ラムネの二日酔いに効くおすすめな食べ方とは?

幼少期によく食べていた「ラムネ」ですが、お酒好きの間では、二日酔いによく効くとの噂が…。そこで、ラムネの二日酔いにすぐに効くおすすめの食べ方をご紹介します!

ラムネが効果的な二日酔いの種類

二日酔いというと、「頭痛」や「吐き気」、「倦怠感」などの症状が挙げられます。そんな二日酔いの原因には、様々な種類があります。

  1. 脱水症状
  2. 低血糖症
  3. 低ナトリウム症
  4. 肝機能の低下

などです。これによって、体の不調を感じて、「二日酔い」と認識するようです。

では、上記の二日酔いの原因のなかで、ラムネを摂取すると効果的な二日酔いの種類は何なのでしょうか?それを明らかにする前に、森永製菓のラムネについてもう少し詳しくみていくことにしましょう。

森永製菓の「ラムネ」とは

【森永製菓のラムネ紹介】

(商品名:森永製菓 ラムネ 29g):画像をクリックするとAmazon商品ページに移動します

もともと、ラムネ菓子は、明治14年に日本で初めて発売されました。その昔、レモネードを海外から輸入しており、その途中でレモネードがラムネに訛り、今の名前が残っているとされています。

そんなラムネと言えば、「森永製菓のラムネ」ですよね。薄い緑のパッケージに入っていて、ちょっと酸っぱいながらも、やみつきになってしまいます。では、そんな森永製菓のラムネの成分は何なのでしょうか?

【森永製菓のラムネ成分】

 ラムネ大粒ラムネ
内容量29g41g
原材料ぶどう糖
タピオカでん粉
ミルクカルシウム
酸味料
乳化剤
香料
栄養成分[1本(29g)あたり]
熱量:108kcal
たんぱく質:0g
脂質:0.3g
炭水化物:26.2g
食塩相当量:0g
[1本(41g)あたり]
熱量:153kcal
たんぱく質:0g
脂質:0.5g
炭水化物:37.0g
食塩相当量:0g
商品写真

※特に、ポイントになのが、「原材料」の欄に記載されている「ぶどう糖」は、90%も含まれていることです。要するに、二日酔いに効くとされるのは、アルコール摂取することで、失われたもしくは生成されなかった糖分を補給する役割があるということです。

ラムネは低血糖症による二日酔い症状に効く⁈

【「低血糖」のメカニズムと二日酔いにラムネが効く理由】

先ほどのラムネ成分から、ぶどう糖が90%も含まれているということがわかりました。そのため、ラムネを食べて、二日酔いが軽減された人は、「低血糖症」での頭痛や倦怠感だった可能性があります。

では、なぜ、お酒を飲むことで、低血糖になってしまうのでしょうか?それには、2つの理由が考えられます。

  1. アルコールが肝臓の働きを抑えてしまう
    →理由:本来であれば、体に吸収された「ぶどう糖」は、肝臓にグルコースという形で、蓄積され、血糖値が下がるなどの糖を必要とする場面で、血液中に放出されます。しかし、アルコールを摂取したことがその働きが抑えられてしまい、糖が放出されずに、低血糖に陥ってしまいます。
  2. ホルモンバランスの変化
    →理由:血糖値を下げるホルモンである「インスリン」と血糖値を上げるホルモンである「グルカゴン」に変化が出ることで、血糖のコントロールが難しくなってしまう。

上記の理由により、低血糖が引き起こされてしまい、「二日酔い」の症状とされている「頭痛」や「倦怠感」を引き起こしてしまいます。そんな低血糖で引き起こった症状を軽減をさせるのには、「ラムネ」は効果的かもしれません。

ラムネは、「単糖」と呼ばれる糖分の一つで、素早く体内に吸収されます。その一方で、果物や砂糖などの二糖類と呼ばれる糖分は一度、糖分を分解して、吸収できる形にしなければならず、吸収に時間がかかってしまいます。そのため、なるべく早く低糖での二日酔い症状を軽減させたいのであれば、「ラムネ」は効果的かもしれません。

では、ラムネをより効果的に摂取する方法とは?

コメントする

*
*
* (公開されません)