飲み過ぎた後のアルコール頭痛を治す食べ物・飲み物

二日酔いになる原因とは⁈

飲み過ぎた日の翌日に、「頭痛」や「吐き気」、「気怠さ」に悩まされている人も多いのではないでしょうか?そこで、簡単に、二日酔いになる原因をまとめてみました。

【二日酔い原因一覧】
・肝機能が低下している。
(対策)肝機能向上

・電解質(カリウムやナトリウム)が、アルコールの利尿作用で、不足している。
(対策)電解質を取り入れる

・脱水症状
(対策)水分補給

・糖分不足
(対策)糖分補給

これらが、二日酔いの主な原因になりますが、二日酔いの症状が出る際、一つだけの要素が原因になるというのではなく、 いくつかの要素が複雑に絡み合っています。では、それぞれの原因に対して、具体的にどんな食べ物や飲み物を摂取するといいのでしょうか?

手軽に買える二日酔いに効く食べ物・飲み物

コンビニやスーパーなどで購入できたり、もしくは、自宅にある二日酔いに効果的な食べ物を中心にご紹介します!

肝機能をUPさせてくれる食べ物

☆卵

卵には、二日酔いに効く成分が数多くあります。その中でも、肝機能UP効果がある「タウリン」とアセトアルデヒドの分解を促してくれる「システイン」があります。卵焼きや卵かけご飯にしてもいいかもしれません!

ちなみに、システインを含んでいるのが、「ハイチオールC」です。ハイチオオールCは、当初二日酔い対策で販売されたこともあって、お酒好きの間では、話題です。

☆グレープフルーツ(またはジュース)

グレープフルーツには、肝臓のアルコール分解を促進する酵素を活性化させる効果があるビタミンCが含まれています。ビタミンCは、100gあたり40mg含まれています。また、果糖が含まれているので、糖分補給にもおすすめです!

☆トマト(またはジュース)

トマトには、体内の炎症を抑えてくれる抗酸化物質を含むリコピンや肝臓の機能UPの「ビタミンC」や飲み過ぎで荒れた胃腸を整えてくれる「食物繊維」も豊富に含まれています。

電解質(カリウム)を補給する食べ物

☆納豆

納豆は、「カリウム」が100gあたりで660mg〜700mg含まれます。スーパーだけでなく、現在では、コンビニでも購入できますので、二日酔いが心配な人は、納豆でご飯を召し上がってみてはいかがでしょうか?

☆バナナ

バナナも100gあたり360mgのカリウムを含む食べ物です!また、糖分も含んでいるので、おすすめです!コンビニやスターバックスなどのコーヒーショップでも販売しているので、二日酔いで苦しい朝に食べてみてはいかがでしょうか?

☆ほうれん草

ほうれん草は、100gあたり690mgのカリウムが含まれています。こちらは、事前にお浸しにするなどして、いつでも食べれるようにして置くことをおすすめします!

☆手っ取り早いおすすめサプリメント

塩熱サプリは、夏の熱中症対策でも人気のある商品です!大量の汗で失われる電解質対策ということもあって、マラソンランナーなども愛用しているサプリメントです!

次は、二日酔いに効くおすすめな飲み物をご紹介します!

コメントする

*
*
* (公開されません)