パリピの間で話題になってる「コカレロ」とは⁈

少し前から巷で話題担っているお酒「コカレロ」をみなさんご存知でしょうか?今回はその「コカレロ」についてご紹介します!

今流行りの「コカレロ」とは?

コカレロは、南米古来の活力の元、コカの葉を使用したリキュールで、コカの葉以外にも「アマゾンガラナ」など16種類のハーブが使用されています。南米のアンデス山脈奥地のジャングルでコカの栽培を生業とするCocalerosにちなんで名付けられました。原材料には各収穫期に収穫される最高品質のハーブしか使用できません。余談ですが、ボリビアの現大統領であるエヴォ・モラレスはもともとCocalerosだったそうです。また、原材料に使用されているコカの葉は、コカインの元となっていますが、コカレロ自体はもちろん合法ですので安心してください!

ちなみに、「インスタ映え」を狙った「コカレロ」写真もたくさんあるみたいです。

「コカレロ」の造り方

コカの葉の複雑な風味を抽出するため、「蒸気蒸留」という蒸留技法を用いています。蒸気蒸留は、香水業界により生み出された技法で、デリケートで、繊細な植物エッセンスを抽出するのに適した蒸留技法です。ただ、この技法は成分抽出に時間がかかるため、コスト面で飲料には向いていないとされていましたが、コカレロはあえてじっくりと時間をかけて成分を抽出するこの技法にこだわりました。そうすることで、販売直後から世界各地で高い評価を受けるようになりました。

「コカレロ」の味わいとは⁈

味わいは、ハーブを使用したお酒ということもあり、ハーブの香りが強く感じられます。ただ、だからと言ってクセが強い訳でもなく、同じハーブを使ったリキュールである「イエーガーマイスター」よりは飲みやすいです。アルコール度数も28%と「イエーガーマイスター」の35%より低く、テキーラなどのハードリカーよりも低いため、飲みやすいのが特徴です。ショットでも、美味しく飲むことができますが、以下ではそのほかの美味しい飲み方をご紹介します。

【コカボム】

コカレロの王道の飲み方であり、コカレロ専用のひょうたんみたいな可愛いグラスを使って飲む飲み方です。ちなみにこのグラスの底面にはコカの葉がデザインされていて、かなりこだわってこのグラスを作成したことが伝わります。造り方は簡単で、下部分に割材(レッドブル、コーラなど)上部分にコカレロを注ぐだけです。コカレロを注ぐ際にグラスの縁に這わせるように注ぐと綺麗に2層に分かれます

【ハイジャック】

こちらはショットグラスにコカレロを注ぎ、その上に「ジャックダニエル」を乗せるという飲み方です。こちらも上手に注ぐことができれば綺麗な見た目に出来上がり、見ても楽しい飲んでも美味しいものになります。

【コカフルーツ】

コカレロとグレープフルーツジュースを「1:4」で割ったものです。こちらは上記2種類よりもさらに飲みやすくなっており、アルコール度数が高いものが苦手な方にもおすすめです。グレープフルーツの酸味がハーブの香りといい具合に混ざり、さっぱりしたいときにもってこいの割り方です。

おわりに

コカレロはパーティー系のお酒のイメージが強いですが、通販等でも気軽に手に入るので、宅飲みでいつもと何か変えたい用にも使えます。ぜひお試しください。

こちらからコカレロをご購入できます

コメントする

*
*
* (公開されません)