意外と知らない酎ハイの「秘密」とダイエットにおすすめな缶チューハイ

チューハイの『ハイ』って?

「チューハイ」は、蒸留酒をソフトドリンクで割った低アルコール飲料です。その大元を辿ると、「チュウハイ」の名前の由来は、「焼酎ハイボール」の略称で、焼酎をノンフレーバーの炭酸水で割ったもののことを指していました。

居酒屋のメニューとして世の中に広まった後、缶ドリンクとしても作られて、徐々に家庭でも広く飲まれるようになって行きました。チューハイのハイはハイボールのことであるとするならば、現在居酒屋で出てくるチューハイには焼酎が使われているのでしょうか。

また、そうでないのなら現在は焼酎の代わりに使われているものは何でしょうか。

チューハイには、焼酎以外のお酒も使われている⁈

現在でも焼酎をチューハイに使用する場合はありますが、焼酎だけではなく、チューハイのベースには、その他に3種類あります。それはスピリッツ(ウォッカ・ジンetc)原料用アルコールリキュール(梅酒etc)になります。

現在の缶チューハイの多くはウォッカベースであることが多いようです。

割材は、もともと炭酸水のみでしたが、現在は非常に様々なものが使われています。例えば果汁(レモン、グレープフルーツetc)ウーロン茶日本茶炭酸飲料(コーラ、ジンジャエールetc)ハーブ健康食品などの幅広いものが疲れています。

このようにたくさんの種類を割材として使っているため、居酒屋によっては特徴のあるチューハイを提供しているお店もあります。

こうして考えると、チューハイには、様々なベースとなるお酒と割材が使われますが、そもそも、このチューハイは、酒税法としての「酒分類」は何に定義づけされているのでしょうか?

実は、現在の酒税法においてチューハイという明確な定義はなく、「スピリッツ」または「リキュール」に分類されます。また一般においてもサワーと同義で使われていることがほとんどです。

では、缶チューハイにはどんな成分が入っているんでしょうか?

コメントする

*
*
* (公開されません)