品な香りと味わいが特徴です。ほのかに、香る吟醸香と丸みがあって、口当たりが優しい味わいで、飲みやすさ抜群です!日本酒に慣れていない人でも楽しめる一本です。

宮尾酒造株式会社

メーカー名:宮尾酒造株式会社
住所:新潟県村上市上片町5-15
創業:1819年(文政2年)
電話:0254-52-5181
URL:http://www.shimeharitsuru.co.jp/index.html
Facebook:https://www.facebook.com/shimeharitsuru
Twitter:https://twitter.com/MiyaoSake
Instagram:https://www.instagram.com/miyao_sake/
見学:不可
特徴:「〆張鶴」日本酒を居酒屋などで飲んだことがある人は、知っている名前かもしれません。この〆張鶴を作っているのが、「宮尾酒造」さんです。インスタグラムでも、随時更新しているので、気になったら、フォローしてみてください!

 

View this post on Instagram

 

@gen.brooklyn とても素敵なレストラン。 #japaneserestaurant #blooklyn #newyork #shimeharitsuru #sake #〆張鶴 #日本酒

〆張鶴shimeharitsuruさん(@miyao_sake)がシェアした投稿 –

おすすめ日本酒

商品名:〆張鶴 純米吟醸酒
香り:★★★☆☆
酸味:★★☆☆☆
甘口:★★★★☆:辛口
淡麗:★★★☆☆:濃厚
キレ:★★★☆☆
コク:★★★☆☆
使用米:山田錦
精米歩合:50%
アルコール度数:16%
冷や ◎ 常温◎ 熱燗 △

日本全国で有名で、ファンが多い〆張鶴の代名詞とも言えるお酒です。香りは、しっかりとし吟醸香が漂い、味はすっきりとした辛口で、塩辛とちょっとずつ召し上がるのに最適です!

created by Rinker
〆張鶴 純米吟醸 山田錦 1800ml

最後に

江戸時代から言われる美味しい村上の酒を楽しんでみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
SAKE RECO 編集長

SAKE RECO 編集長

日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。以前から日本ワインは勉強中!

【石岡酒造と恵比寿今市の日本酒コースイベント】

コメントする

*
*
* (公開されません)

スポンサードサーチ